« あけましておめでとうございます | トップページ | RTL2の目的地判明? »

2007年1月 3日 (水)

アナスタ湖はどこに?

Photo_166  TBSで夕方6時30分から4時間半のスペシャル番組「古代エジプト大冒険 黄金・ミイラ・大発掘 究極の48マル秘ミステリー全解明スペシャル!」が放送されました。エジプト大好きな小生は、また行きたくなってしまいました。

Photo_167   さて第20話「湖底の秘宝」には、ギザの台地に並ぶ三大ピラミッドの上空をTB2号が通過する場面があります。残念ながら配置や形が異なったり、付属の衛星ピラミッド、葬祭殿や河岸神殿といったものが省略されています。
 TB2号はクフ王からメンカウラー王のピラミッドに向かって横切る事から、飛行ルートは北から南へ向かっている事が判ります。
 ピラミッド上空を通過する際、ミンミンが「あと2時間で着く」と言っています。トレーラーを2号から降ろしたり、着陸地点から5km先でブレイクリー教授と合流との台詞もありますので、飛行時間は概ね1時間程でしょう。
 2号が救助活動時の飛行速度ではなく、ゆっくりとしたスピードで進んだと考えると、アナスタ湖はおそらくナセル湖のあたりに存在するのではないでしょうか?
 ナセル湖は1970年に完成したアスワンハイダムによる人造湖で、全長500km幅10kmもあります。この巨大な湖の中に数々の遺跡が水没する事となり、ユネスコによる救済事業が行われ、アブシンベル神殿やフィラエ島のイシス神殿などが高台に移されました。ミンミンの台詞の中に「神殿を人が見るのは100年ぶり」とあり、アナスタ湖の遺跡もアスワンハイダムの完成に伴って水没した可能性があります。
 ナセル湖は故ナセル大統領の名を冠していますが、2065年までの間に何らかの理由で呼び名が変わったのでしょうか。また、湖面に速めの水流が見られますので、ナセル湖に繋がる支流のような湖をアナスタ湖と呼んでいるのかもしれません。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | RTL2の目的地判明? »

コメント

正月なので、三型も妄想を・・・ひとつ。
ナセル大統領の名前から、付けられたナセル湖、・・・ということで、アナスタ湖は、もしかすると、・・アナスターシアのことではないかと。(笑)
アナスターシアといえば、ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ二世の四女として有名でありますが、ニコライ二世といえば、ロマノフ家の資産の中に、500トンもの金塊を持っていたといわれております。(^^;)  この金塊が、エジプトの何処かへ運ばれ、沈められた・・・・、第一次世界大戦の当時、英国のジョージ五世とニコライ二世は従兄弟どうしでしたから、上手く運び出していたとすれば・・・妄想ですが。(^^;) ちなみに、オリジナルタイトルは、DESPERATE INTRUDER(=命がけの侵入者)でしたが。

投稿: 三型 | 2007年1月 4日 (木) 23時09分

三型さん、コメントありがとうございます。
 アナスタシア(アナスターシア)と聞くと、「追想 Anastasia(1956年 アナトール・リトヴァク監督)」のイングリッド・バーグマンの顔が浮かぶ雷おやじです。ロマノフ王朝の財宝までは考えが至りませんでしたが、小生もアナスタ湖という名前からアナスタシアを連想してしまいますね。
 映画「追想」にはフッドのモデルと言われるユル・ブリンナーが出演しているというのも何かの縁でしょうか?

投稿: 雷おやじ | 2007年1月 5日 (金) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/13324398

この記事へのトラックバック一覧です: アナスタ湖はどこに?:

« あけましておめでとうございます | トップページ | RTL2の目的地判明? »