« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月30日 (金)

チェルノブイリ被爆者救援コンサート

Chierunobuiru  今夜、静岡県三島市の市民文化会館で「チェルノブイリ被爆者救援コンサート こころに咲く花」がありました。
 1986年4月26日の事故から21年が過ぎましたが、今もなお故郷から追いやられ、後遺症に悩む人たちがたくさんいます。
 今夜の出演者のナターシャ・グジーさんは、6歳だった事故当時チェルノブイリ原発から3kmほどの所に住んでいたそうです。妹のカーチャさんは生後1ヶ月で、ともに被爆しました。
 事故の翌日は何も知らされず、屋外で普通に生活していたそうです。二日目になって、深刻な事態では無いが念のため3日間だけ、何も持たずに避難するように指示されたものの、二度と故郷に戻る事が出来なかったなど、歌の合間に語ってくれました。
 姉妹はウクライナの民族楽器バンドゥーラを爪弾きながら、天性の歌声で観衆を魅了していました。バンドゥーラは日本の琵琶に似た形をしていますが、弦の数が60本以上もあり、音色はチェンバロ風です。
 前半はウクライナの民族衣装(赤いブーツが可愛いです)を身につけた姉妹が、ウクライナ民謡をはじめ、「秋桜(コスモス)」や「見上げてごらん夜の星を」など日本の歌も数曲歌ってくれました。日本語の歌詞を耳にすると、何故か自然に涙が溢れてしまいました。40代も半ばを過ぎて、涙もろくなったようです。
 後半は桜色のドレスに着替えて、「アヴェマリア」や自作の歌を披露してくれました。故郷への溢れる想いや、二度と原発の過ちを犯してほしくないという願いを切々と語ってくれた後に、「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」を聞くと、まるでこのために作られた曲と思えるほどでした。
 コンサートの最後には、観客とともに「ふるさと」を歌いました。日本人が故郷に抱く想いも、チェルノブイリ事故の被害に遭われたウクライナの人々の想いも、国や人種は違っても変わらないと思いました。

 会場ロビーには、チェルノブイリ事故のパネル展示や、被曝児たちが描いた絵画が展示されていました。喉に赤い傷痕がくっきりと描かれた自画像があります。甲状腺ガンの手術跡で「チェルノブイリの首飾り」と言われているそうです。成長に必要な甲状腺を切除された子供たちは、それに代わる薬を飲み続けなければならないそうです。

 新聞の書評に「チェルノブイリの森(メアリー・マイシオ著 NHK出版)」がありました。汚染地20年後の現状報告として、現場周辺が絶滅危惧種や希少種を含む野生生物の宝庫になっていると紹介されています。「恐ろしい人間から解放される場所が、放射能汚染の土地」という現実。35万人もの住民が強制移住させられたものの、居住禁止区域に10万人以上の人々が住み続けている問題もあります。

Ar4_1  サンダーバードでは第6話「原子炉の危機」で、フッドの破壊工作でオーストラリアの大地が放射能に汚染される場面があります。放射能を帯びた霧がメルボルンに迫りますが、風向きが変わって助かります。放射能に汚染された大地がどうなったかは明らかにされません。未来の先進技術で除染方法の開発を願いたいところですが、それ以前に爆発などの事故が起きない設備を作る、操作者が適切な操作をするよう訓練や安全対策を施すなどが先決と思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

