« 秘密基地製作計画!(その3) | トップページ | ノーベル平和賞 »

2007年12月11日 (火)

BRASIL MARU

Photo  世界最大級の鉄鉱石運搬船「BRASIL MARU(ぶらじる丸)」が完成し、ブラジルに向けて出航したそうです。
 「船の全長は東京タワー(333m)よりも長い約340mで、幅は約60m。積載量は約32万トンで年間140万トンを輸送する計画。」
 「原油高で燃料の重油価格が上昇する中、現在主流の20万トン級の船よりも燃料コストを削減できる。」(静岡新聞より)

 サンダーバードに登場する輸送船といえば、第16話「オーシャンパイオニア号の危機」に登場するタンカー、オーシャンパイオニアⅠ世号とⅡ世号です。
 50万トン級という超大型ケミカルタンカーで、液体燃料アルステリンを運搬中に地中海沖で謎の爆発をおこして沈没してしまいます。エンジンは原子力で、50ノットという高速航行が可能なうえ、オートメーション化により乗組員は僅か3名となっています。

 「完全版サンダーバード全記録集4(集英社)」の「ゲストメカ・クローズアップ 2065年を彩る未来の艦船!」によれば、船上でホバリングするTB2号との比較から、オーシャンパイオニア号を全長200mクラスの中規模タンカーと推定しています。
 現在主流の大型タンカーが、全長320~360mの30万トン級との事ですから、オーシャンパイオニア号は全長が中規模ながら、積載量が1.5倍以上あることになります。これも技術の進歩でしょうか?

 犬の餌の原料「OD60」が地中海に養殖目的で散布され、これと液体燃料アルステリンが接近する事により爆発するという、まさに「想定外」の事態で2隻のタンカーは沈没してしまいます。原子力エンジン搭載ということもあって、地中海の汚染が気になるところです...。

|

« 秘密基地製作計画!(その3) | トップページ | ノーベル平和賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/17342658

この記事へのトラックバック一覧です: BRASIL MARU:

« 秘密基地製作計画!(その3) | トップページ | ノーベル平和賞 »