« ガス爆発 | トップページ | 大事なズボン »

2007年6月24日 (日)

アンダーバッド急行

Photo_299  第9話「ペネロープの危機」に登場するANDERBAD-EXPRESSの先頭車両です。サンダーバードの世界では、自動車や原子力旅客機などの交通手段のほかに、長距離の移動にモノレールが活用されているのが目立ちます。

 海水を原料とした高性能のロケット燃料を、サンダーバードの陰の協力者ジェレミー卿と共に開発したボレンダー博士ですが、学会を終えたのちパリ発アンダーバッド行きのモノレールに乗り、行方不明になってしまいます。

 アンダーバッドとはどんな所なのか興味が沸きますが、実在の場所ではなさそうです。インターネットで探したところ、H.I.Sドイツのホームページに「連載・旅エッセイ 欧州鉄道百景」「13.トロント・ユニオン駅に欧州を見つける(前編)」という記事がありました。http://www.his-germany.de/jp/frame_jp.htm

 この中でアンダーバッドについて「スイスの架空の地名。今思えばゴッタルド・フルカ両峠に近いスイスの保養地 Andermatt と悪 bad をひっかけたのだろう。」と考察しています。(鉄道車両のガスタービンのエンジン音からサンダーバードのモノレールを連想するという興味深い内容もあり、サンダーバードファンにもお勧めのエッセイです。)

 そこでスイス政府観光局のホームページでアンデルマットを調べると、ドイツやイタリアに向かう交通の要所として栄え、冬はスキー客で賑わうとありました。http://www.myswiss.jp/area/04/andermatt.htm
 つまり、ボレンダー博士は学会の発表を終えて、静養のために(?)スイスに向かったという事になります。

 アンダーバッドという地名ですが、サンダーバードの語呂合わせか、ジェリー・アンダーソンのアンダーにバッドを掛けているようにも感じますし、悪役のゴッドバー博士の名前もゴッタルドという実在の地名から引用したように思えます。

 アンデルマットについて調べるためにスイスアルプス氷河特急を検索したのですが、美しい風景の写真に魅了されてしまいました。(いつか行ってみたい場所がまた増えてしまいました。) http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/glacierexpress1.html

|

« ガス爆発 | トップページ | 大事なズボン »

コメント

スイス鉄道のツアーのパンフをみると「1度は行ってみたい!」
気候がいいんだろうなっとアイスを食べています。

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年6月30日 (土) 14時58分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 金と時間が許せば、行ってみたいところは沢山あります。ペネロープ嬢のロンドン、フランソワのパリ、アナスタ湖のエジプトに、モンテビアンコ(イタリア)、アンデルマットのあるスイス、ワニ退治にアマゾン?、ジェレマイヤーさんに会いにユタ州も。パラダイスピークでスキー三昧というのもいいですが、南太平洋の離れ島でビーチリゾート気分も満喫したいところです。

投稿: 雷おやじ | 2007年7月 1日 (日) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/15535880

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーバッド急行:

« ガス爆発 | トップページ | 大事なズボン »