« 夜の出張はアキバへGO! | トップページ | 劇的改造?ビフォーアフター »

2008年2月 3日 (日)

異能の画家

Photo_2  先日、Simple Manさんのコメントで教えていただいた静岡県富士宮市のパン屋さん「江戸屋」へ行きました。目的はパンだけではなく「小松崎先生に依頼したが、先生が体調不良の為、お弟子様達が制作したedoya様宛のオリジナルの絵」を見に行く事でした。
 富士山を背景にした未来都市の上空に”江戸屋”が浮かんでいます。お客さんは飛行自動車に乗ってパンを買いに来ています。”すばらしい江戸屋のパン”という文字も書かれていて、どのような縁でこの絵が描かれたのか知りたいところです。そんな訳で、いま小松崎画伯関係の書籍をあれこれ読み漁っています。

「小松崎茂と昭和の絵師たち(平野克己 編/Gakken)」
 ボックスアートを眺めていると、プラモデルに熱中していた子供のころを思い出します。勝澤利司イマイ会長の文中にある、小松崎氏に描いていただいたTB2号の原画を担当者が紛失してしまったエピソードには驚かされました。汚してしまった事にして再度依頼をしたそうですが、全く同じ絵を描き直したという小松崎氏の”異能”ぶりを示す出来事でした。

「ロマンとの遭遇 小松崎茂の世界(国書刊行会)」
 図書館で借りましたが、オールカラーで小松崎画伯の作品を堪能できる一冊です。小生にとっての小松崎氏といえばサンダーバードのボックスアートが第一ですが、昔の”絵物語”も読んでみたくなりました。

「異能の画家 小松崎茂(根元圭助/光人社)」
 著者の根元圭助氏は小松崎画伯のお弟子さんです。”異能の画家”という言葉の”異”という漢字に、今まであまり良いイメージを持てなかったのですが、この本を読んで小松崎氏の才能や情熱の凄さを知り、まさに”人とは異なった能力”を持っていた画伯を表現するのに相応しい言葉と感じました。

「つくる小松崎茂 リアルペーパークラフト ジャイアントロボット(人類文化社)」
 古本屋さんで見つけたのですが、ペーパークラフトだけでなく、前半は小松崎氏の画集になっているのが嬉しいところです。カラーで絵のサイズも大きめですから買って良かったと思いました。巻末の「熱狂的小松崎ファン座談会」に、サンダーバード界を代表して(?)伊藤秀明さんと池田憲章さんが登場しており、TBファンとして楽しく読みました。

「図説 小松崎茂ワールド(根元圭助/ふくろうの本)」
 「異能の画家 小松崎茂」のダイジェスト的な文と、画伯の作品で構成された一冊です。”真のアルチザン”という表現が出てきますが、フランス語で「職人」の事だそうです。偉大なる画家であり、偉大なる職人であった小松崎氏にぴったりの言葉です。

|

« 夜の出張はアキバへGO! | トップページ | 劇的改造?ビフォーアフター »

コメント

火事にあう前の、小松崎さんの部屋の写真を見たことがありますが、
ものすごいタバコのヤニで、部屋が茶色になっていましたね。
奥様がすごい美人でびっくりしました。

投稿: スタンリーメタボリック | 2008年2月 4日 (月) 21時07分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 小松崎さんはかなりのヘビースモーカーだったようで、上記の本の中にもタバコに関するエピソードが出てきます。
 戦争の影響、絵物語やプラモデルパッケージなどの盛衰、火災による貴重な作品や資料の焼失というアクシデントを乗り越えて、絵を描き続けた画伯の情熱には驚かされます。正子夫人の存在は、画伯にとって大きな支えだったのではないでしょうか。

投稿: 雷おやじ | 2008年2月 4日 (月) 22時13分

 今日、静岡市まで遊びに行きました。帰り際に立ち寄った書店で「ロマンとの遭遇 小松崎茂の世界(国書刊行会)」(新装版)と「図説 小松崎茂ワールド(根元圭助/ふくろうの本)」を見つけ、内心小躍りしながら買いました。めでたしめでたし。

投稿: 雷おやじ | 2008年2月11日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/17879032

この記事へのトラックバック一覧です: 異能の画家:

« 夜の出張はアキバへGO! | トップページ | 劇的改造?ビフォーアフター »