静岡パルコ・サンダーバード展に行きました

Photo_131  静岡パルコ・オープン記念イベントの「サンダーバード展」に行ってきました。展示内容は渋谷店とあまり変わりはありませんでしたが、入り口の特大1号の模型に始まり、イマイのサンダーバードプラモデル、各種玩具類、1号の実物大操縦席、坂本健二さんのレプリカドール、ペネロープ嬢のお部屋など、ファンにはたまらないものばかりです。
 今回の目玉と言えるのが、東北新社所有のアランとペネロープのオリジナルドールです。「イッツ・サンダーバード・センチュリー スーパーマリオネーション・スペシャル(大日本絵画)」にも詳しく紹介されているとはいえ、実物をこの目で見ることが出来るのは大きな喜びです。このアランが(左の絵とは全然違って)とても良い表情をしています。第32話「宇宙放送局の危機」のリック・オーシェが”ハンサムな青年”と言うのも納得です。
 ペネロープ嬢のほうは「スーパーマリオネーション・スペシャル」によると、クリスティン・グランビルさんの作品とはいえ実際に撮影に使われたものではなくCMや展示用に製作されたものとあって、雰囲気が多少違います。(そのせいか、アランばかりじっくり見てしまいました。) この2体は日本だけでなく世界のサンダーバードファンにとって貴重な宝物ですね。
 渋谷店ではモノクロだった「サンダーバード立体ポスターアート」が彩色版で展示されていました。立体感溢れる各メカが、今にも飛び出してきそうな迫力です。お値段が未定とあり、さて幾らになるんでしょうか?
 コレクターズショップでは、ブリキ人形のほうは手が出ないので、ゼンマイをまわす金具がついたキーチェーンを購入しました。また、静岡店限定かもしれませんがサンダーバード塗り絵を購入すると色鉛筆(12色?)がプレゼントされるそうです。
 
 会場で見かけた、坂本さんのレプリカドールに関する微笑ましいエピソードを、坂本さんのブログ”ミッドナイト ラボ”にコメントしましたので、そちらもご覧下さい。http://ameblo.jp/starlex-rockeyken/entry-10027836617.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

AUTOMOBILE PARK

Photo_132  第19話「オートレーサー・アランの危機」に登場する立体駐車場です。サンダーバード製作当時は勿論のこと、現在の目からも大変斬新なシステムに見えます。
 意外にも立体駐車場の歴史は古く、「ポピュラーサイエンスの時代(原 克著 柏書房)」によれば、1930年代のアメリカでフェリスホイール(観覧車)を応用した立体駐車場が登場したとあります。日本では昭和37年に日本橋高島屋にメリーゴーラウンド方式(垂直循環式)の立体駐車場が設置されたそうです。
 「立体駐車場の経営(山口博之著 ぱるす出版)」には、機械式立体駐車場の分類があります。メリーゴーラウンド方式のほか、エレベーター方式、平面往復方式などがありますが、サンダーバードに登場する立体駐車場の方式は見当たりません。エレベーター方式(エレベーターで目的階層に移動し、自走もしくは搬送装置で格納する方式)の中に、エレベーター・スライド方式というものがあります。エレベーターが水平にも移動するため、横から眺めると斜めに移動しているように見えるそうで、その点はサンダーバードの立体駐車場に似ています。このPAROLA STACKER INC.の立体駐車場の方式を命名するならば、車が載ったパレットを持ち上げる爪の形から、フォークリフト方式とでも呼べそうです。
 いかにスペースを有効利用するかが駐車場経営のカギと言えそうですが、サンダーバードの駐車場はこれだけの設備でありながら無駄なスペースが多い感じがします。また、制御室の壁にあるBAY CAPACITY INDICATORを見ると、6階層×8台=48台が駐車可能と思われますが、現在の立体駐車場と比べるとスペースの割りに容量が少ない感じがします。
 安全面にも配慮が不足していますし、オートメーション全盛の時代に自動制御ではなく人間が操作しているのも、サンダーバード的には時代遅れの設備なのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

