« すべての爆弾の父? | トップページ | F-104 »

2007年9月14日 (金)

祝!打ち上げ成功

Photo  日本の月周回衛星「かぐや」を載せたH2Aロケット13号が種子島宇宙センターから打ち上げられ、予定の軌道に入ることに成功しました。
 数回の軌道調整と2個の子衛星の分離を経て、約40日後に高度100kmの観測軌道にうまく入れるか、まだまだ安心できませんが、約1年間の観測が無事に終えられるよう願っています。

 「ロケットの打ち上げはいつ見ても素晴らしい。」は、第3話「ロケット”太陽号”の危機」のジェフ・トレーシーの台詞ですが、今回のイラストは第32話「宇宙放送局の危機」のセンチネル基地から打ち上げられるテルサット4号にしてみました。

 総理大臣が辞任しておかしな事になっていますが、頑張れニッポン!!

|

« すべての爆弾の父? | トップページ | F-104 »

コメント

国産ロケットがんばって欲しいですね!
いつかは月に降りてほしいです。
それまで、長生きだなぁ

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年9月14日 (金) 22時38分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 かぐやはアポロ以来の本格的な月の探査計画ですが、お隣の中国も今年後半に月周回観測を行い、2012年頃の月着陸、2017年には月の土を持ち帰る計画があるそうです。また、インドは来年、無人月探査衛星を打ち上げるほか、2020年をめどに月面有人探査を目指しているそうです。頑張れニッポン!!

投稿: 雷おやじ | 2007年9月14日 (金) 23時03分

こんばんは。「かぐや」は楽しみですね。
メディングスの演出はロケットの打ち上げでも冴えますね。
発射直前のタワーが傾き、ケーブル(アンビリカルコードと言います)が離れて垂れるところなど雰囲気バツグンです。
それから、雷おやじさんご指摘のとおり、そういう時の効果音がちゃんと入っててすばらしい。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年9月15日 (土) 00時06分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 昨年打ち上げられた技術試験衛星「きく8号」は、通信用の大型アンテナを束ねていたバンドが外れなかったり、装置の電源が入らないトラブルがありました。H2Aの打ち上げが成功しただけでは、まだまだ安心できませんね。
 サンダーバードで”太陽号”や”ゼロエックス号”の発進場面をじっくりと見せますが、ジェフに限らずロケットの打ち上げが好きな人にはたまりませんね。
 JAXAのホームページで、今回の打ち上げを見ることが出来ますが(http://www.jaxa.jp/countdown/f13/live/index_j.html)、空想科学”中年”の心を沸き立たせてくれます。

投稿: 雷おやじ | 2007年9月15日 (土) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/16448462

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!打ち上げ成功:

« すべての爆弾の父? | トップページ | F-104 »