« 手加減なし! | トップページ | 変身! »

2006年4月16日 (日)

この顔にピンと来たら!

Burt_2   この絵を見て誰か判る人はいないでしょうね。あまりにも似てないし。(Banditと書いてあるのが僅かなヒントですが。)
 実はこれバート・レイノルズのつもりなんです。 何でサンダーバードと関係するのかと言いますと、雷おやじの勝手な妄想なんですが、先日の「手加減なし!」の時なんかのフッドの変装の顔を見ると、何となくバート氏を連想しちゃうんです。

Shakizuburt_2  サンダーバードのスタッフがバート・レイノルズをイメージして、フッドの変装した顔を作ったという話は聞いたことがありません。 彼が有名になったのは「脱出(1972年 ジョン・ブアマン監督)」や「ロンゲストヤード(1974年 ロバート・アルドリッチ監督)」など70年代からなので、参考にするはずも無いと思っていました。
 しかし、フィルモグラフィーを再確認したところ、1960年代に「ガンスモーク」「警部ダン・オーガスト」「夜間捜査官ホーク」などのTV作品に出演し人気を得ていたとありました。
 小生はこれらのTV作品に関する知識がありませんので、どのような活躍ぶりかは判りませんが、サンダーバードのスタッフが参考にした可能性も少しはあるものと思います。

|

« 手加減なし! | トップページ | 変身! »

コメント

雷おやじさん、遅ればせながら来ました。TBへの想いがあふれてる内容ですね。ところで、このバート・レイノルズ記事いいですね。私もバートは好きな俳優の一人です。「さすらいのガンマン」だったかな(間違ってたらすいません)、それを子供の頃洋画劇場で見てからのファンです。アクションの魅力が他の俳優とは違って飛び出ていましたね。 立体で顔を作るときも彫りが深いほうが作り易い、記憶に残りやすいんでしょうか。関係ない話ですが、昔C・ブロンソンがあんまり、良い体をしてるんで、自分の田舎のガキどもは彼はミル・マスカラスの正体なのだと言い張って信じておりました。

これからも渋い記事を提供していただけますよう、楽しみにしております。

投稿: 坂本 | 2006年4月16日 (日) 23時52分

おはようございます。(^^)
バート・レイノルズときましたか。(^o^)
個人的には、TV番組の「警部ダン・オーガスト」見てました。(若くてかっこよかったですよ)  その後、映画でも一時代を築いた方ですね。 「トランザム7000シリーズ」とかのお莫迦路線はいただけませんでしたけど。(笑)  口ひげの似合うタフガイの元祖的なハリウッド、スターかもしれませぬ。(^^)

投稿: 三型 | 2006年4月17日 (月) 06時57分

追記・・・チャールズ・ブロンソンの方が先でした。 失礼。
うーん、マン♪ム。(^^;)

投稿: 三型 | 2006年4月17日 (月) 06時58分

坂本さん、お越しいただいて光栄です。
私もバート・レイノルズは好きな俳優の一人でして「トランザム7000」とか「キャノンボール」なんか楽しかったですし、刑事ものも好きです。もう70歳ですから第一線を退くのは致し方ないものの、最近は「ドリヴン」(2001年)ぐらいしか記憶になくて。
ブロンソンも渋くて好きな俳優です。(そっくりさんパペットのチェックリストに追加せねば。)

これからもよろしくお願いします。「うーん、マンダム!」

投稿: 雷おやじ | 2006年4月17日 (月) 07時14分

三型さん、いつも有難うございます。口ひげつながりだったんですね。私はけっこうコメディ演技の彼も好きだったんですが、監督作の「シャーキーズマシーン」(1982年)が好みです。(ヘンリー・シルバの怪演とか、レイチェル・ウォード目当てという面もありますが)

投稿: 雷おやじ | 2006年4月17日 (月) 07時22分

「シャーキーズマシーン」は、面白かった記憶があります。(^^)
映画館までいって見ましたし。 けっこうセンスの良いアクションものだったと思います。  編集のセンスが特に。(^^)  あと、「ロンゲスト・ヤード」も好きでした・・・、スイマセン、サンダーバードから離れてしまいました。  あっ、「グレート・スタントマン」は結構ツボでしたが。(爆)

投稿: 三型 | 2006年4月17日 (月) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/9625519

この記事へのトラックバック一覧です: この顔にピンと来たら!:

« 手加減なし! | トップページ | 変身! »