« TinTin Was a Japanese Girl | トップページ | FLY WITH ME! »

2007年10月22日 (月)

ミニ・ゼロエックス号

Photo  先日、祖母の墓参りに行ってまいりました。せっかくの遠出なので、ついつい玩具屋さんに立ち寄りたくなってしまいます。(ご先祖様に笑われそうですが。)

 調べたところ、そう遠くないところに中古玩具のお店がありましたので行ってみました。店内に所狭しと積み上げられたレトロな玩具の数々は、中古ショップお馴染みの光景です。

 積み上げられた商品をそっとどかしながらサンダーバード物を探したところ、このミニ・ゼロエックス号が出てきて驚きました。

 イマイのゼロエックス号のプラモデルは、大型のものはプロポーションが良いのですが、ミニ・ゼロエックス号はデフォルメが過ぎると感じていました。そのため、アオシマよりキャプテンスカーレット版として再販された時も購入しませんでした。

 しかしながら、最近になってミニ・ゼロエックス号も一つ持っていても良いかと感じるようになり、探したところキャプテンスカーレット版(定価)とイマイ版フライングタイプ(箱絵が発進準備完了の写真のもの)を見つけました。イマイ版フライングタイプはプレミア価格なので手が出しにくく購入を控えていたのですが、今回偶然にも80年代のイマイ版を、現行品と同程度の手頃な価格で購入できました。小さな箱にびっしりと部品が入っており、同じ箱の大きさのエックスカーと比べると重さの違いが判ります。

 箱絵に関しては、耐熱コーンの色が銀色で無いため少々違和感がありますし、この角度からではゼロエックス号のプロポーションの良さを感じられないのが残念です。

 今回、ミニ・ゼロエックス号のほかに「サンダーバード1号基地」を購入しました。箱にバーコードが印刷されていますので90年代の再販品と思われます。紙製の台紙を見たときは思わず笑ってしまいましたが、付属の椰子の葉は「秘密基地」のプラモデルについているものよりは本物に近い造りでした。

 これ以外にはサンダーバード物は見つからず、お店の方にも確認したのですが有りませんでした...。

|

« TinTin Was a Japanese Girl | トップページ | FLY WITH ME! »

コメント

こんばんは。
ゼロエックス号はカクカクしたデザインなので、レゴブロックでも作れそうですね。(笑)
ところでエックスカーという、想像上のメカがプラモでありませんでしたか。
あれはコレクターズアイテムになっているのですか。
サンダーバードファンにとって邪道といえば邪道ですが。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年10月23日 (火) 20時46分

あ 失礼しました。
あなたの文章、よく読んでいませんでした。
エックスカーのテレビコマーシャルは覚えています。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年10月23日 (火) 20時49分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 エックスカーはコミック版に登場するレスキューメカだそうで、イマイさんが商魂逞しく(?)プラモデル化したとか。当時は、コンテナセットに入っているエックスカーや、かなりデフォルメ(本物はキャタピラなのに車輪になっているとか)されたレスキューメカでも楽しく遊んでいました。 2007年7月23日 の「灯台下暗し」で、数十年ぶりにエックスカーのプラモデルを購入した事を記事にしましたが、当時のテレビコマーシャルをご記憶とは凄いですね。(小生は物忘れが激しいのか、全然記憶にありません。)

投稿: 雷おやじ | 2007年10月23日 (火) 21時25分

古い在庫品もよく見ないと。同じモノをつかみそうですね、
人形も専門店で失敗しますよ。
なかなか、探すのってたいへんですね。」

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年10月27日 (土) 01時14分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。ブログ”古今東西”順調な滑り出しですね。
 先日ハローマックでFAB1と抱き合わせで1号発射サイロのプラモデルを買った事を記事にしましたが、帰宅後3個目だったことが判明しました! せっせと作るしかないですね。
 サンダーバードは現在、氷河期に入っているので(?)、店頭にも見当たらない事が多く、探すのも大変ですがそれもまた楽しです。

投稿: 雷おやじ | 2007年10月28日 (日) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/16844145

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ・ゼロエックス号:

« TinTin Was a Japanese Girl | トップページ | FLY WITH ME! »