イノベーション25

Photo_133  昨日の新聞に「イノベーション25」の政府広報が載っていました。”2025年を目指し、未来を創るチャレンジ”として5月末にとりまとめ、政策を実行していくそうです。
 「カプセル1錠で就寝中に健康診断」「東京-成田15分、東京-大阪50分(電車)」「走れば走るほど空気を綺麗にする自動車」「自動翻訳機能を備えたヘッドホン」などとイラスト入りで紹介されていたり、小学生に「イノベーションでかなえる2025年の夢」と題した作文や絵を募集する事も記載されています。また、 「イノベーション25」のホームページには「伊野辺(イノベ)家の一日」と題する未来像があります。(http://www.kantei.go.jp/jp/innovation/chukan/inobeke.html
良い事づくめの世界ですが、メリットの裏にはデメリットも必ずあるはずです。先般の”科学的根拠があるようにみせかけた情報番組”に踊らされた方も多いと思いますが、鵜呑みにしないで自分で見分ける目を持ちたいものです。
 さて、第3話「ロケット”太陽号”の危機」に登場するブレイマンです。「イノベーション25」にも「一家に一台家庭ロボットの導入」という事が書かれています。家事労働はロボットに任せて、人間様はもっと他の事をしましょうという発想ですが、思い出されるのがチェコの戯曲作家カレル・チャペックが書いた「RUR(ロッサムズ・ユニヴァーサル・ロボッツ」です。ロボットの語源となった戯曲としても有名ですが、機械的なロボットではなく一種の人造人間で、1920年の作品とは思えないほど作者の創造性の高さを感じます。このなかでは、ロボットが普及した結果として労働が不要になり、女性が子供を産まなくなるとされています。それだけでも人類は滅亡に向かっているのに、自我を与えられたロボットの反乱により終焉を迎えるというお話です。
 家庭用のロボットが悪いという訳ではありません。老人介護の重労働を軽減させるとか、活用方策は色々あると思います。でも政府広報のイラストのように赤ちゃんの授乳をロボットに任せるのはどうかと思います。お母さんの声や体温、心臓の鼓動、抱き心地まで完全に再現しますなんて事では、赤ちゃんもがっかりでしょう。ロボットが作った料理がおふくろの味というのも幻滅ですよね。科学技術を過信する事の愚かさは、サンダーバードでも繰り返し描かれています。ただでさえ少子化が問題の日本なのに、RURのように家庭ロボットの普及で子供が生まれなくなったら日本は滅亡ですね。
 「イノベーション25」は夢のある話ですが、先日のワイドショーでは”こんなこといいなできたらいいな。不思議なポッケで叶えてくれるー。ドラえもん的発想。”とコメンテーターに酷評されていました。血税を使うのですから、やるからには日本の未来に役立つように、しっかりして欲しいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

炭鉱事故

Photo_134  3月19日にシベリア西部のウリヤノフスカヤ炭鉱でおきた爆発事故で、200人以上の作業員のうち、死者・行方不明者が100人を超える大惨事となりました。ロシアの炭鉱事故では過去10年で最悪の事態になったそうです。
 鉱山の事故を耳にするたびに思い出されるのが、ジェリー・アンダーソン氏がサンダーバードを作るきっかけになったドイツの鉄鉱山事故です。「公式ガイド サンダーバード大百科(宝島社)」や「サンダーバードを作った男 ジェリー・アンダーソン自伝(洋泉社)」に、この事故とアンダーソン氏が「海底大戦争」の次のシリーズの構想を固める経緯があります。
 救助装備を駆使して、残された11人を救い出した1963年10月24日のその事故が、サンダーバードの出発点と言えるでしょう。それから40年以上が過ぎましたが、鉱山事故に対する画期的な救助装備は開発されたのでしょうか? 落盤をはじめ、ガスの爆発や出水、高気圧などのさまざまな悪条件に対応する救助方法が求められます。国際救助隊だったらどう救助するのでしょうか。
 番組の中では国際救助隊の限界が描かれる事はありませんでしたが、どんなに素晴らしい救助装備を駆使しても、レスキュー活動を重ねる中には犠牲者を出してしまう事も十分考えられます。映画「守護神(アンドリュー・デイビス監督)」でケビン・コスナー演じる伝説のレスキュースイマーも、救助した人の数は忘れても助けられなかった人の事は忘れられないと語ります。トレーシー家の面々もいつかはそんな場面にぶつかり、自分なりに克服して次のレスキューに赴く事になるのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

