« 異能の画家 | トップページ | 祝!南極点到達 »

2008年2月 4日 (月)

劇的改造?ビフォーアフター

Photo  遅々として進まない「秘密基地作成計画」ですが、細々と作っております。トレーシーヴィラの改造に1ヶ月もかかってしまいました。
 キットのままですと2階部分の横幅がやや足りない感じがして、プラ板で広げてみたのが始まりで、あれこれ気になる所に手を加えてみました。
 2階の窓は一番目立ちそうな部分なので、箱絵のような半開き風に作ってみました。その窓の左横の壁も、箱絵では縦の線が入ったパネル風なのでプラ板に筋彫りを入れてあります。
 手摺には苦労しました。箱絵に描かれているような細かい手摺は、小生には自作不可能ですし、ウォーターラインの軍艦用エッチングパーツ(高価!)を使う程の物でもないので、薄いプラ板で切り出してみました。
 煙突はキット付属のデカールでは箱絵の雰囲気と違うので、筆で塗ってみましたが色が濃すぎたようです。その周りの物干し台(?)も1mmプラ棒で作り直しました。
 アンテナは巨大すぎるので2周りほど削り、支柱も長いので箱絵の感じに近づけるように短くしてみました。アンテナ中央の突起は削り落として、ピアノ線を挿してみました。アンテナ後部の部品は邪魔なので取付けませんでした。
 1階の構造がよく判りませんが、キットのような長方形ではなく、左側が奥に引っ込んでいる形のようです。このため、屏風状になっている部分を切り離して、逆向きに取り付けて凹ませてみました。
 2階の幅を広げたので、そのままでは1階のバランスが悪く見えますので、1階の右側を少し広げてあります。

 ここまで手をかけても、仕上がりの悪さはどうにもなりません。老眼と不精のせいで、細かい部品の切り出しを丁寧にしなかったり、部品を接着する時に隙間が出来たり、塗装もいい加減ですし、接着剤を付けた部品が跳ねて塗装した部分が汚れたり。
 それでも、秘密基地のプラモデルを作った人は沢山いると思いますが、ここまで改造した人は少ないのではないかと.....。
 写真を更新しましたので、よかったらご覧下さい。

|

« 異能の画家 | トップページ | 祝!南極点到達 »

コメント

楽しみにしておりました。
2号の椰子の木に行くかと思いましたが、そっちでしたか^^)
自分で作るのがめんどくさいので、出来ていくのがとても楽しみです。
趣旨は「箱の絵にこだわる」でしょうか?
アンテナは無くてもいいかな、っと思ってたのですが…
あの建物の形がすべてわからないのが、何とも…
素敵な雰囲気のデザインですね。
以前、自宅を改造しようか?と思ったこともありますが、
全然共通部分がない日本家屋ですので諦めました…
次回の写真お待ちしてます。^^)

投稿: ひげおやじ | 2008年2月 5日 (火) 00時06分

ひげおやじさん、コメントありがとうございます。
 そうなんです。小松崎画伯のパッケージアート風に作るのが目的なんです。それと出来るだけギミックを加えられたらいいなと思っています。
 トレーシーヴィラの屋根のアンテナはTVに全然登場しないので取り付けたくなかったのですが、上記の「基本コンセプト」に従って取り付けました。
 ヴィラの構造は、はっきり判りませんね。先日ご紹介したBIG MODELのカタログにプール方向から撮影された写真があって、1階の形が真四角では無いことを確認できました。あとは箱絵の雰囲気を出そうと、適当にアレンジしてみました。

投稿: 雷おやじ | 2008年2月 5日 (火) 21時30分

アンテナって箱の絵に合わせてあるのですか?
ワタシの記憶違いかと思いましたが。
内部は大変ですよね~

投稿: ちゃむちゃむ | 2008年2月11日 (月) 21時25分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 トレーシー・ヴィラの屋上のアンテナは、本編には登場しないと思います。イマイの設計者が付けたのではないでしょうか? 劇中では島の裏手にある高いアンテナの修理を、2号から吊り下げられたアランがやっていました。

投稿: 雷おやじ | 2008年2月11日 (月) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/17950018

この記事へのトラックバック一覧です: 劇的改造?ビフォーアフター:

« 異能の画家 | トップページ | 祝!南極点到達 »