« エアライン・フライト・バッグ | トップページ | 箱代ですから »

2007年9月21日 (金)

”かれいどスコープ”さん

Photo_3  久々の東京出張で激務(!?)をこなした後は、  ストレス解消にサンダーバード物を探訪の、ぶらり途中下車の旅に突入です。
 今回は「サンダーバード懐古基地」さんのお店紹介記事に載っていました”かれいどスコープ”さんにおじゃましました。東武東上線・大山駅北口を降りまして、徒歩数分のところにあります。(詳しくは「サンダーバード懐古基地」さんの記事をご覧下さい。http://thunderbirds.la.coocan.jp/
 お店のご主人に”懐古基地”さんの記事を読んで訪ねた事を告げると、色々お話してくださいました。1年前にその記事が載った頃は、サンダーバードのプラモデルがたくさんあって、多くのお客さんが来たそうです。現在はあまり多くはありませんが何点かサンダーバードものがありました。
 最初に目に付いたエックスカーのお値段を聞いたところ、5万円ぐらいとの答えにびっくりしました。ではその横のスカイシップ1は...。(それよりちょっと高いそうです。) 小生にはとても買えるお値段ではありません。当時物(初版物)の値段の高さには驚いてしまいます。ご主人がおっしゃるには、初版のサンダーバード2号は50万円出しても欲しいとの事で、更に驚いてしまいました。(店長「ほとんど箱代なんですけどねー。」、小生「そ、そうですね...。」)
 そのほかには、2号のパノラマセットとか、90年代再販の秘密基地、今井の5号とかペネロープ号などがショーケースにありました。その中で小生に手が出せる範囲の「サンダーバード秘密基地Ⅱ」「サンダーバード1号(コロ走行)」「パイロットセット」「MINI CD BOY TB-2&TB-4」の4点を購入しました。再販品なので(希少価値があまり無くて?)定価で良いとの事でしたが、少しおまけして下さいました。
(ありがとうございました!)

 秘密基地のプラモデルを作ったことがあるか聞かれて、まだ作っていないと答えると、ギヤの音がかなり騒々しいと教えてくださいました。こういう事は作ってみないとわからないですよね。集めることはしても、作る楽しみからちょっと遠ざかっていた自分を感じました。模型雑誌に載るようなプロ級の腕では無いことは自分が一番承知していますから、とにかく作って楽しむのが自分に合っているような気がします。

|

« エアライン・フライト・バッグ | トップページ | 箱代ですから »

コメント

ドール系でもありますね。
初期で新品、箱入りのリカちゃんやジェニー(タカラが日本製バービーで売り出したもの)なども「いいお値段」がついてます。
サンダーバードは、やはり「箱」なんでしょうね。
再販でも、気に入ればいいのではないでしょうか。
50万はすごいですね!

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年9月21日 (金) 22時33分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 小松崎画伯の箱絵が描かれた今井科学のプラモデルをこよなく愛する方の中には、お値段を気にしない人もいらっしゃるようです。
 小生はどちらかと言いますとコナミや新世紀合金のようなリアルな方が好みでして、昔の今井のプラモの”TVとちょっと形が違う”とか”このゴムタイヤが雰囲気壊してる”みたいな部分がちょっぴりあります。もちろん、当時の厳しい条件下であれだけのプラモデルを作り出した今井科学の素晴らしさは賞賛に値すると思いますし、子供のころに作った今井のプラモの思い出は今も大切なものです。
 最近はサンダーバードの新しいおもちゃが出ないので(復刻版ZERO-Xは手が届かず...。)、80~90年代の再販版プラモを買って物欲を満たしています。これくらいが、自分の身の丈に合っていると思っています。

投稿: 雷おやじ | 2007年9月21日 (金) 22時48分

こんばんは。イヤー高いもんですね。
ところでテレビ「なんでも鑑定団」は最近こういう物が出なくなっていますね。
いつも骨董や掛け軸ばかりでつまんないです。
サンダーバード物、出ませんかね。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年9月21日 (金) 22時52分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 小生は見逃したのですが「なんでも鑑定団」で、サンダーバードの撮影に使われた本物のパペットが出たそうです。
 鑑定士の北原さんが腰を抜かすようなサンダーバードの逸品が出ないものでしょうか...。

投稿: 雷おやじ | 2007年9月21日 (金) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/16526327

この記事へのトラックバック一覧です: ”かれいどスコープ”さん:

« エアライン・フライト・バッグ | トップページ | 箱代ですから »