« 駒形屋さん | トップページ | ノーベル平和賞 »

2007年10月12日 (金)

LIMITED EDITION??

Photo  先日、ハローマック富士店に行きました。あまり期待していませんでしたが、プラモデルのコーナーにアオシマ/ハピネットの青いプラモデルの箱が見えます。いそいそと近づくと「電動プラスチックモデルキット サンダーバード秘密基地」が1つ残っていました。
 イマイの96年ごろの再販版を持っているのですが、作らずにとっておきたい気持ちがありますので、アオシマ版を手に入れて作ってみたいと思っていました。値段を見ると処分特価の2000円でしたので、購入決定です。
 その他のサンダーバードプラモデルは、ペネロープ号やサンダーバード1号、1号の発射基地の3種類でした。値段はどれも2000円と、何で処分価格では無いのだろうと不思議に思ってよく見ると、2つのプラモデルがビニールで一つに包装されており、セットで2000円でした。
 どれも既に持っているものばかりでしたので買わずにおこうと思ったのですが、ペネロープ号の箱に”限定”と書かれた金色のシールが貼ってあるのが気になります。悩んだ末に1号発射基地とのセットを購入しました。
 家に帰って蓋を開けてみても、通常のペネロープ号と変わりありません。不思議に思ってサンダーバード関係のホームページを検索したところ、”THUNDERBIRDS COLLECTION(http://www1.bbiq.jp/omura/index.html)”さんの記事”ハピネット 1/32「ペネロープ号」”で、ハローマックで限定販売していただけという事を知りました。アオシマ版1号の限定バージョンは部品がメッキされていたり、2号の限定バージョンは蓋の内側に小松崎画伯の箱絵が印刷されていたそうですが、このハローマック限定販売ペネロープ号にはあまりメリットが無かったようです。商魂逞しいと言うべきか、狐につままれたようで何だか後味が悪いのですが、処分価格なので我慢できます。
 さて、いよいよ秘密基地建造計画始動(?)ですが、計画倒れにならないよう頑張らねば...。

|

« 駒形屋さん | トップページ | ノーベル平和賞 »

コメント

こんばんは。いつも楽しく拝見しております。

この度は、私のホームページから引用していただき大変、光栄です。(*^_^*)
少しでもお役に立てたのであれば、とてもうれしいです。

雷おやじさんの文章力と発想力には、いつも感心させられています。
一見、サンダーバードとは関係のないような事柄を、見事に結び付けられているので、
毎回の更新が楽しみです。心からサンダーバードがお好きなんだなあと思います。

私の場合、趣味がコレクションに偏りすぎてまして、内容の方はあまり詳しくありません。(^_^;)
雷おやじさんを見習わないといけませんね。

これからも、がんばって続けてください。
「サンダーバード妄想日記」のファンより。

投稿: オームラ | 2007年10月13日 (土) 01時07分

おはようございます。
私がほしかったのは、砂漠などを走る、後ろがキャピラで前が車輪のトラックです。これはモデルとしてありますか。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年10月13日 (土) 09時54分

オームラさん、コメントありがとうございます。
 以前からオームラさんのホームページを拝見しておりましたが、ペネロープ号の記事をハローマックの売り場ではすっかり忘れてしまい、迷いながらも購入した次第です。オームラさんの記事が無ければ、答えを探して悶々としていた事と思います。おかげでぐっすり眠れました。
 小生の駄文をお楽しみ頂き光栄です。新聞を読むのが日課でして、ついついサンダーバードと絡めて考えてしまう毎日です。
 自分はコレクション派では無いと思っているのですが、このところサンダーバードの”お買い物”が多くなっています。サンダーバード玩具の新作が出ない影響と思いますが、イマイ製プラモデルの味わいが好きになってきました。(価格的には80年代物が小生の限界かもしれません。)
 ”パーフェクトカタログ”を持っていませんので、サンダーバードコレクターさんのサイトを頼りにしています。これからもよろしくお願いします。

投稿: 雷おやじ | 2007年10月13日 (土) 20時45分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 ピラミッドを探す探検家や、アナスタ湖を探検するブレインズたち、そして悪漢フッドがよく使うハーフトラック「サンドカー」ですね。残念ながらプラモデルや玩具は無さそうです。ホビージャパンの1992年11月号のサンダーバード特集では、TB1号のディオラマに1/72AFVのパーツを利用したスクラッチモデルが載っています。
 後部の足回りはジェットモグラと共通ですから、車体と前輪を何とかすれば作れそうですね。

投稿: 雷おやじ | 2007年10月13日 (土) 20時56分

雷おやじさん。情報ありがというございます。
やはり製品にはなっていませんか。
そうですね。キャタピラはモールと同じなんです。
「コンバット」に出てくる装甲車とか、ああいうものが好きなんです。でも不器用だから、とても造れません。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年10月13日 (土) 21時54分

パーフェクトカタログは、サンダーバードコレクターのバイブル的な本なので、是非1冊入手されることをお勧めします。
世の中に存在するサンダーバードグッズは、ほぼ網羅されているすごい本です。でも、ごくたまに掲載されていない物を発見し入手できると、すごくうれしいです。
パーフェクトカタログに載っていないものを見つけるのが、今の私の生きがいです。(*^_^*)

ただし、発行が1999年9月なので、当然それ以降の情報はありませんし、今回のペネロープ号も載っていません。

投稿: オームラ | 2007年10月14日 (日) 18時37分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 サンドカーですが、小生が知る範囲では製品は無さそうです。やはりここは、コナミの食玩やMOLEのプラモデルで自作するのが一番の近道ですね。
 タミヤのプラモデルで第2次大戦のドイツのハーフトラックや戦車を作った事を思い出しました。アメリカの戦争映画に出てくるドイツ軍のハーフトラックは、アメリカ軍の物に鉤十字を描いただけなので、模型小僧はいつもがっかりしていました。

投稿: 雷おやじ | 2007年10月14日 (日) 21時38分

オームラさん、お勧め有難うございます。
 最近、古めのTBプラモを買うのが楽しくなってきましたので、「サンダーバードプラモ&玩具博物館」を手に入れたいと思っていました。これを機会に購入したいと思います。
 1999年の発行から何年も経っていますので、そろそろ伊藤さんに改定増補版を出して頂きたいですね。

 今日、懲りずにハローマック富士宮店(前回は富士店)に行ってみました。”限定”FAB1のみが5個ほど積み上げられていましたが、単品で定価+消費税の2100円の値札が貼ってありました。どうして店舗が違うとこんなに売り方が違うのでしょうか? 実に不思議なチェーン店です。

投稿: 雷おやじ | 2007年10月14日 (日) 21時57分

 ハローマック富士店と富士宮店が同時に完全閉店すると聞き、富士店を覗いてみました。玩具やプラモデルなどが、レジで30%OFFとの事です。サンダーバードのプラモデルは特価品の台にありましたが、FAB1とTB1のセットやFAB1とTB5(&TB3)のセットが各2000円で、前回と同様でした。FAB1の単品が500円でした。同じものを幾つも買ってもと思い、今回は買わずに帰りました。

投稿: 雷おやじ | 2007年12月22日 (土) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/16739897

この記事へのトラックバック一覧です: LIMITED EDITION??:

« 駒形屋さん | トップページ | ノーベル平和賞 »