« エジプトからブロードウェイへ | トップページ | トランスフォーマー »

2007年9月 2日 (日)

平和だねー

Photo  青い空をゆっくりと漂う雲を眺めるとき、ついつい「平和だねー。」とルパン三世の台詞が出てしまいます。
 「ルパン三世 カリオストロの城」で、偽札の謎を解くためカリオストロ公国に向かう途中、愛車のフィアット500のタイヤがパンクして交換する場面です。
 のんびりとした雰囲気から一転して、クラリス姫が乗るシトロエンを追う謎のリムジンとのカーチェイスに移ります。
 この場面を見るたびに、第19話「オートレーサー・アランの危機」のレースシーンを連想するのは私だけでしょうか? また、このゴメツとアランの抜きつ抜かれつの場面で、逆に「カリシロ」を連想したりもするのです。片側がガードレールで、向こうには湖のようなものが見えますし、敵役が車を押し付けて妨害するところも似ています。(まあ、よくある場面なのかもしれませんけれど。)

 そんな事を考えつつ、9月のアイコンはこの場面となりました。カーナンバー2番のアランと、ライバルのカーナンバー7番ビクター・ゴメツがぶつかると2+7=9になるというオチでした...。

|

« エジプトからブロードウェイへ | トップページ | トランスフォーマー »

コメント

「カリオストロの城」のカーチェイスシーンは、かの007「ユア アイズ オンリー」で完全(車種や色までいっしょ)にパクってましたが。(爆)  監督のジョン・グレンがインタビューで、今さらカーチェイスシーンなんてと、回りから反対されたけれども、面白くできるからと押し切ったといった話しをされていた記憶がございます。(「カリ城」は、カンヌ映画祭に出品されていたらしいので、その時にでも見たのかもしれませんけど) 

投稿: 三型 | 2007年9月 4日 (火) 23時22分

三型さん、コメントありがとうございます。
 「007ユア アイズ オンリー」のシトロエン2CVのシーンですね。色も一緒でしたか。ボンドガールのキャロル・ブーケ嬢の凛とした雰囲気は、クラリス姫の役に似合っているかもしれません。(年齢的には少し上でしょうから、背伸びをしている役のリン・ホリー・ジョンソンが近いかも。) ルパン役は誰が似合うか...などと妄想はこれくらいで止めときまーす。
 カリ城の宮崎監督が、「実はあの場面はサンダーバードへのオマージュなんです。」なんて言ってくれたら、サンダーバードファンは大喜びなんですけれどねー。

投稿: 雷おやじ | 2007年9月 6日 (木) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/16321949

この記事へのトラックバック一覧です: 平和だねー:

« エジプトからブロードウェイへ | トップページ | トランスフォーマー »