« 世界一のビルの大火災(その7) | トップページ | ホビーウィーク2007 »

2007年5月12日 (土)

世界一のビルの大火災(その8)

Photo_282 第5話「世界一のビルの大火災」を考える8回目です。
 トンプソンビルは、なぜ全焼し崩壊させられたのでしょうか。陰謀には何らかの目的があり、メリットがあるからこそ行われるはずです。
 「タイタニックは沈められた(ロビン・ガーディナー&ダン・ヴァンダー・ヴァット著 集英社)」に、北大西洋航路を処女航海中の巨大豪華客船タイタニック号が氷山に激突して沈没したのは、《船長が船主の手先にそそのかされ、やみくもにスピードを上げ、そこにあることがわかっていた浮氷原に突っ込んだ》という「故意による過失」によるものと書かれています。
 タイタニック号の姉妹船オリンピック号は、英国海軍の巡洋艦ホークとの衝突事故により船尾に大きな穴があく損傷を受けていました。この事故がオリンピック号側の過失とされたため保険が適用されず、建造費の六分の一にも当たる修理費を負担することとなりました。さらに処女航海の9ヵ月後には、スクリューブレードが脱落するという事故がおき、機関や船体に重大な損傷を受けていました。
 赤字の元のオリンピック号と建造中のタイタニック号は、同時期に造船所のドックに並んでいました。外観はほとんど変わらず、僅かなプレートや備品の差し替えですりかえることが可能だったようです。そしてタイタニック号を名乗る旧オリンピック号を氷山に激突させて沈める事で、タイタニック号の保険を使って100万ポンドを回収したとの説です。
 乗員乗客あわせて2200名のうち、700名ほどしか助からなかった大惨事ですが、もしこの本が事実とすれば、首謀者にとっては人命よりもお金の方に価値があったのでしょう。

 9.11のワールドトレードセンターの崩壊に関しても「暴かれた9.11疑惑の真相(ベンジャミン・フルフォード著 扶桑社)」に、同様の利益を得た人物がいることが書かれています。テロの6週間前にWTCビル群のリース権を得たシルバースタイン氏は、多額のテロ保険金を手にする事になりました。また、WTCツインタワーはランニングコストがかかりすぎる”お荷物”で、アスベストの使用も問題でしたが、テロのおかげで効率よく解体できたとも書かれています。
 これ以外にも、テロを予測したかのような株取引(航空会社の株が売られ、軍事・セキュリティ関連株が買われた)があったそうですから、ビルのオーナーだけでなく他にも利益を得ていた人たちがいる事は間違いありません。

 これらを踏まえてトンプソンビルの陰謀を妄想すると、例えばビルの設計に重大な問題があることが判明し、公になれば収益が見込めないと考えて、保険が効くうちに崩壊させたとも考えられます。
  

|

« 世界一のビルの大火災(その7) | トップページ | ホビーウィーク2007 »

コメント

お金がなければ、陰謀(テロ)もできないですから、どこからかのお金が流れて、行動が起きたとしても不思議ではないです。
タリバンの資金としてケシの栽培が増えているそうですね。
北朝鮮も贋金とヘロインの問題があるそうです。
実際、お金が社会=世界を動かしているのでしょうか。
YESと言う言葉を口にしたくないと思います。
現実は.....。


投稿: ちゃむちゃむ | 2007年5月13日 (日) 22時30分

ちゃむちゃむさん、いつもコメントありがとうございます。
 北朝鮮と言えば、最近のアメリカは金融制裁解除など驚くほどの譲歩を見せていますが、果たして将軍様はそれにちゃんと応えてくれるんでしょうか? 瀬戸際外交とか色々言われていますが、日本と比べたら遥かに交渉上手なんでしょうね。
 経済社会ですからお金が世界を動かしている原動力なのは間違いないと思います。ただ、他人が死のうが苦しもうが知らん顔して金儲けに走る輩が、世界を動かしているのは何とかしたいものです。

投稿: 雷おやじ | 2007年5月14日 (月) 20時09分

 『陰謀論の罠「9.11テロ自作自演」説はこうして捏造された(奥菜秀次 光文社ペーパーバックス)』を読みました。今までは陰謀論側の本やTVを目にする事がほとんどだったのですが、書店で見かけて反陰謀論の本も読んでみるべきと思った次第です。
 「陰謀論の蔓延は知の衰退を招く」という信念を持つ奥菜氏は、9.11陰謀論の一つ一つの「真相」を解説して、陰謀論は「すべて嘘である!」と論破しています。陰謀論者が主張するあの事もこの事も、そんな簡単なトリックや捏造、検証不足の伝聞だったの?と言いたくなる内容ばかりです。
 どちらの「真相」が正しいのかは、自分でアメリカ政府の公式報告書を読んだり、証拠物を検証しないと判らないというのが正直な感想です。(こんな事を書くと著者に「イデオクラシー」に罹っていると言われそうです。)
 理解できないような、ありえないことが突然おきてしまったため、陰謀論が沸き起こるのは人間の心理かもしれません。どちらの主張が正しいのかは判りませんが、テロで亡くなった方々や、それに続くアフガンやイラクの戦争で被害に遭われた皆さんの命を無駄にしたり、弄んではならないと思います。

投稿: 雷おやじ | 2007年5月19日 (土) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/15045333

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一のビルの大火災(その8):

« 世界一のビルの大火災(その7) | トップページ | ホビーウィーク2007 »