ディパーテッド

Photo_135  映画「ディパーテッド(マーティン・スコセッシ監督 2006年)」を観ました。オリジナルの香港映画「インファナル・アフェア(アンドリュー・ラウ/アラン・マック監督 2002年)」のよく練られたストーリーを活用し、ハリウッドスターを起用した上に監督がスコセッシとなれば、見応えが無いわけがありません。
 ディカプリオとマット・デーモンの演技のぶつかり合い(と言っても共演シーンは終盤だけですが)もさることながら、ジャック・ニコルソンの不気味な存在感がたまりません。コメディ映画も恋愛映画も、今回のようなとんでもないダークな役も演じられる(今更言うのもなんですが)凄い役者です。周りを固めるのもマーティン・シーンやアレック・ボールドウィンなど粒ぞろいです。紅一点の精神科医役、ビーラ・ファミーガは今後も要チェックな女優さんです。

 アイリッシュ系犯罪組織に5年間も潜入する主人公ビリーですが、捜査官である事を隠しながら日常的に犯罪現場を目にし、時には自らも犯罪行為に加担しなければならないとは、何とも凄い仕事です。正体がばれてしまえば命は無いという状況で、正常な精神を保つのは至難の技でしょう。警察学校を出たてのルーキーに、こんな過激な任務を与えるのは有りえないと思いますが、潜入捜査の素質があればこその抜擢でしょう。

 さて、第17話「スパイにねらわれた原爆」の潜入捜査員サウザン氏です。国際警察の諜報部員で「タイガー4号」のコードネームを持っています。原子力貯蔵庫の破壊を目論むアードマン一味に潜入し、もう一歩で阻止に成功するところを警備ロボットに捕まってしまいます。
 このサウザン氏はなかなかの男前です。第25話「情報員MI.5」のボンソン氏のギラギラした鋭さとは対照的なソフトな印象があります。ペネロープ嬢が病院へ送り届けたり夕食に招待するのも、そのせいかもしれません。
 今回の任務は「ディパーテッド」の主人公ビリーのような長期の潜入捜査ではありませんが、サウザン氏もまた強い精神力で二重生活に耐えている事でしょう。そんな本音がラストの「あなたのような方にはとても務まりませんよ。」という台詞に込められているのですが、実はその上手を行くスーパー・スパイが目の前のペネロープ嬢というオチになっています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

1st Anniversary

Photo_136  昨年の3月16日に、練習のため非公開で始めたサンダーバード妄想日記も、早いもので1年を迎える事が出来ました。(正式な公開は3月28日でした。)
 1年間続ける事が出来たのも、訪れて下さる皆様のおかげと感謝しております。日々サンダーバードを妄想し続ける雷おやじは、何でもサンダーバードに絡めて記事にしますので、ネタは無尽蔵(?)です。来年の3月16日には2号のマークでご挨拶が出来るように続けたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

静岡パルコ・サンダーバード展

Photo_137  静岡パルコが本日開店しました。サンダーバードファンにとってはオープン記念イベントの「サンダーバーズ・イン・ジャパン」展に期待が高まります。展示内容は渋谷パルコと変わらないと思いますが、グランドオープン特別展示としてペネロープとアランのオリジナルドールが展示されます。また「made  in 静岡サンダーバードヒストリー」と題して、サンダーバードプラモデルの歴史をパネルで紹介するそうです。4月1日までの開催ですので、お早めにどうぞ。
 詳しくはこちらをご覧下さい。(http://www.parco-shizuoka.com/web/thunderbirds/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

VALENTINE

Photo_138  先月記事にし忘れたネタを、ホワイトデーにUPします。
 コナミのMOLEやファイヤーフライ(ジェットブルドーザー)を眺めているとき、せっかくの良い出来なのだから、足回りを可動にしたくなりました。このキャタピラや転輪を回転させるにはどうしたら良いだろうと思案したのですが、一体成形なので切り離しても使い物にならなくなるだけです。
 何か流用できるものはないかと模型屋さんへ行ったところ、FUJIMIの1/76プラモデルにイギリスのVALENTINE戦車がありました。キャタピラや転輪の形がとてもよく似ています。戦車の名前にしては変な感じですが、組み立て説明書には《バレンタインの名は、1938年のセント・バレンタイン・デーの2日前にビィッカーズ社が軍部へ提出した事から生まれたものです。》とありました。
 サンダーバードメカの足回りにビッカーズ・ビガー・トラクターのラジコン模型を使用しているのは関連本からもよく知られていますが、このVALENTINE戦車もビッカーズ・アームストロング社により設計されたものでした。どうりでよく似ているわけです。
 ビッカーズ・アームストロング社とサンダーバードの関連はメカの足回りだけではありません。「サンダーバード大百科(Gakken MOOK)」によれば、TB4号や5号も同社製とされています。「サンダーバード・メカニック・ファイル(双葉社)」の柿沼氏の記事にもあるように、ゲストメカの大型建設機械も同社の製品なのかもしれません。
 
