« 指静脈認証 | トップページ | 影響されやすくて »

2007年11月 6日 (火)

悩んだ末に

Photo  昨日、このゼンマイミニ2号を購入しました。以前からこのお店に置いてあるのは知っていたのですが、自分の基準からすると少々高めのお値段だったので買わずにいました。何度か通ううちに気になってしかたありません。いよいよ我慢できずに購入した次第です。

 付属のエレベーターカーをコンテナに積めるサイズの2号は、何度か作った記憶がありますが、このミニ2号は覚えがありません。

 川嶋さんのホームページhttp://www.sunfield.ne.jp/~kawasima/tb/kit/imai/index.htmlの「ミニ・サンダーバード2号の系譜」で、箱の型番(B-072-300)や証紙の色、ゼンマイハンドルの色(白)などから83年~84年のものと確認できました。どうやらお店のご主人はゼンマイが付いているから70年代のものと思っていたようです。(だから値段が高めだったのかもしれません。)

 小松崎氏の箱絵は、ビデオが無かった頃のプラモ少年にとって、TVの場面を思い出させてくれる貴重な資料でした。たまにサンダーバードの特集記事が載るような少年漫画誌も小生は満足に買えませんでしたので、自分にとってのサンダーバードの資料は今井のプラモデルしか無かったように思います。
 箱絵に製作意欲を掻き立てられながら、指でパーツをむしり取って(当時はニッパーで切るという概念がありませんでした。)、チューブのセメダインをはみ出させながら組み立てて、無塗装(プラモデル用塗料も流通していたのかどうか?)のまま悦に入っておりました。
 
 毎月5日はこのお店のセールのようで、2000円以上の購入で10%OFFなのだとか。それにつられた訳ではありませんが、バンダイ「TBメカコレクションシリーズ」のミニ・サンダーバード1号、ミニ・サンダーバード3号、ミニ・サンダーバード4号も買ってしまいました。

 最近、伊藤秀明さんの「プラモデルは作ってナンボ、玩具は遊んでナンボ」という名言が頭を離れません。買うだけで作らずに積んでいたら、それらの物の価値は活かされないと思うようになりました。

|

« 指静脈認証 | トップページ | 影響されやすくて »

コメント

やはり、箱から出して遊ばないと。
わかっているんですけど、出していない人形がぁ~
箱に入れたまま、眺めています。
「出すときは、いつでも出せるぅ」
いつになったら........出せるのか~

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年11月 7日 (水) 22時06分

プラモデルという言葉は、たしかマスダヤ?の登録商標だそうで、英語ではなんというのでしょうか。PLASTIC MODELでしょうか。 NHKではプラスチック模型と呼んだと思います。 ラジコンは無線操縦といいますね。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年11月 8日 (木) 08時42分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 箱に入っているものはまだ良いのですが、透明プラスチックのカバーに裏の台紙が密着しているパック形式(ブリスター?)の玩具は、どうやって開けようかと悩んでしまいます。思い切ってベリッと剥がすと、せっかくの印刷が剥がれたりして何だか勿体無い気がするのです。
 転売するつもりが無いのに、食玩の箱も上の切り取り線をベリっと切らずに、何故か箱の下から開けてしまう癖があります。我ながら何だか貧乏くさいですね...。

投稿: 雷おやじ | 2007年11月 8日 (木) 22時29分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 「プラモデル」という呼び方が、特定のメーカーの商標という話は聞いた事があります。「プラモケイ」などと、少し力が抜けてしまうような呼び方をするメーカーもあったと思います。やはり「プラモデル」が一番呼びやすいですね。

投稿: 雷おやじ | 2007年11月 8日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/16998149

この記事へのトラックバック一覧です: 悩んだ末に:

« 指静脈認証 | トップページ | 影響されやすくて »