« クローン食品解禁 | トップページ | 夜の出張はアキバへGO! »

2008年1月18日 (金)

芸術家

Photo  レオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」のモデルが、フィレンツェの豪商人フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻リザであることを裏付ける決定的証拠を、ドイツのハイデルベルグ大学図書館が発見したそうです。
 同図書館所蔵の古書の欄外に、「ダビンチは今、リザ・デル・ジョコンドの肖像を描いている」との、フィレンツェの役人による書き込みがあったとか。この書き込みはダビンチがモナリザを描いていた時期と重なるそうで、同図書館は「今回の発見でモナリザの身元をめぐる全ての疑念が払拭された」としています。

 また昨年、同じくダビンチの「最後の晩餐」に音符が隠されているとの新説を、イタリアの音楽家ジョバンニ・マリア・パーラ氏が著書「隠された音楽」で発表しました。食卓に並んだパンを線で結び五線の一番下の線とし、絵に五線を引きます。弟子の手の位置やパンの位置に音符を置き、右から弾くと40秒間ほどの荘厳なレクイエムに聞こえるそうです。(参考:静岡新聞)

 さてトレーシー・ファミリーで一番の芸術家と言えばヴァージルをおいて他にありません。第19話「オートレーサー・アランの危機」のラストでは、優勝したアランをモデルに絵を描きますが、出来上がったのはこんな抽象画でした。優勝トロフィーは判りますが、小生にはどうしてもアランに見えません。
 レース後にゴメツ一味の陰謀で、おばあちゃん共々サン・ミゲル橋で身動きできなかったアランですが、絵のモデルとしても微動だに出来ずイライラが溜まっていました。作者ヴァージルや、よく似ていると評したスコットに、エレベーターで仕返しをするのも無理からぬ事です。
 

|

« クローン食品解禁 | トップページ | 夜の出張はアキバへGO! »

コメント

スーパーマリオネーションでも歩いているシーンは苦手なんですよね。
だから、じっと動かないシーンばかりの場面ストーリーになってしまいます。

投稿: スタンリーメタボリック | 2008年1月20日 (日) 13時22分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 そうですね。歩いているシーンはあまり得意ではありませんね。空中バイクに乗った移動や、椅子に座らせるなどで歩行場面を極力少なくしている感じがします。パペットは上からの操りだけでなく、場面によっては床下から棒で操作したようです。

投稿: 雷おやじ | 2008年1月20日 (日) 20時26分

「オートレーサー....」のアランとおばあちゃんの橋のシーンはハラハラものですね。
ヴァージルって、とぼけたところがいいな!

モナ・リザはダヴィンチが死ぬまで、手元に置いてあった絵と聞いています。つながりの深い絵なんでしょうね。好きな人だったのかしら。謎ですね。

投稿: ちゃむちゃむ | 2008年1月20日 (日) 22時42分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 「オートレーサー・アランの危機」は橋の上で身動きできない設定ですが、物語の進行を時間に沿った流れにせず何度も回想場面を挟む凝った造りが特徴的ですね。

 先ほどのフジテレビの番組でも、モナリザの秘密について採り上げられていました。リザ・ジョコンドとの関係について、ダビンチの父親がジョコンド家の公証人だった事や、ジョコンド家の近くにダビンチのアトリエがあった事などが紹介されていました。
 モナリザの秘密は永遠に謎のままでいて欲しいと安藤アナが言っていましたが、決定的証拠が発見されてもまた新たな発見がありそうなのが、ダビンチの魅力ですね。

投稿: 雷おやじ | 2008年1月20日 (日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/17741653

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術家:

« クローン食品解禁 | トップページ | 夜の出張はアキバへGO! »