« 自動翻訳 | トップページ | ショッピングセンターで »

2007年12月 3日 (月)

秘密基地製作計画!(その2)

Photo 秘密基地キットの島の周りに海を表現したいので、土台と枠を作る必要があります。ホームセンターで、材木コーナーを見たのですが、なかなかイメージに合うものがありません。

 そこで、以前から気になっていたアクリルのコーナーへ向かうと、手頃なサイズの透明アクリル板がありました。(900×600×2mmで2000円程でした。) この板から420×315mmの底板と、高さ10mmの枠を作りました。この大きさにした理由は、アオシマのキットの箱に収めて収納しやすくするように、箱のサイズに合わせてみました。(本当はもう一回り大きくして、海を広くしたかったのですが。) 枠の高さを10mmにしたのは、キットの海の部分の高さが10mmほどだったためです。

 アクリル板をカットするには、プラカッターが一番です。100円ショップで購入した50cmの金属製定規も活躍しました。板の厚さの三分の一ほどの溝をカッターで掘りますが、この時にキーキーと大きな音が出て、家族のヒンシュクを買いました...。2mmという厚さでは強度が不足するかもしれないと思いましたが問題ありませんでした。加工のし易さからも、ちょうど良い厚みでした。

 直線は簡単にカット出来ますが、底板に島の形の穴を開けるのが大変でした。(島の裏側に発射ギミックを取り付ける関係で、底板に穴を開けるか、取り外し式にしなければなりません。)  ホビー用電動ツールの丸鋸を押し当てて、少しずつ削っていきましたが、もう少しというところでポキっとアクリルが折れてしまった箇所が...。

 部品の切り出しが終わると、いよいよ接着です。アクリル専用の接着剤を初めて使いましたが、プラモデル用の接着剤と違って、さらさらと水のように流れるタイプです。部品をセロテープで仮止めしてから、接合面に付属のスポイトで流し込むと、毛細管現象で隙間にスーっと入り込んでいきます。こんな水のような接着剤で大丈夫なのかと思いましたが、30秒ほどで固まった感じがします。5分で接着が完了するとあって、木材ではなくアクリルにして良かったと思いました。接合するコーナー部分には、3mmの三角棒を一緒に接着して強度を高めました。

 さて、いよいよ島を接着するのですが、プラスチックをアクリルに接着するのには、どんな接着剤が良いのか分かりませんでした。そこで、「NOMO KEN/野本憲一モデリング研究所(ホビージャパンMOOK)」の接着剤のページを参照したところ、セメダインSUPER-Xが適している事を知り、早速ホームセンターへGO! 無事に接着する事が出来ました。

(今日はここまでです。写真を追加しました。)

|

« 自動翻訳 | トップページ | ショッピングセンターで »

コメント

土台作りから、楽しめていいですね。この秘密基地は再販でしたよね。かなり、昔のものですか?
と、いうのは「ワタシの父が昔、作ったサンダーバードの基地」かなと思い出したので。
ワタシの記憶では小さなメカと2号のコンテナがあったような(かなりいい加減ですが)
出来上がるのが、楽しみです。

投稿: ちゃむちゃむ | 2007年12月 3日 (月) 23時08分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 お父様が秘密基地を製作されたんですか。このキットの初版は昭和43年ですが、当時の価格で2200円というバブリーなものでした。お父様もサンダーバードのファンだったのでしょうか?
 初版キットの詳細については「サンダーバード懐古基地」さん(http://thunderbirds.la.coocan.jp/)で詳しく紹介されています。

投稿: 雷おやじ | 2007年12月 3日 (月) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/17266629

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密基地製作計画!(その2):

« 自動翻訳 | トップページ | ショッピングセンターで »