« 驚いちゃいました! | トップページ | 平和だねー »

2007年8月28日 (火)

エジプトからブロードウェイへ

Photo  先々週のこと、夕食を終えてTVを見ていましたら、エジプト考古庁のザヒ・ハワス長官が出ていました。早稲田大学の発掘調査のことも詳しく紹介していたので続けて見ていると、「吉村作治のエジプト発掘40年展」と題する展示会が開催されている事がわかりました。
 路線案内で経路を探索している時に、中野駅が近い事を知り、早稲田と中野をハシゴする事に決定しました。
 ”特撮プロップス倉庫”さんのブログ記事「オタクの殿堂ブロードウェイ」http://blogs.yahoo.co.jp/imaginerjp/16978234.htmlで知った、中野ブロードウェイに行ってみたいと思っていたのです。
 早稲田の40年展は、思っていたよりも展示が地味で、ミイラもありませんでしたが、美しく彩色されたセヌウのミイラマスクや棺、レリーフなどは一見の価値があると思います。吉村教授はじめ早稲田の発掘隊の皆さん、これからも素晴らしい発見が出来ますように応援していますよ!
 さて、いよいよ中野ブロードウェイです。2~4階のホビーショップは、まさにオタクの殿堂と呼ぶに相応しいですね。サンダーバードものを探して、2時間以上もぶらぶらと歩いてヘトヘトになってしまいました。レンタルスペース(ボックス)が多く、サンダーバードだけを扱ったボックスやTBプラモも見かけましたし、バンダイのポピニカ2号などもありました。小生の基準からすれば全体に値付けが高めですが、目の保養にはなるかもしれません。
 驚いたのが定価50円の、小さなトレーシー兄弟のついたプラモデルに8400円もの値段が付いていた事です。恐るべし”当時物”。
 そんな中、今回ゲットしたものはYUJINのサンダーバード・リアルモデルコレクションPART3のスコット人形、バージル人形、ブレインズ人形、2号コンテナ、そしてスカイシップ1です。2号コンテナについているMOLEやファイヤーフライ、4号の可愛いメカもちゃんとありました。あとはサンダーバードチョロQの1号、ジェットモグラ、4号も何となく買ってしまいました。(どれも小生が気安く買える値段のものばかりです。)
 2、3階を見終わって階段に向かうと、4階にもホビーのお店があることを知り、重い足を引きずって上がりました。そこには中古本を扱うお店がありまして、入ったところ目に飛び込んできたのが”サンダーバード”の見出しです。90年代に発売されたサンダーバード関連本がずらりと並んでいました。今まで持っていなかった「サンダーバード・ファイナル(ツインスター編著 ジャパンミックス)」、「サンダーバード スーパーガイド(白夜書房)」、「サンダーバード オフィシャルエディション(ジョン・マリオット著 バンダイ)」、「コンプリート ジェリー・アンダーソン(アダム・ピラーニ著 白夜書房)」の4冊を購入しました。これからじっくりと読みたいと思います。

 すっかり夜になってしまい、ようやく帰り着いて駅を出ると月食でした。
 

|

« 驚いちゃいました! | トップページ | 平和だねー »

コメント

この早稲田の展覧会って「ミイラ」がないんですかぁ~
ショック!楽しみなのにぃ~
雷おやじ様の情報でよかった。
この暑さでコレクションは大丈夫ですか。
ちゃむも集めているお高いリカ&ジェニーが心配で裸みたいな格好です。
本当に今年は暑いですよね。
残暑はどうなるのでしょうか。

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年8月28日 (火) 23時39分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 ミイラは見当たりませんでしたね。でも、何千年も前の遺物をこの目で見る事が出来る喜びはかわりません。
 昨日辺りから雨が降ったりして少し涼しく感じます。人間は勝手なもので、暑ければ不満を言いますし、涼しくなってくると夏の暑さが恋しくなったりします。というわけで暑さを素直に受け入れて、ビールやアイスを美味しく頂いてエンジョイするのがよろしいかと思います...。

投稿: 雷おやじ | 2007年8月30日 (木) 06時46分

こんにちは。 ひとつ、前から思っていたことを思い出しました。1号の発射台のバックの壁にレモン絞り器のようなものがくっついていませんか。たけど、ミニチュアのサイズと比べると少々大きいようですが、グレープフルーツ絞り器かな。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年8月30日 (木) 17時41分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 手持ちの関連本を斜め読みしたのですが、何を使っているのかハッキリしませんでした。「サンダーバード・メカニックファイル(伊藤秀明/柿沼秀樹 双葉社)」に、TB1号の発射サイロに使われたのが中型モデル(推定全長36.8cm)と書かれていますので、絞り器のような部品は直径6cm程度と思われます。絞り器としてはやや小ぶりでしょうか? もしかしたら他の物を流用したのかもしれません。

投稿: 雷おやじ | 2007年8月30日 (木) 22時42分

おはようございます。1号のモデルは以外と小さいのですね。セットとともに小ぶりなのに迫力がありますね。 日本の特撮でサンダーバードに近いのは川北監督の「ガンヘッド」だと思います。「ウルトラセブン」「マイティジャク」などはIRの影響大ですね。でも撮影はメディングスにはかないません。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年9月 1日 (土) 08時29分

スタンリーメタボリックさん、いつもコメントありがとうございます。
 「ファンタスティック コレクション サンダーバード アルバム(伊藤秀明/池田憲章 朝日ソノラマ)」に、スタジオの倉庫の棚に片付けられているTB1号の発射サイロのセットの写真があります。近くに立っているスタッフの身長からも、画面から受ける印象よりもかなり小さなセットである事がわかります。(横幅2mにも満たないとの記述もあります。)
 「ガンヘッド(原田眞人監督)」は劇場で観ました。「特撮の作り方教えます ガンヘッド フォトブック(バンダイ文庫)」を本棚から探し出してパラパラと読んでみました。平成元年の作品ですが、日本の特撮も凄い事をしているんですね。(今はもっと進んでいるのでしょうけれど。) せっかく造りこんでも、映画館の映写機のせいかもしれませんが、画面がひどく暗くて細かいところが見えにくかった印象があります。話が逸れますが、ニム伍長役のブレンダ・バーキさんが役者としてこれから伸びていくといいなーと思っていたのですが、スティーブン・セガールの暴走列車ものにチョイ役で見かけたくらいで残念です。
 「ウルトラセブン」「マイティジャック」がサンダーバードの影響を受けていると聞くと、嬉しくなってしまうサンダーバードおやじです。 

投稿: 雷おやじ | 2007年9月 2日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/16269823

この記事へのトラックバック一覧です: エジプトからブロードウェイへ:

« 驚いちゃいました! | トップページ | 平和だねー »