« チケットを忘れてました! | トップページ | PODの中から »

2006年8月 5日 (土)

正面ゲートを入ると

Photo_231  正面ゲートでチケットの改札を済ませて、いよいよパークの中です。滑走路を模した歩道を進むと、岩山のような塗装が施された建物があります。クリフハウスは、お客様の休憩が出来る喫茶室か、パークの管理事務所でしょうか。
 両脇の椰子の木が南の島らしさを演出しています。TB2号の出てくる岩戸の下のほうに、出入り口があります。あの扉の向こうには、サンダーバードの魅力が溢れる秘密基地があります。

Photo_232  岩戸は一日のうち何回か大きく開きます。出来れば劇中のように下に降りて欲しいのですが、技術的に難しければシャッターのように巻き上がるか、観音開きや横開きでも...。
  その扉から出てくるのは、1/5~1/10サイズ(予算とスペース次第でして...)のTB2号のハリボテ山車です。BGMが流れる中を、ゆっくりとタキシングします。定位置に着くと、カタパルトがせり上がって発進体勢になり、ドライアイスの噴射煙を噴出します。カタパルトの上げ下げは、ダンプカーの荷台を上下させる機構が流用出来そうです。さすがに2号を飛ばすのは無理そうなので、せめてカタパルト上を少し進むぐらいは再現したいです。

|

« チケットを忘れてました! | トップページ | PODの中から »

コメント

ひとつ心配があります。係の方は皆さんサンダーバードの衣装ですか。お客さまもなかには、サンダーバードのコスプレでくる方もいると思います。その区別を対策しなければ!そうそう、ペネロープの部屋を再現してください。記念写真をぜひ撮りたいので。幼稚園児からお婆さんのペネロープがぞろぞろ歩いていたら凄いでしょう。友人はミンミンをやるといってます。
1号機にのるアトラクションはどうですか。あんな高いところから乗り込むなんてスリルがありますし。

投稿: ちゃむちゃむ | 2006年8月 6日 (日) 15時15分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 係員の衣装についてはサンダーバードに登場する制服がモチーフになると思いますねー。コスプレに関しては、TDLなどは特定の日以外は原則禁止だったと思います。あまり制約が多いのもなんですから、係員と見紛うハイレベルのは駄目とか、係員は名札や管理事務所との通信用トランシーバーの有無などで区別がつくとか...。
 サンダーバードモダン展に、小さな穴から覗き見するペネロープ嬢のお部屋がありましたが、何だか寂しかったですねー。TDLの「ミッキーの部屋」みたいに実寸大で再現したいものです。1号のアトラクションも、鋭意検討中です。乞うご期待!

投稿: 雷おやじ | 2006年8月 6日 (日) 20時26分

前田建設ファンタジー事業部に、打診してみてはいかがかと。(^^)

ぜひトレーシーハウスのラウンジに、白いピアノ(ペダルあるのと、ないのと2種類)を置いてほしいですねーる(笑)

投稿: 三型(n_n) | 2006年8月 6日 (日) 20時36分

三型さん、コメントありがとうございます。
 九州博物館の三型さんの「前田建設」関連のテーマパーク記事も参考にしつつ、当プロジェクトもまったりと進行しております。(4号の足漕ぎスワンボートは外せませんねー。)
 ラウンジはアトラクションの出発点として欠かせません。あとは展望喫茶室としての再現も考えられます。これで2種類の白いピアノの置き場所が決まりました。ピアノの違いなどのトリビアネタも満載の公式ガイドブックが発行されるような、凄いテーマパークを目指しましょう!

投稿: 雷おやじ | 2006年8月 6日 (日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/11287638

この記事へのトラックバック一覧です: 正面ゲートを入ると:

« チケットを忘れてました! | トップページ | PODの中から »