« 七人に一人 | トップページ | 秘密基地製作計画! »

2007年11月23日 (金)

小さなお客様

Photo  夏休みに子供が韓国へ2泊3日のホームステイをしました。
 今日、そのホストファミリーさんから、小学校4年生の女の子が我が家にホームステイに来てくれます。
 韓国で歓待していただいたお礼のお手紙も、お名前や住所がわからないまま出せずにいました。
 10月末に交換ホームステイが決定して、ようやく先方の連絡先がわかり、お礼と楽しみに待っている事を手紙で送りました。(翻訳はNPOの係の方にお願いしましたが。)
 言葉は通じなくても、日本での3日間を楽しく過ごしてもらえるよう、我が家も”小さな国際交流”を頑張りたいと思います。
 
 さてサンダーバードでトレーシー島に子供が訪れるのは3話ありますが、今回は第18話「秘密作戦命令」のチップ少年の場面です。オーストラリアの火災現場で、2号の扉を開け放しだったばかりにチップ少年が入り込み、そのまま秘密基地に来てしまいます。
 おかげでジェフ・パパに叱責されるヴァージルたちですが、小さな訪問者の無邪気な好奇心が、トレーシーファミリーの心を和ませます。

 それでは ”ト マンナヨ”(また会いましょう)

|

« 七人に一人 | トップページ | 秘密基地製作計画! »

コメント

トレーシーも、少年じゃなくて、女の子だったら態度が違ったかもしれませんね。一人くらい女の子が欲しかったと思います。
兄弟の中に女性隊員がいれば、また違った面白い脚本ができそうです。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年11月24日 (土) 08時28分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 2号のコンテナの扉から出てきたのが女の子だったら...確かにトレーシー氏の反応も変わったことでしょうね。このお話の時には、おばあちゃんやミンミンが顔を出さなかったので、男性陣だけでチップ君の相手をしていました。過去のレスキュー場面の映像を活用したお手軽なストーリーでしたが、女の子やミンミンたちが出てきたら話の展開も変わったことでしょう。
 メカの活躍や災害救助といった事からも、男の子向けの番組のせいか、サンダーバード全話とも女の子は登場しなかったと思います。

投稿: 雷おやじ | 2007年11月24日 (土) 11時26分

 韓国から来た小学校4年生のへジュンちゃんは、こちらのカタコト英語(英単語の羅列)と韓国語会話集の指差しを、察し良く理解する聡明な女の子です。さらに我が家のピアノでトルコ行進曲をさらりと弾いて腕前を披露してくれました。なかなかやるじゃないのへジュンちゃん!
 今日は夕食に御殿場市の「時之栖」へ行きました。地ビールやスポーツの合宿施設、ホテルや温泉などがありますが、昨日から始まったイルミネーションを見るのが目的です。毎年この時期になると盛大に開催されるのですが、今年はまた一段とスケールが大きくなっていました。奥の方では大きな気球にお客さんを交代で乗せて、高度10mほどまで上がっていました。
 ”小さな親善大使”にとって、日本の良い想い出になったのではないかと思います。明日はもう帰ってしまうなんて、寂しいです...。

投稿: 雷おやじ | 2007年11月24日 (土) 22時50分

 ヘジュンちゃんたちは午前中に富士山を見学して、夕方の飛行機で帰国しました。寂しくはありますが、気を遣っていたせいか、どっと疲れが出ました。
 別れ際に、会話集の「アンニョイ カセヨ(さようなら)」「ト マンナヨ(また会いましょう)」を指差すと、にっこりと頷いてくれました。元気でね、ヘジュンちゃん。

投稿: 雷おやじ | 2007年11月25日 (日) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/17160767

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなお客様:

« 七人に一人 | トップページ | 秘密基地製作計画! »