« END OF CALL | トップページ | 台風 »

2007年7月14日 (土)

宇宙滞在記録

Photo_303  4月のボストンマラソンに国際宇宙ステーションから参加したサニタ・ウィリアムズさんが、女性としての連続宇宙滞在記録を更新して、先月無事に帰還しました。ウィリアムズさんは、女性としての通算宇宙遊泳記録も打ち立てているそうです。

 男性の連続宇宙滞在記録は、ロシアのワレリー・V・ポリャコフ宇宙飛行士が宇宙ステーション・ミールで達成した438日間です。通算で679日間の宇宙滞在を果たしたポリャコフ宇宙飛行士は「地球を離れた2年間(WAVE出版)」という本を出しています。

 この中で、長期宇宙滞在では宇宙飛行士には多くの心理的負担がかかる事を紹介しています。「地上での生活様式から切り離され、肉親や親しい友人とも離され、情報量が極端に制限されるため、感覚遮断の原因になる。」そうです。

 また「非常に重要な事は、乗組員全員が過密なスケジュールの中で決められた仕事をこなし、フライトプランが上手く進み、管制センターと乗組員の間に互いに満足できる関係が成り立ち、そしてミッションに携わる仲間全員の友情と相互理解が深まることではないかと考える。」と書かれています。

 「宇宙に暮らす(松本信二:監修 裳華房)」には、サリュート7号でのエレーベジェフ宇宙飛行士の日記が紹介されています。「地上から遠く離れ、閉ざされた空間での生活であっても、あるいは逆にそうであるからこそ、地上ではそれほど意識されなかった人間関係が重大な関心事として意識されてくるのであろう。」とあります。

 さて、サンダーバード5号にはジョンが3ヶ月間、アランが1ヶ月間勤務しています。(小生はこの交替周期を採用しています。) 国際宇宙ステーション(ISS)やスペースシャトルは複数の乗組員との共同作業ですが、サンダーバード5号は地球から3万6000キロメートルも離れた宇宙空間にたった一人で滞在しなければならないことを考えると、心理的負担は相当なものと言えそうです。

 しかもジョンと父ジェフ・トレーシー氏の間にはぎくしゃくした関係が見て取れます。ポリャコフ宇宙飛行士、エレーベジェフ宇宙飛行士とも、宇宙長期滞在における人間関係の重要性を指摘している事からも、ジョンの心理面への影響が懸念されます。

 「地球を離れた2年間」には、ミール宇宙ステーションの「長期閉鎖環境における人間の心理サポート」として、管理センターに心理学者と心理生理学者からなる専門グループが常時待機している事や、2.5ヶ月から3ヶ月に一度の運搬船で好みに応じた書籍、雑誌類が運搬されるほか、月に一度の家族や友人との電話交信、月に2回の家族とのテレビ交信が行なわれると紹介されています。

 サンダーバード5号では一日に何度も家族とTV交信されていることでしょうから、その点は問題無さそうです。さらに、番組では描かれませんでしたが、食料などの補給もサンダーバード3号によって定期的に行なわれることでしょう。その頻度もクルーの交替時だけでなく、間に何回か行なえばジョンやアランの寂しさもかなり解消されると思います。(大富豪ですから、頻繁に3号を打ち上げても大丈夫でしょう。)

 問題は、やはりジェフとジョンの関係にありそうです。ジェフがジョンを嫌っているかのように見えるのは、プロデューサーのジェリー・アンダーソン氏の好みが原因のようですが、それはさておき、地上の管制センター(トレーシーラウンジ)との良好な関係が重要なのですから、ジェフはジョンに対してもう少し暖かく接して欲しいものです。
 
 

|

« END OF CALL | トップページ | 台風 »

コメント

もうちょっと、ジョンに優しくしてよね。パパ!と言いたいのですが、不思議ですね。
なにか、あるのでしょうか。
サンダーバードの謎の一つですね

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年7月15日 (日) 14時09分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 ジェリー・アンダーソン氏がジョンの事を気に入らなかったせいもありますが、それ以外にもジェフがジョンに対して冷ややかな感じがする理由に、日本語吹き替え版のジェフの声を演じた小沢重雄さんの「何だね!?ジョン。」という台詞があると思います。ちょっと突き放したような、何か気に入らぬ様子がちょっぴり感じられると言うか、そんな言い方に聞こえます。(英語版が軍隊口調だったのかもしれませんが。)
 いつもは壁の写真がモニターに切り替わってTB5号のジョンが映るのですが、第25話「情報員MI.5」では5号の通信室のモニターにジェフが映る珍しい場面になっています。ジョンはモニターに映るジェフの顔を見ながら、どんな気持ちで交信しているのでしょうか...?

投稿: 雷おやじ | 2007年7月15日 (日) 23時16分

こんばんは。なるほどジェフはジョンにすこし、つっけんどんですか。
ジョンは末っ子でしたっけ。 ひょっとして、ジェフは、女の子がほしかったのに、生まれたのが、また男の子だったのでがっかりしてつらくあたっているという設定かも。 ジェリーとシルビアとの関係がまずくなったことも関係あるかな。たしか二人にも女の子がいなかったようですが。 

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年7月17日 (火) 20時34分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 そーなんです。少しつっけんどんなんです。ジョンは次男(三男説もありますが)でして、末っ子は3号のアランですね。
 大富豪も人の子。人命救助のために国際救助隊を創設したとはいえ、聖人君子でばかりもいられないのでしょう。家族から休暇を勧められれば逆に腹を立てるし、トレーシー兄弟への接し方にも微妙に差が出てます。そんな人間ぽさが、マリオネットを超えた深さを感じさせるのだと思います。

投稿: 雷おやじ | 2007年7月17日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/15756357

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙滞在記録:

« END OF CALL | トップページ | 台風 »