« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

プレゼント

Photo_197  草木も眠る、メカも眠る丑三つ時。(午前2時ごろ)
いたずら好きなドーモ君(DOMO:吸着ハンド車)が、モグラ君に近づいて行きます。

Photo_198 「!?」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

POWER OF LOVE

Photo_199  磁力牽引車(リカバリー・ビークル)1号と2号が力くらべをしたら...。

2_4  愛が生まれました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

もぐらとモグラ

Photo_200  好奇心旺盛なモグラくんは、気になるものを見つけるとつい立ち止まってしまいます。
 そんなモグラくんに出会った、本物のもぐらくんは...。

2_5  もぐらくんは「ミミズとコガネムシの幼虫と、どっちが好き?」と、もぐら仲間ではごく普通の挨拶をしました。
 ところが、ミミズがとっても苦手なモグラくんは、ミミズと聞いただけで一目散に逃げてしまいましたとさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

集英社さんありがとうございました!

Photo_201  集英社「完全版サンダーバード全記録集」の発刊記念特別プレゼントに当選しました!!
懸賞に当選したのは、フジテレビのゴールデン洋画劇場のパンフレット以来ですから、約30年ぶり(?)です。
 ミニ秘密基地の箱絵やプラモデルの組み立て図ふうの説明書や、背景つきの台紙など趣向が凝っています。パノラマ秘密基地(トレーシー島大図解)だけでも嬉しいのですが、YUJINのトレーシー兄弟のうちバージルだけ持っていなかったので今回全員揃えることが出来て喜びも倍増です。
 9月30日の〆切直前まで応募し忘れておりまして、前日にあわてて準備したのですが、手元に普通はがきが無く、数年前の年賀はがきで出した始末です。
 集英社さん、素晴らしいプレゼントをありがとうございました。
 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

ワールドトレードセンター

Photo_202  オリバー・ストーン監督、ニコラス・ケイジ主演の話題作「ワールドトレードセンター」を観ました。泣かせが目的の映画ではありませんが、久々に涙が止まりませんでした。ストーン監督の従来の作風とは異なり、政治的なメッセージを排し、ヒューマニズムや家族愛などの人間ドラマに徹した映画でした。

 上映まで少し待ち時間が有ったので本屋に立ち寄ったところ、目に留まったのが「9.11テロ捏造 日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ(ベンジャミン・フルフォード著 徳間書店)」です。映画の中で感動的な人間愛に接した後でこの本を読むと、俄かには信じ難い内容に唖然とさせられます。一見するとトンデモ本の類に見えてしまうのですが、5年前のあの出来事の直後から何か不自然さを感じていたので、裏にこんな陰謀が隠されていたのかも知れないと思えても来るのです。
 この本の中で、CNNの世界規模の世論調査で「75%がアメリカの自作自演にYESと回答」と紹介されています。(22頁) 世界中がおかしいと思っているのに、真相は未だ闇の中です。自作自演が真実ならば、それに続くアフガンやイラクへの侵攻は何だったのでしょう? 著者のフルフォード氏はアメリカの陰謀を映画「マトリックス」のヴァーチャル(洗脳)世界に例え、主人公ネオを目覚めさせるモーフィアスの赤い薬に、この本を例えています。小生は”赤い薬”を三分の一”飲んだ”だけですが、何とも嫌な気分です。こんな世界に生きているなんて、どうしたら良いのだろうかと。”陰謀”が日本を目標にしたらどうなってしまうのか。子供たちに明るい未来は来るのだろうかと。

 さて、サンダーバード第5話「世界一のビルの大火災」では、9.11を髣髴とさせる超高層ビルの崩壊が描かれます。大火災でビルが崩壊したのは、実はワールドトレードセンターが”初めて”だったとか。また第10話「ニューヨークの恐怖」では、エンパイヤビルの崩壊の影響で隣接の商工ビルも崩壊するのですが、9.11の際に隣接のWTC7号棟も崩壊したニュースを聞いたとき、このエピソードを連想してしまいました。
 妄想逞しい雷おやじとしては、サンダーバード製作陣の先見性と言いますか、予知力とでも言いますか、そんな物を感じてしまうのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

トイザらス/TB関係近況

Oyajitblogo_4  小生のパトロールエリアのトイザらスの近況であります。
・1/144TB2用POD → 嫁ぎ先がなかなか決まらないようです。
・1/144PODメカ → 残り1個と、こちらはだいぶ売れました。
・着陸!!サンダーバード2号(プラモデル)

・サンダーバード2号&レスキューパノラマセット(プラモデル)
・サンダーバードミニ秘密基地(プラモデル) → 以上、各1000円でした。
・ミニシリーズNO.2サンダーバード2号(プラモデル) → 600円くらい。
・ミニシリーズNO.6ペネロープ号(プラモデル) → 何と100円!!(100円ならばと買ってしまいました。)
・ミクロマンスコットとバージル → 殆ど陳列状況に変化なし。(多分売れてません。)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

POD型ランチボックス

Photo_203  TB2号のPOD型ランチボックスを妄想しました。開けるとこんな感じになってまして、PODの内側も印刷されてます。床面にはロゴやらIRマーク、トレーシー兄弟の写真や担当するTBメカの写真と解説が書かれています。PODナンバーとTBメカの番号が対応しており、この絵ではPODナンバー3でTB3のアランという訳です。紙製のIR帽もアランの白い縁取りです。
 IRマーク入りのフォークとスプーンも付いています。TBメカのカラーに対応していますので、この場合はTB3の赤です。

 さて、何か足りませんねー。肝心の食べ物が空っぽです。食いしん坊の末っ子の仕業でしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

黒づくし幕の内弁当

Photo_204  世界で一番恐れられている死の商人ことフッド。事件の背後にフッドあり。事件の「黒幕」はフッド。という訳で考案されたのが黒づくめの「黒幕の内弁当」であります。
 シックな黒いお弁当箱の中身は、フッドのはげ頭の形にそっくりなゆで卵以外は、ぜーんぶ黒が関係する食材です。フッドのミニ潜水艇型のたれビンもついております。
 残念ながらこのお弁当は保健所の検査の結果、「催眠術にかかりやすくなる。暗示にかかりやすくなる。」という謎の成分が検出されたため、販売が禁止されております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »