« RTL2の目的地判明? | トップページ | ジェームズ・ボンソン? »

2007年1月 5日 (金)

超薄型ディスプレー

Photo_164 1月4日の静岡新聞夕刊に「いつでもどこでも紙のようにしなやかなモニターで本が読めます。英電子機器メーカーのプラスチック・ロジック社がプラスチック製半導体を利用した携帯用の超薄型ディスプレーを2008年末までに販売すると発表。」とありました。
 「電子回路を搭載した透明なプラスチックフィルムに画像を表示。無線送信で画面を切り替えられるほか、本、雑誌、新聞などを自由にダウンロードできる。」そうです。先日、ブログで取り上げたペーパーディスプレーの更に先を行く技術のようですが、これがあればトレーシー家の皆さんも本土までジェット機を飛ばすことなく最新号を読むことが出来ます。
 さて、第29話「恐怖の空中ファッションショー」で、ペネロープ嬢が表紙を飾るファッション雑誌を手にしているミンミンです。これも超薄型ディスプレーでしょうか。ミンミンの顔が何となく浮かない表情ですが、ペネロープ嬢がちょっぴり羨ましいのかもしれません。

|

« RTL2の目的地判明? | トップページ | ジェームズ・ボンソン? »

コメント

「恐怖の空中ファッションショー」
マッチ箱に入るドレスが出てくるシーンがあった話でしたよね。
当時のファッションの影響がでておもしろかったです。
サンダーバードの衣装係の人は楽しみながら作ったのだなと、しみじみ感じます。自分でも趣味で人形の服を作りますが、生地の素材が悪いと見た目ですぐわかります。

このニュースペーパーは充電させたり、電池みたいなものを入れたりするのでしょうか?。水に弱いのかも。お風呂では読めないなあ~(湯船に入って本を読むのが好きなものですから)

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年1月 5日 (金) 21時47分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 「恐怖の空中ファッションショー」も、お嬢様が大活躍のお話でした。新型旅客機スカイトラストの優美さも霞んでしまいます。
 人形の服の生地の良し悪しですが、小生が持っているサンダーバード・トーキングフィギュアやバンダイのソフビ製トレーシー兄弟人形、ミクロマン・スコット&バージルとも、服の色や素材が気に入りません。自分で何とか作れないかと思っているのですが、色々手を広げるのも大変なのでまだ手をつけていません。
 超薄型ディスプレーは来年末迄に販売の予定なので細かいスペックは不明ですが、太陽電池を内蔵する事で外部電源からの充電が不要になったり、生活防水などの改良が進む事と思います。

投稿: 雷おやじ | 2007年1月 5日 (金) 23時37分

うーむ、ミンミンは若いので、ついお姉様にやきもちを焼いているのかもしれませんね。(お正月だし・・・・ボカ!!)

投稿: 三型 | 2007年1月 6日 (土) 22時56分

三型さん、コメントありがとうございます。
 第2シーズンのミンミンの表情は、何だか沈んだ顔なのが気になります。後ろに立っているのがアランではなくバージルというのも、気になるところであります。

投稿: 雷おやじ | 2007年1月 7日 (日) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/13335756

この記事へのトラックバック一覧です: 超薄型ディスプレー:

« RTL2の目的地判明? | トップページ | ジェームズ・ボンソン? »