« マイティマウス開発秘話? | トップページ | 手加減なし! »

2006年4月12日 (水)

mac&IEご利用の方へ

Mac_3 妄想日記も開始から2週間が過ぎようとしております。
 3月28日に正式公開を始めましたが、当日はココログのメンテナンス日であったため、さまざまな障害が発生し初心者の私はパニック状態でした。

 サンダーバード九州博物館さんの掲示板を通じ、妄想日記を見に来てくださる方も少しずつ増えてまいりました。
本当に有難うございます。

 その折、macユーザーの方から「コメントが文字化けする」というご指摘を頂きました。 私はまたココログのトラブルかと勝手に思い込んでおりましたが、下記のページに「mac&I.E使用時の文字化け」に関する解消方法が載っておりました
http://message2.nifty.com/tb/board/cocolog/reslist?service_id=beginner&board_id=bbs1&mainthread_id=00000023&gubun_key=mthreadc

この中ではコメントの受け手側(ブログ管理人)の対処方法と、コメントの発信側の対処方法が記載されています。

受け手側の対処方法として「詩織」さんのページに詳細な手順が書かれておりますが、私の理解を遥かに超えた内容で正直なところお手上げです。
http://siolli.cocolog-nifty.com/blog/2003/12/mac.html

macユーザーの方で、有り難くも妄想日記にコメントを書いて下さるという方に、雷おやじから厚かましいお願いがあります。 下記のページをご覧頂き、送り手側の対処方法を実行していただけると幸いです。
http://zousan.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/macie_49db.html
(ぞうさんちv2 Mac版IEのコメント欄の文字化け解消法)

この厚かましいお願いを実行して頂き、なおかつ妄想日記にコメントまで頂けるという方には、生協の白石さんレベルとはいきませんが心を込めてお返事させていただきますのでよろしくお願いします。

|

« マイティマウス開発秘話? | トップページ | 手加減なし! »

コメント

雷おやじ様、わざわざ、少数派のMacの人々のために確認いただきありがとうございました。 おかげさまで、普通に書き込み出来るようになりました。(^^)/ ありがとうございます。 m(_ _)m

ということで、改めましてブログ・オープンおめでとうございます。\(^o^)/ 他の記事にもしっかり書き込みさせていただきますので。(笑)  

投稿: 三型 | 2006年4月12日 (水) 19時56分

三型さん本当にありがとうございます。不肖、雷おやじ目頭が熱くなってまいりました。
設定は難しくなかったでしょうか? お手間をおかけしました。
Macユーザー様のほうで設定を変更していただくと、他のココログへのコメントも文字化け無く投稿できますのでよろしいかと。
三型さんに元気パワー注入された雷おやじでした。

投稿: 雷おやじ | 2006年4月12日 (水) 21時19分

最初から、ミスの連発で、御迷惑をおかけしました。 お許しを。  
設定は、かんたーんでした。 表示される、フォントの変更だけでOKでした。(爆)  

投稿: 三型 | 2006年4月12日 (水) 23時20分

はじめまして 雷おやじさん
サンダーバードには昭和41年初放映ではまったヤスベエと申します。三型さんのブログと九州博物館掲示板(最近ご無沙汰しておりますが)経由でこちらを拝見致しました。本当に個性的で素敵なイラストですね。日記の内容も楽しませて頂きました。
私はMac&I.Eですが、今まで数カ所のブログで文字化けしていました。この度、こちらにて原因と対処法を丁重にお教え頂き、誠に有り難うございました。(書き込みできなかった掲示板のプロバイダーを恨んでいた自分が恥ずかしいです。)
では今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

投稿: ヤスベエ | 2006年4月27日 (木) 21時30分

前項、投稿ミスを修正して頂き誠に有り難うございました。お手数をおかけし申し訳ありませんでした。

投稿: ヤスベエ | 2006年4月27日 (木) 23時49分

 ヤスベエさま、ようこそお出でくださいました。
投稿フォームの「確認」ボタンを押すだけで投稿されてしまう事があるようです。(これもココログお馴染みのバグでしょうか?)
 ヤスベエさまのサイト拝見させていただきました。ミュージカルと人形劇がお好きとの事ですが、パペットに関するご考察の実に深いこと! 勉強になりました。

 今後ともよろしくお願いします。

投稿: 雷おやじ | 2006年4月28日 (金) 07時14分

拙サイトにおいで頂き有り難うございました。年寄りの繰り言のような事ばかりで、考察と呼べるような内容ではありませんが、最近記憶がアヤシクなったため、昔見た人形劇の感想を忘れる前に書いておこうと思いました。
ミュージカルが斜陽になっても60-80年代は映画館に足繁く通いましたので、16日のバート・レイノルズのイラストは一目で誰だかわかりました。特徴を実に見事に表していらっしゃいますね。サンダーバード以外のイラストも楽しみにしております。

投稿: ヤスベエ | 2006年4月28日 (金) 23時27分

ヤスベエさま、有難うございます。
「アランのお母さん」のクリスティン・グランヴィルさんは、TB関連本でもよく記事が載っているのですが、メアリー・ターナーさんの記事はあまり載っていない気がしていましたので、リチア雑記帳「ターナーさんの人形」はとても参考になりました。
メアリー・ターナーさん、クリスティン・グランヴィルさん、ジョン・ブランドール氏、ジョン・ブラウン氏といった方々がそれぞれの個性を出してパペットを作られたことにより、サンダーバードの世界が深みを増したのではないかと思っています。

投稿: 雷おやじ | 2006年4月29日 (土) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/9544904

この記事へのトラックバック一覧です: mac&IEご利用の方へ:

« マイティマウス開発秘話? | トップページ | 手加減なし! »