« やっと買いました! | トップページ | こんなの欲しいです! »

2008年2月29日 (金)

中野ブロードウェイ再訪

Photo  久々に”オタクの殿堂”中野ブロードウェイを訪れてみました。
 前回訪れた際、サンダーバード物は自分の基準からすれば高めの値段が多かったので、手頃なものを1~2品でも購入できればと思っていたのですが...。
 実際にお店を見て回ると、普段自分が行くお店には無い商品があれこれありまして、ついついお財布の紐が緩んでしまいます。
 結果としてこちらのイマイTB2号、バンダイTB2号、バンダイTB4号、バンダイTB5号、イマイ磁力牽引車、YUJINリアルモデルコレクションPART3のスコット、ヴァージル、着陸脚付のTB1を購入しました。
 古本屋さんでは、念願(?)の「サンダーバード・プラモ&玩具博物館(伊藤秀明/ケイエスエス)」をはじめとして、「テレビランド増刊 サンダーバード特集号(徳間書店)」「ロマンアルバム増刊 サンダーバード(徳間書店)」、そして「小松崎茂サンダーバード画集(オークラ出版)」を入手した次第です。

 このイマイ製TB2号の蓋を開けてみたところ、後ろに曲げて折りたたむ赤い脚に懐かしさがこみ上げてきました。子供の時にこれでよく遊んだものです。以前入手した一回り小さな2号にはコンテナセットのコンテナが嵌らないので、このサイズの2号が欲しかったんです。尖り気味の機首や、全然形の違う高速エレベーターカーも、昔は全然気にしないで楽しんでいました。機体の緑色とノズルの赤い成形色が劇中の雰囲気を見事に再現しているのが素晴らしかったですね。
 バンダイのTBプラモを買うか少々悩んだのですが、後で後悔するよりは買ってしまおうと決めました。(以前、秋葉原でイマイ製スカイシップ1の再販プラモデルを見かけたのですが、荷物になると思って買わなかったのが、今頃になって心残りになっていますので...。) バンダイTB2号は機首下にバンザイをしたマークがある以外は、イマイのものと全く同じようです。

 さて小松崎画伯のパッケージイラストですが、ロンドン空港でファイヤーフラッシュを無事救助できた場面となっています。第1話「SOS原子旅客機」では、高速エレベーターカーのラジオコントロール3号が操縦不能、ヴァージルが乗るマスターエレベータカーはクライマックスで横転してしまいますが、このイラストでは3台のエレベーターカーに支えられて無事に停止しています。TB2号と1号は基地へ帰還するために離陸しているようにも見えます。高速エレベーターカーはロンドン空港に置きっぱなしで良いのでしょうか...?

|

« やっと買いました! | トップページ | こんなの欲しいです! »

コメント

この第一話は強烈な印象を残しています。
私の親父も特撮好きでしたが、ロンドン空港とFF号のたたずまいは実写に見えたようです。
エレベーターカーが、コンテナから出てくるところは、ちゃんと車輪やリフトのサスペンションが動いていて、オマケにちゃんと土煙が噴出して、重量感のある最高のミニチュア特撮でした。
滑走路を飛び出して横転のシーンも迫力満点でしたね。
メディングスの演出は超ローアングルが基本です。これがいいですね。

投稿: スタンリーメタボリック | 2008年3月 1日 (土) 10時00分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 サンダーバードはメインのメカだけでなく、毎回2号のお腹から色々なレスキューメカが出てくるのが魅力ですね。それにファイヤーフラッシュなどの救助される側のゲストメカもいいですね。
 高速エレベーターカーが出動する場面は、ご指摘の通りサスペンションが効いてガクンとしたり、埃や排気ガスの演出が素晴らしいですね。これにブルンブルンとエンジン音が被って効果抜群です。
 着陸脚を出せない旅客機を車両で受け止めるというアイデアから、エレベーターカーというデザインを創造して迫力満点の特撮に仕上げる。プロの仕事は凄いですね。

投稿: 雷おやじ | 2008年3月 1日 (土) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/40316542

この記事へのトラックバック一覧です: 中野ブロードウェイ再訪:

« やっと買いました! | トップページ | こんなの欲しいです! »