 上手く改造出来たのか? ....計画倒れで休眠状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

胴体着陸

Photo_139  《十三日午前八時四十分ごろ、大阪発高知行き全日空1603便ボンバルディアDHC8(乗客五十六人、乗員四人)が着陸時に前輪が出なくなった。約二時間、上空を旋回し燃料を消費した後、同十時五十四分ごろ、高知空港に胴体着陸した。(静岡新聞)》

 《滑走路と胴体がこすれ金属音が響く。火花が散り、黒と白の煙が上がった。(中略)前のめりの状態でようやく停止した機内では、乗客らが胸をなで下ろした。(静岡新聞)》 《滑走路に消火剤をまき、続々とサイレンを鳴らして集まった消防車が待機。着地した後輪から白煙が上がり、徐々に機首が下がる。「バチバチバチッ」。胴体が接地すると金属音が響き、何度も火花と黒煙が上る。次第に速度が落ち、機体は静かに止まった。(静岡新聞)》とあり、第1話「SOS原子旅客機」のクライマックスを髣髴とさせる状況でした。海外でも旅客機の事故があったばかりですが、今回は乗員乗客60人に怪我もなく、無事に胴体着陸できました。
 ボンバルディア機(カナダ)はトラブルが頻発しているとか。飛行機に乗るときには、機体のメーカーや型式まで気にしないとならないんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年3月11日 (日)

ワゴンセール

Photo_140  静岡県東部で数店舗を展開していた家電量販店の”100満ボルト”が、全国的な家電量販店チェーンの”エイデン”に合併されました。
 旧”100満ボルト”富士本店の二階には、おもちゃ・ホビーコーナーがありました。先月の閉店セールではポイントを使って売れ残りのTB物を数点購入しましたが、この小松崎さんの箱絵版のプラモデルは買わないで帰りました。
 数日前に”エイデン”として再スタートしたので、本日行ってみました。サンダーバード物を探していたところ、ワゴンの特価品の中にこのプラモを発見したのです。恐る恐る値札を確認すると、何と500円でした。小松崎さんの箱絵の2号も同じく500円。アオシマ版の1号も、3号&5号も各500円。閉店セールの売れ残りでした。
 衝動的に(?)1号と2号をかごに入れて先に進むと、新世紀合金のシャドーモービルがありました。今までも興味はあっても値段の高さに尻込みしていたのですが、恐る恐る値札を見ると3000円! 衝動的に(?)かごに入れると...。今日のお買い物はここまででした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

微笑みのひと

Photo_141  信号待ちで対向車をぼんやりと見ていたときの事です。無表情な人、何だかイライラした感じの人、携帯電話を掛けながら片手運転する人など、いろいろな人がいます。
 そんな中に笑顔の女性がいました。同乗者がいない様子だったので会話が面白かったという訳ではなく、何か面白いラジオでも聴いていたのかもしれませんが、もしかしたらあの笑顔がこの人の普通の表情なのかもしれないと思いました。
 日常生活には色々な場面がありますから、笑ってばかりもいられないとは思いますが、普段の何でもない状態でも自然に笑顔でいられたら素晴らしいと感じました。何か良い事が起きたら、もっと凄い笑顔になりそうです。
 自分には欠けている事だと気付き、車を運転しながら笑顔になってみたのですが、ぎこちない表情になってしまいます。心の中が安らかになり、その状態が自然に反映されなければ、あの笑顔にはなれません。
 「この世の悩みがゼロになる(小林正観著 大和書房)」に、《眉と眉の間には十八本の神経が通っていて、そこをキュッと刺激されると、脳が老化物質を出すらしいのです。》 《老化物質を出したときに、これを止める方法があります。口角から指三本分の、エクボのところ、ここを刺激するのです。笑顔のツボでもあります。(中略)笑うと、いつも笑顔のツボを刺激して、老化物質を止める事ができます。だから、必ず眉の間を開けて、口元を上げるようにしましょう。》という記述があり、笑顔の事が気になっていたのですが、具体的にどうすれば良いのかその女性が教えてくれたように思います。

