« F1日本グランプリ開幕 | トップページ | 2300年未来への旅 »

2007年9月30日 (日)

JINXED PLANE

Photo  3月に高知空港で胴体着陸をおこしたボンバルディア機ですが、その後も世界各地でトラブルを引き起こしています。
 今月だけでもデンマーク西部とリトアニアの空港で、スカンジナビア航空機の主脚が折れて胴体着陸していますし、ミュンヘン空港ではドイツ・オーグスブルグ航空機の前輪が出ず、胴体着陸しています。
 また、昨日は天草エアラインのボンバルディア機が離陸途中に燃料漏れを起こして飛行を中止するトラブルがありました。
  第7話「原子力機ファイヤーフラッシュ号の危機」で、ファイヤーフラッシュの行方不明を報じる新聞です。”縁起の悪い飛行機、飛行禁止”、”ファイヤーフラッシュは災難をおこしがち?”と見出しにあります。第1話、第7話ともファイヤーフラッシュ自体には問題なく、テロや妨害工作が原因でしたが、ボンバルディア機にこれほどトラブルが頻発するとは異常な事態ではないでしょうか。設計に問題があるのか、製造の問題か、メンテナンスの不備なのか分かりませんが、早急に解決しないことには乗客は安心して空の旅を楽しめません。

|

« F1日本グランプリ開幕 | トップページ | 2300年未来への旅 »

コメント

こんばんは。雷おやじさんの記事でイギリスのコメット旅客機のものはありましたでしょうか。あの一連の事故もジンクスでしたね。日本ではホーイング727の連続事故が私の小学校3年生ころにありました。ちょっと操縦にコツのいる飛行機だったのです。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年9月30日 (日) 20時15分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 コメット機が金属疲労により墜落したことは知っていましたが、デハビランド社の製造とは恥ずかしながら知りませんでした。
 この新聞はサンダーバードの場面からのものなのでコメットに関する記事は無いのですが、新聞の後ろの雑誌の表紙にアンディ・ウォーホル風の顔写真や、少年の向こうに立っている宇宙服(?)の人物とか、そちらも何だか気になります。

投稿: 雷おやじ | 2007年9月30日 (日) 20時53分

サンダーバードを見てて小物が気になることが多いですね。
凝ったものがでてくるから、おもしろいです。
これらも細かく手作りなんでしょうけど。

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年10月 3日 (水) 22時58分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 DVD等でよく見てみると、ストーリーに合わせて新聞記事の見出しや写真を切り貼りしてあるのが判ります。他にもおふざけの記事や見出しが貼ってあったりしますので、スタッフが楽しんで作っていた感じが伝わってきます。

投稿: 雷おやじ | 2007年10月 3日 (水) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/16616320

この記事へのトラックバック一覧です: JINXED PLANE:

« F1日本グランプリ開幕 | トップページ | 2300年未来への旅 »