« ノーベル平和賞 | トップページ | TinTin Was a Japanese Girl »

2007年10月15日 (月)

9.11の謎

Photo  今夜の「世界まる見えテレビ特捜部」(日本テレビ系)は、9.11事件の謎を紹介していました。ツインタワーの崩壊に関する公式見解は「ジェット機突入の衝撃と火災によるもの」としていますが、この番組では「爆発物による意図的な破壊」と仮説を立てています。


検証①「タワーは旅客機の突入に耐えられた」
 1945年のエンパイアステートビルへの爆撃機の衝突を教訓に、WTCはボーング707の衝突に耐えられる設計がされていた。海からの強風にも耐えられる設計である。

検証②「ジェット燃料による火災はビルを崩壊させるほどでは無い」
 崩壊10数分前の消防士の無線に、ジェット機突入階の火災が小規模だったとあった。鉄が溶ける温度は1500℃だが、通常の火災は1000℃程度の温度。航空機燃料のケロシンは灯油の一種で、鉄を溶かすほどの高温にはならない。公式見解は「鉄が溶けたのではなく、熱により変形や歪みを生じたためビルが崩壊した」としているが、1988年のロスや2004年のベネズエラ、2005年のマドリッド(20時間以上燃えた)のビル火災でも崩壊は無かった。

検証③「速すぎるタワーの崩壊速度」
 南タワーは約10秒間、北タワーは約8秒間で崩壊した。110階のタワー屋上からビリヤードの球を落とすと約9秒で地上に落下することから、ツインタワーは空中をボールが落ちるスピードで崩落したことになる。

検証④「崩落現場の不思議な状況」
 あらゆるものが粉々に飛び散っていたり、鉄骨が切断している。古いビルを爆破解体する状況に酷似している。

検証⑤「爆発音に関する証言」
 銃を撃つような音がしたり、爆発音がした。7~8階で爆発があったと消防士が証言。NBCのTVレポーターが、ビルに爆発物が仕掛けられたとレポート。

検証⑥「謎の白い煙」
 飛行機の突入とは別の場所から煙が噴き出している。スティーブン・ジョーンズ教授は、地階に溜まっていた金属はテルミットのような爆薬を使用した結果と指摘。テルミットは米軍が使用する爆薬で2500℃もの高温を発生する。溶けた金属が溶岩のように流れていたとの証言もある。

テルミットが使用されていたとすれば、いったい誰が何のために?

検証①「WTCはお荷物」
 1973年に完成したWTCは、老朽化により維持費だけでも高額で、テナントが減る一方だった。アスベストが使用されていたが、撤去費だけで10億ドルかかるとされていた。

検証②「管理者の変更」
 WTCビルは、テロの6週間前にラリー・シルバースタイン氏へ委譲された。シルバースタイン氏は35億ドルのテロ保険をかけ、80億5千万ドルを手に入れた。

検証③「謎の改装工事」
 9月11日の4~6週間前に上部階で改装工事があった。9月8~9日には長い停電があり、停電によりビルのセキュリティが解除され、誰でも自由に出入りできた。

検証④「隠された最大の謎 WTC第7ビルの崩壊」
 47階建てのWTC第7ビル(ソロモンブラザーズビル)はツインタワー崩壊の瓦礫と火災により崩壊したとされているが、第3~第6ビルの損傷に比べて軽微だった。約6.5秒で崩壊しており、ビルの爆破解体にそっくりである。
 BBCの生放送で、第7ビル崩壊の23分前に第7ビルの崩壊についてスタジオとやりとりする不可解な場面がある。ただの間違いかもしれないが、ビルが壊される事を事前に知っていた可能性がある。第7ビルの持ち主もシルバースタイン氏。

現在、跡地には高さ540メートル、総工費20億ドルのフリーダムタワーを建設中。

はたして真実はどこに....。

 9.11関連の疑惑本の内容を要約したような番組でしたが、やはりアメリカ政府の”公式見解”は変ですよね。このきな臭さがブッシュ政権に繋がっている気がしてなりません。

ツインタワーの崩壊場面を見るたびに、第5話「世界一のビルの大火災」のトンプソンビル崩壊を連想してしまう、不謹慎な雷おやじです。

|

« ノーベル平和賞 | トップページ | TinTin Was a Japanese Girl »

コメント

あれって、何だかヘンですよね。
すごーくあやしい。誰か告発しないかな!

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年10月17日 (水) 23時48分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 そーなんですよ。すごーく怪しいんです。陰謀論を唱える方々はアメリカの自作自演と言っていますが、少なくともブッシュ大統領は9.11のテロを利用して世論を軍事行動に誘導し、アフガンやイラクへ戦争を仕掛けたことは間違いありません。その戦争の目的がテロ対策ではなくて石油であることは、連邦準備制度理事会(FRB)のグリーンスパン元議長も回顧録で認めています。
 6年前に見たタワーが崩れる映像は、ビルの爆破解体にそっくりでした。その真実が明らかにされる日は訪れるのでしょうか? 9.11の調査が十分に行なわれたとは思えませんし、証拠となる残骸はさっさと処分されました。
 すごーく怪しい...。

投稿: 雷おやじ | 2007年10月18日 (木) 21時35分

 9.11テロで婚約者を失い、自らも大火傷を負いながら世界貿易センタービルから脱出した悲劇の体験談で有名な、「世界貿易センター生存者ネットワーク」代表の女性の証言が、「ほとんどでっちあげか、嘘の可能性が高い」と報じられたそうです。(参考:静岡新聞より)
 この報道が事実とすれば、いったい何の目的でそんな事をしたのでしょう? 3000名もの尊い命が奪われて、その家族や友人は癒されぬ悲劇を抱えていることでしょう。その人たちの心を更に傷つける行為に他なりません。

 パキスタンではブット元首相を狙った爆弾テロで130名以上の命が奪われました。自分の利益や目的のためならば、人を殺しても構わないと思うような人間が、世の中に多すぎます。平和、共存、友愛、助け合いなんて、甘い理想に過ぎないんでしょうか。

投稿: 雷おやじ | 2007年10月21日 (日) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/16771109

この記事へのトラックバック一覧です: 9.11の謎:

« ノーベル平和賞 | トップページ | TinTin Was a Japanese Girl »