« 偶然の一致? | トップページ | あなたが初めて月へ・・・ »

2006年4月30日 (日)

サンダーバード2号コンテナドック

Konamitb2dokku_1

 コナミのPODメカシリーズVOL.1の2号コンテナドックです。発売を知らずに買いそびれ、静岡市内の中古ホビーショップで見かけたものの売ってくれませんでした。1年前に秋葉原で見た時は2500円ぐらいで売っていましたが、昨年末に行った時は5000円台にUP!
 この小さな食玩に5000円は出せないなーと思っていましたが、先日ようやく入手できました。ショーケース越しに観ていた時は、老眼が始まっているおかげもあってよく見えなかったのですが、実際に手にとってみると造り込みの細かさに驚かされます。
 1/350のTB2ドックの大味な造りに比べれば300円の定価でこの食玩を売ってしまうコナミさんの太っ腹には頭が下がります。そして中国の(?)おもちゃ工場の指先が器用な皆さんにも感謝せねば。
 コンテナドックと言えばPOD装換シーンのトリックですが、この食玩はなかなかうまく処理してあります。 「朝日ソノラマ ファンタスティックコレクションNO.42 THUNDERBIRDS スーパーマリオネーショングラフィティ」の中で小田雅弘さんが、2号格納庫におけるPOD装換シーンの錯覚映像について「われわれにとっては些細なことなのである。」と仰っています。
 まさにその通り! あら探しをするのではなくそれを楽しむのが通であり、なぜそうなっているのか考えるのを、私は「妄想」と定義しております。

|

« 偶然の一致? | トップページ | あなたが初めて月へ・・・ »

コメント

またまた書き込み失礼します。
コナミの2号コンテナドックはそんな高値が付いているのですか..。正直、驚きました。
私は既に2号コンテナドッグを所持していますが、ケースに入れずテレビの上で埃まみれになっているといった酷い状態ですので、これを機にケースを購入して大切に飾る事にします..。
コナミのシリーズは作りがオリジナルに忠実ですので、新作はホントに今から楽しみにしています。
仰る通り、探すと粗は出てきますがその粗も作品の魅力であって、このシーンはどうやって撮影しているのかと、色々想像(妄想)するのも楽しさの一つだと私も思います。
そういう意味でも(?)TBは奥深い作品ですね。

投稿: きよみづ。 | 2006年4月30日 (日) 20時44分

◆フィギュア
確かにいい出来ですね。
嬉しいことなのですが、単価300円で売ってホントにペイするのだろうか?っていうような逸物が最近多いですね。
◆はじめまして
九州博物館の方では時々参加させてもらっております、稲刈と申します。
年輪を感じる味わい深い内容ですね。
年輪の数は私もほぼ同じなので、ウンウンとうなずきながら見ています(笑)
柔らかいタッチの絵柄も楽しいです。

投稿: 稲刈 | 2006年4月30日 (日) 20時57分

きよみづさま、ありがとうございます。
 中古ホビーの値付けは本当によく判らないです。コナミの2号が500円くらいで売られている横に3000円位の値札がついたコナミ2号が置いてあったりして。コナミペネロープやパーカーも、再販されたにも関わらず依然高値をキープしています。まあ、私が見たお店は限られていますし、ネットオークションの状況は門外漢ですが。
 ケースを購入して保管されるそうですが、小生はもちろん例のタンスに収納しました。コナミの新シリーズに期待が高まりますが、アンテナを高くして買いそびれないようにしなくては!

投稿: 雷おやじ | 2006年4月30日 (日) 21時29分

初めまして稲刈さま。コメント有難うございます。
 九州博物館はTBファン憩いの場ですね。私も本当にお世話になってます。
 隣家のご主人は食品会社を定年退職される前、大阪に単身赴任していました。食品製造ではなく流通関係の会社で、当時大ブームだったチョコエッグが売れに売れたそうです。その関係で中国の食玩製造工場を見学する機会があったとか。大きな工場でたくさんの工員さんたちがせっせと小さな部品に色を塗っている光景は壮観だったそうです。これが「ペイ」する原動力なのかもしれません。
 年輪ですが、小生はガガーリンが「地球は青かった。」と言った年から輪の数が増え始めました。

投稿: 雷おやじ | 2006年4月30日 (日) 21時49分

偶然の一致の方に、書いちゃいました。 ご了承ください。 スイマセン。  m(_ _)m

『TB』と『猫』と『コンバット』と・・いろいろ好きなもののある、ゴクウさんのところ(http://son-gokuu.at.webry.info/)にも書かせていただいたのですが、私、これ持っていませーん。(笑)  もし、持っていたとしても、片付け(=と言いつつ、捨てられるという恐ろしい裏事情)られる前に隠しておかないと、多分、とっても不幸になります。(笑)  そのような、不測の事態に対処するには、床下に穴を掘って、秘密基地でも造るしかないようです。(爆)

投稿: 三型 | 2006年5月 1日 (月) 22時23分

三型さま、いつもありがとうございます。
(勝手ながらコメントの移動させていただきました。)
床下に穴を掘ってですか。アンダーワールド(ケイト・ベッキンセール主演)ですねー。

投稿: 雷おやじ | 2006年5月 1日 (月) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/9829615

この記事へのトラックバック一覧です: サンダーバード2号コンテナドック:

» タカラ 「フルアクション サンダーバード2号」 その1 [湘南のJOHN LENNONの独り言]
タカラ 「フルアクション サンダーバード2号」 その1 実写版のシーン 「サンダーバード」は小生くらいの世代なら必ず知っている番組だ。番組内容も子供心をくすぐって毎回ハラハラさせられた。危機一髪で「国際救助隊」が駆けつけて、ピンチを救うという基本的な流れだが、毎回いろいろなシテュエーションで最後まで飽きのこない構成だった。 番組も大人気だったが、番組で活躍する各メカも大人気で、放映当時、幼稚園だった小生は親にわがままを言い、何種類かのメカを買ってもらった。小学生になっても再放送で人... [続きを読む]

受信: 2006年7月15日 (土) 23時34分

« 偶然の一致? | トップページ | あなたが初めて月へ・・・ »