« 第33話?「ポセイドン号を救え!」(後編) | トップページ | 近ごろのお買い物 »

2006年6月30日 (金)

エージェント・チャートの秘密

Ejenntochato_1  第21話「にせ者にご注意」で、活動出来なくなった国際救助隊。世界中の秘密隊員の協力を得るためエージェント・チャートを見るジェフ・トレーシー氏です。
 このエージェントチャートを見ているうちに、どこに秘密隊員がいるのか知りたくなりました。
 

1.イギリス(ロンドン:もちろんペネロープ嬢)
2.イギリス(エディンバラ)
3.フランス(パリ)
4.ノルウェー(キルケネス)
5.アイスランド
6.グリーンランド
7.アゾレス諸島(ポルトガル領)
8.ロシア(モスクワ)
9.トルコ(イスタンブール)
10.サウジアラビア(アルウバイラ)
11.モーリタニア
12.コンゴ(旧ザイール)
13.南アフリカ(ダーバン)
14.インド
15.コロンビア(ボゴダ)
16.ブラジル(レシフェ)
17.ブラジル(サンパウロ)
18.アルゼンチン(ブエノスアイレス)
19.フォークランド(英国領)
20.アメリカ(ハワイ)
21.アメリカ(ワシントン)
22.アメリカ(メンフィス)
23.アメリカ(ユタ:ジェレマイヤー・タルト氏&おっかあ)
24.アメリカ(ノースダコタ)
25.アメリカ(アラスカ、アンカレッジ)
26.カナダ(チャーチル山)
27.カナダ(チャーチル)
28.カナダ(モントリオール)
29.オーストラリア(セルウィン山脈)
30.オーストラリア(パース)
31.ニュージーランド(クライストチャーチ)
32.中国(北京)
33.モンゴル(アルタイ山脈)
34.日本(東京:Mr.ITOU & IKEDA?)

 地図帳片手に見比べたところ、判明したのはここまでです。ユタ州のジェレマイヤーさんは秘密隊員47号のはずなのに、全部で34箇所しかありません?? 
 多分、大都市には複数のエージェントが存在するのだと思います。そして、南太平洋あたりに描かれた「方位を示すマーク」の位置に、大富豪のプライベートアイランドが存在するのでしょう。

|

« 第33話?「ポセイドン号を救え!」(後編) | トップページ | 近ごろのお買い物 »

コメント

これだけ国の数が多いと、何カ国語で喋るんでしょーねー。(^^;) ジェフは、30から40ヵ国語しゃべれるのかなー。(笑)  ・・英語だけだったりして。(爆)

投稿: 三型あっぷあっぷ(゜o゜)2 | 2006年7月 1日 (土) 14時37分

東北のエージェント:三型さん、コメントありがとうございます。多分、2065年には自動翻訳機が日常的に使われているのではないでしょうか?
 リストアップした地名ですが、大体このあたりというレベルなので資料的価値はありませーん。面白かったのは、カナダの「チャーチル」と「チャーチル山」です。スタッフが遊びで選んだ感じがします。東欧やロシアはモスクワ以外には無いし、中国も北京だけです。TB製作当時(1960年代)の東西冷戦や鉄のカーテン、ベールに包まれた共産圏といったイメージを連想しました。また、東南アジアはあまり重きに置かれていない感じもしました。
 東京の二人のエージェントは、日本のTBブームの牽引役の、あの方たちです...。

投稿: 雷おやじ | 2006年7月 1日 (土) 16時34分

なるほど。(^_^) FAB!

投稿: 三型あっぷあっぷ(゜o゜)3 | 2006年7月 1日 (土) 21時20分

ユタ州の方は確か農業が本業ですけどあとの方たちはどんな職業の方なんでしょうね。エージェントの話しが少ないのでわからないけどどうやってジェフ氏は集めたのでしょうか?
特典として島にいけるとかあるかしら!だったらいいなあ。
そのかわり誰にも自慢できないのがつらい。だって秘密基地ですから。自分のことも言えないなあ。口の堅い人が第1条件でしょうね。

投稿: ちゃむちゃむ | 2006年7月 1日 (土) 22時19分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 大学から空軍、宇宙局を経て土木事業で大成功をおさめるまでの経歴の中で培った、トレーシー氏の人脈の広さや深さを感じますね。ペネロープ嬢や、自分から協力を半ば強引に申し出たジェレマイヤーさん以外に45人もの(人数はそれ以上かもしれない?)絶対に信頼できる人物が世界中にいるなんて凄いです。
 モスクワと北京のエージェントは、宇宙飛行士仲間なんて経歴はどうでしょうか? 宇宙飛行士の本を読むと、宇宙から地球の姿を見る事で人生観や世界観が変わると書かれています。ひたすらに人命救助に徹する国際救助隊の理念に賛同してくれそうな気がしませんか?
 おそらく秘密隊員さんは無報酬で特典も無しでしょうね。通信機は支給されるかもしれませんが。秘密隊員に選ばれて国際救助隊に協力出来る事こそが、彼らへの最高のご褒美ですから。

投稿: 雷おやじ | 2006年7月 1日 (土) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/10736648

この記事へのトラックバック一覧です: エージェント・チャートの秘密:

« 第33話?「ポセイドン号を救え!」(後編) | トップページ | 近ごろのお買い物 »