 サンダーバードで一番の笑顔の人と言えば、第20話「湖底の秘宝」のブレークリー教授でしょう。タクシーで待ち合わせ場所に訪れてから、ラストの病室の場面まで笑顔を絶やさない人です。唯一の例外はフッドに暴行されてトレーラーハウスの床に倒れているところだけです。おそらく潜水が出来ない(?)ため、ブレインズとミンミンに湖底での発掘を任せているものの、研究の成果が実る喜びや新たな発見への期待など、心から楽しんでいる様子です。そんな喜びが笑顔につながっているブレークリー教授を小生も見習おうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

お知らせ

Maikujeff_3  ただいま出張中です。コメントやトラックバックのお返事が遅れてしまいますが、ご了承ください。

 またのお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

福の神

Photo_142  「この世の悩みがゼロになる(小林正観著 大和書房)」を読みました。第5章「お金が無くてつらかったら」に、貧乏神と福の神について書かれています。
 《自分のためだけにお金を使う人には貧乏神が、人のためだけにお金を使う人には福の神がついている。》 どちらも同じ神様ですが、その人がどうお金を使うかによって決まるそうです。
 ちなみに《「半分は自分のために使い、半分は人のために使っている人は?」どっちの神様でもない。どっちの名前でも呼ばれない〈金遣いの荒い神様〉がついている、フツーの人》だとか。
 さて、国際救助隊の創設者にして隊長であるジェフ・トレーシー氏はどうでしょうか。宇宙飛行士を引退後に建設業で大富豪となり、その私財をなげうって人命救助に尽くすトレーシー氏には間違いなく福の神が付いていることでしょう。
 《自分のためだけに使うというよりも「お金はみんなのもの」と思って、「みんなに喜ばれるような使い方をしたい」と願っていると、どうも神様は聞いてくださるようなのです。》とあり、その結果としてお金に困らなくなるのだそうです。トレーシー氏のような巨万の富は要りませんが、人としてあるべき姿を見る思いがします。

 「この世の悩みがゼロになる」は、お金だけでなく対人関係などの悩みに関する事が書かれています。読み進むうちに、気持ちが軽くなりました。悩み事がある人に、お勧めの一冊です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

ロンドン空港

Photo_143  ロンドン空港と言えばヒースロー空港を連想しますが、サンダーバードのロンドン空港はどこにあるのでしょうか?
 第1話「SOS原子旅客機」で、ロンドン空港がM1道路付近である事が判りますが、ヒースロー空港はロンドンの西に位置しており、M1道路とは離れています。
 「サンダーバードと国際救助隊(モデルアート臨時増刊)」の67ページにも、《「サンダーバード」に登場するロンドン空港は、ロンドンの北側に位置することになり、これは実在する2つの国際空港、ヒースローとガトウィックのいずれの場所とも合致せず、第3の新空港ということになる。》と書かれています。
 そこでまたしてもGoogle Earthで遊んでしまいました。M1道路の近くを辿ってみると、ルートンという小さな空港があります。周辺には田園が広がっていますので、サンダーバードの世界では、このルートン空港が拡張されてロンドン空港になったのではないでしょうか? 
 また、周辺にはエアー・ベース(空軍基地)が点在しています。第1話や第11話「超音ジェット機レッドアロー」で空軍関係の管制もおこなっていますので、これら空軍基地もルートン空港に吸収されて、巨大な新ロンドン空港になったとも考えられます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »