« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

センチネル号

Photo  第10話「ニューヨークの恐怖」に登場するアメリカ海軍の最新原子力戦艦センチネル号です。油田火災のレスキューを終えて帰還途上のサンダーバード2号を、ミサイルで攻撃して墜落寸前のダメージを与えてしまいます。
 「サンダーバード・メカニックファイル(伊藤秀明・柿沼秀樹/双葉社)」の”徹底座談会”に、このミサイル攻撃に関する記述があります。(130頁) 少し長くなりますが、柿沼氏の言葉を引用させていただきます。
 『米空母がTB2号を誤射してしまうまでの経緯は、とんでもなくリアルですね。応答がないので、まずTB2号を仮想敵と認識して警戒レベルを上げる、次にTB2号が転進したのをニューヨークに航路を変えた! と誤認してしまい撃墜する! という。冷戦時代にいかにもありそうな誤射で。自分たちの既知以外の存在に突然警戒感を高める! というあのシチュエーションは子供番組の枠を越えていた。飛んで来るTB2号を空母のクルーが「航空機にしては速すぎる! ミサイルにしては遅いぞ!」と分析して未知のクラフトだ! と断じるやいなや艦長が「攻撃を許可する!」というくだりにはギョッ! とするリアリティがある。ヒーロー(主人公)が誤射されて撃墜されてしまうストーリーとかは日本のアニメ、特撮ではないでしょ。米海軍はご丁寧に三回も波状攻撃を仕掛けて来る!(笑)。』

 ジェフがワシントンに連絡し、ようやくミサイル攻撃が中止されます。その後、TB2号の緊迫の着陸場面になるためか、センチネル号からTB2号を気遣う様子や追跡する場面はありません。アメリカ軍やセンチネル号の立場としては、誤射ではなくアメリカ軍の軍規や交戦規定に則った攻撃であり、責任は無いと突っぱねる可能性が高いと思われます。
 あれだけの損害を受けても、ジェフは損害賠償を請求しないのでしょうか。国際救助隊のメンバーは秘密ですから公の場には出れないですし、難しいところです。それとも代理人を立てて裁判に?

 そんな因縁浅からぬセンチネル号に、ニューヨーク・エンパイアステートビルの救助でTB4号の運搬を依頼する国際救助隊です。本来ならばあまり良い関係ではありませんが、人命救助が最優先の国際救助隊はそんな事を気にしていません。

 それよりも心配なのがアメリカ海軍がTB4号の先進技術をスパイする事ではないでしょうか? ゴードン1人だけですし、4号から離れて到着をイライラと待っています。その間に米軍の技術者がこっそりと忍び込んで.....。何しろ1号も2号もセキュリティの甘さは変わりなく簡単に忍び込まれてしまいますから、4号も同じ可能性があります。

 さて、サンダーバード・ゲストメカのプラモデルを妄想する雷おやじですが、1/700ウォーターラインシリーズ第1弾として、このセンチネル号はいかがでしょうか。コナミのTB2号がだいたいこのスケールですから共演も可能です。ここはひとつ、静岡模型協同組合のメーカーさんにがんばって頂きたいですね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

宇宙からの帰還

Photo  国際宇宙ステーション(ISS)に日本の実験棟「きぼう」保管室を設置した土井隆雄さんら7人が乗ったスペースシャトル「エンデバー」が、26日(日本時間27日)にアメリカ・フロリダ州のケネディ宇宙センターに帰還しました。
 「きぼう」は、5月の船内実験室と専用ロボットアームの取り付け、年末からステーションに長期滞在する若田宇宙飛行士による船外実験装置の取り付けで完成します。
 土井さんは「非常に満たされた気持ち」「明日にでも(ステーションに)戻りたい」と感想を述べたそうです。過密なスケジュールで宇宙から地上を眺める余裕もあまり無さそうですが、多くの宇宙飛行士が感じると言われるように、地球を大切に思う気持ちを土井さんも抱いたことでしょう。

 アメリカ海洋大気局(NOA)やハワイ大学の研究による、海の生物の生産力を示す指標となる植物プランクトンの葉緑素(クロロフィル)の量に関する人工衛星のデータを解析した結果が発表されました。南太平洋や大西洋で植物プランクトンの光合成の能力が極めて低い「海の砂漠」が広がり、太平洋と大西洋の約20%の面積に達しているそうです。
 原因は地球温暖化により海水温度が上昇したため表層と深層で混ざりにくくなり、深層からの栄養分の供給が減った事によるそうです。このまま地球温暖化が進めば、生態系や漁業に悪影響が出る恐れがあると警告しています。
 人工衛星でそのようなことが判るというのも驚きですが、海が砂漠状態になってしまうとは想像もしていませんでした。
 
 宇宙飛行士でなくとも、地球を大切に思い何か対策を実行する気持ちになるのにはどうしたら良いのでしょうか。

 さて第4話「ピラミッドの怪」で、ラウンドハウスに帰還するサンダーバード3号です。スペースシャトルのようなパラシュートも滑走路も必要なく、逆噴射でゆっくりと元の位置に戻ります。ラウンドハウスのドーナッツの直径は3号の大きさギリギリに見えますが、1号がプールの穴に戻るのと同様に、高性能の制御装置が付いているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

静止衛星

Photo  地球上のあらゆる電波を受信、オートチョイスマシンにより救難信号を自動的に選別し本部へ緊急連絡する、国際救助隊の耳となるサンダーバード5号です。
 この5号の軌道に関しては、関連本でも諸説があります。「完全版サンダーバード全記録集5(集英社)」などでは「赤道上空36000kmの静止軌道」、「僕たちの好きなサンダーバード(宝島社)」などは「トレーシー島南方上空445km」となっています。
 地球の北半球のカットから、カメラが右に振られると5号が映し出されます。このときの位置関係からすると高度445kmには思えません。
 試しにGoogle Earthで高度36000kmにしてみたところ、地球がかなり小さく見えました。「完全版サンダーバード全記録集6(集英社)」の「空想科学で見るサンダーバード(柳田理科雄)」に5号の事が採り上げられていますが、5号と地球の位置関係はこのページの「5号が直接SOSを受信できる範囲」の図がほぼあっていると思われます。

 赤道上空36000kmの静止軌道とはどのようなものでしょうか。高度100kmの衛星は1時間半で地球を1周しますが、赤道上空36000kmの軌道は地球の自転と同じ24時間かかり、地上からは衛星が静止しているように見えるため静止衛星と呼ばれるそうです。(5号が登場する場面では画面の5号に動きは見られませんが、静止軌道ですから実際は物凄いスピードで移動していることになります。)

 さて、番組の中では特に解明されていませんが、柳田氏が指摘しているように5号1基では地球全体の無線をキャッチできません。地球の反対側の静止軌道に、あと2基の衛星が必要になります。これをクラーク軌道と呼びますが、先日亡くなったSF作家アーサー・C・クラーク氏が1945年に無線専門誌で発表した論文(赤道上空36000kmに静止通信衛星を3基、120度の間隔で並べて世界通信網を構築する)が基になっているそうです。

 サンダーバードは今から50年以上未来のお話ですから、どのような技術革新がおこるか判りませんので、もしかしたら静止軌道上の1基の通信衛星で地球全体をカバーできているのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

宇宙遊泳

Photo  現在、国際宇宙ステーション(ISS)では、日本人宇宙飛行士の土井隆雄さんらにより、実験棟「きぼう」保管室の整備が順調に進められています。
 日本初の宇宙有人施設が誕生したわけですが、現実は「希望」に満ちているとは言い難いようです。微小重力や真空を利用した研究・実験をするため、1兆円を超える費用を投じる訳ですが、船内実験室利用事業の公募ではガムや花の種などを宇宙に送る3件が採用されたのみで、最先端分野の応募はゼロだったそうです。
 地上での技術が向上し多額の費用をかけて宇宙で実験をする魅力が薄れたことや、「きぼう」の使い勝手の悪さ、頼みの綱のアメリカが月や火星に目を向けている点など前途は多難です。

 さて、1965年3月18日は旧ソビエト連邦のアレクセイ・レオーノフ宇宙飛行士が人類初の宇宙遊泳をした日です。今回の「きぼう」も、土井さんのロボットアーム操作と同僚宇宙飛行士の船外活動により取り付けが行なわれました。
 船外活動で真空や有害な放射線、飛来物から身を守り、宇宙飛行士の生命を維持するのに欠かせないのが宇宙服です。内部が1気圧のままでは真空中で宇宙服が膨れ上がり、腕や指を曲げる事も出来なくなるそうです。このため約0.3気圧に下げ、呼吸には純酸素を用いています。体内から窒素を追い出すための準備(プリブリーズ)に従来は12時間以上掛かっていましたが、現在は準備開始から4時間半で船外に出られるようになったそうです。(詳しくはJAXAのホームページ「船外活動(EVA)の運用概要」http://iss.jaxa.jp/eva/eva03.htmlをご覧下さい。)
 
 サンダーバードにも宇宙服が何度か登場しますが、現在使用されているような頑丈なものではなく、SF映画でよく見かけるジャンプスーツのようなタイプです。
 現在の宇宙服は無重力とはいえ重さが100キロ以上ですし、一人では着用が困難ですが、サンダーバードではごく短時間に単独での着用が可能のようです。第32話「宇宙放送局の危機」では、リック・オーシェがアランから宇宙服を着るように指示されて、ごく短時間に着替えています。また、プリブリーズなどの準備を経ずに船外へ出ていますので、現在とは異なった技術が用いられている事になります。
 昨年、マサチューセッツ工科大学が発表した新型宇宙服「BIOSUIT」は、肌に密着して空気の層を作らないことにより宇宙服が膨らまないという新しい与圧方式を採用しているそうです。宇宙服の軽量化や柔軟化につながるこの技術の延長線に、サンダーバードのジャンプスーツ風宇宙服があるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

2nd Anniversary

Oyajitb2  本日「サンダーバード妄想日記」が、開設から満2周年を迎えました。アクセスいただいた皆様、本当にありがとうございます。
 2年経っても記事数が300件にも満たない手抜きブログですが、これからも細々と続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 3年目を迎えるにあたり、タイトルバナーと背景をサンダーバード3号の赤系にしてみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

モデラーズフリマin静岡

Photo_2  モデラーズフリマin静岡に行ってきました。会場は「静岡ホビーショー」でお馴染みのツインメッセ静岡(北館)です。
 残念ながらサンダーバード関係は数える程しかありませんでした。それでも、スコットのカードが入っているディスプレイタイプのバンダイTB1号と、イマイの電動走行ジェットモグラタンク(アオシマからサンダーバード40周年に発売された小松崎画伯版MOLEと同じパッケージアートのものです。)、それにタイトーの4号を購入しました。
 これ以外にもアオシマの1/350ファイヤーフラッシュ(定価の30%OFF!)やイマイの1/350「TB2スペシャル」、イマイのFAB1(青い車体)がありましたが、今回は断念しました。

 その売り場の近くに「模型探偵団」さんのブースがありました。サンダーバード好きの目にはイマイの初版「サンダーバード秘密基地」の大きな箱と、組み立て済みの秘密基地が目に入ります。基地の底板の厚みが再販版と違ってかなり厚いのが判ります。(残念ながら売り物ではありません。)
 それ以上に目を惹くのが、その横に置かれているイマイ「マイティジャック秘密基地」の大きな箱と組み立て済み秘密基地でした。箱の大きさがTBの秘密基地よりも一回りも二回りも大きく、組み立て済みの模型の大きさはTBの1.5倍はありそうです。
 マイティジャックの秘密基地は、MJファンの同僚へ新築祝いにイマイの小型版をプレゼントした事があります。小型版の島は、サンダーバードのミニ秘密基地の島と同じものですが、サンダーバード秘密基地を上回る大サイズのものがあったとは驚きでした。
 イマイがサンダーバード・ブームの次にマイティジャックをプラモデル化したものの、番組の視聴率が期待されたほど伸びず、イマイのプラモデルも思うように売れずに第一回目の倒産を迎えたとか。サンダーバードの秘密基地は当時の一般の子供には高嶺の花(高値の花?)だったのに、この大きな「マイティジャック秘密基地」はいったい幾らで売られていたのでしょうか。
 「模型探偵団」さんは、モーターを3個も使用したギミックの多さからもマイティジャック秘密基地に軍配を挙げていらっしゃいます。(詳細は「模型探偵団」さんのブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/mokeitanteidanをご覧下さい。)
 「模型探偵団」さんがブログをされているのを知り、小生もブログをしている事をお伝えするため「雷おやじ」の名刺をお渡ししました。この名刺を人様にお渡ししたのは、これが初めてです。「模型探偵団」さんは、”サンダーバード妄想家”という肩書きが面白かったようです。

 今回もタミヤは大きくスペースをとって出展していました。日本の模型界をリードするタミヤの想いが伝わってきます。レジの近くにどこかで見たことがある男性が....。何と田宮俊作社長ではありませんか!! 会場でタミヤの関連記事が掲載されている雑誌を買うと、社長が直筆サインをしてくれるそうです。(明日もサイン会をするのかは知りません....。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

大富豪

Photo  米経済誌「フォーブス」が2008年版世界長者番付を発表しました。1位はアメリカの投資家ウォーレン・バフェット氏の620億ドル、2位にメキシコの実業家カルロス・スリム氏の600億ドル、ビル・ゲイツ氏は580億ドルで3位に後退しました。
 また、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の「フェイスブック」創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が23歳の若さで推定資産15億ドル(約1500億円)の785位にランクされました。遺産相続ではなく自力による大富豪としては史上最年少なのだそうです。
 1500億円もの資産を持つ億万長者の、その上にまだ784人の大富豪がいるというのも凄い話です。「フォーブス」は10億ドル以上の資産保有者をビリオネア(億万長者)と認定していますが、前年より179人増えて1125人のビリオネアが存在するそうです。これら億万長者の総資産は4兆4000億ドルにも達するとか。何だか気が遠くなりそうな金額です。

 「フォーブス」のアジア太平洋支局長だったベンジャミン・フルフォード氏の「解体されるニッポン(青春新書)」を読んでいます。グローバリズム、格差社会から9.11まで論じられていますが、大富豪は富を政治家に”投資”して自分達に有利な法律や制度、仕組みを作り、さらに富の集中を図っているそうです。ホームレスや貧困生活を強いられている人々を尻目に、増え続けるビリオネアの資産。おかしな事がまかり通っていると思います。
 そのおかしな事が平然とまかり通っている”自由の国アメリカ”では、お金持ちに有利な政策を押し進め、人様の国に言いがかりをつけて戦争を起こし、世界をめちゃくちゃに引っ掻き回しているブッシュさんの任期もあと1年足らずとなりました。気ままな引退生活が待ち遠しいとばかりに、懇親会で「ホワイトハウスをあとにして、気楽な生活に戻れる。平壌の危機は心配しなくていいんだ。」と替え歌を歌ったとか。これが大国の指導者かと耳を疑います。

 さてサンダーバードの世界に登場する大富豪といえば、宇宙飛行士引退後に建設業で財を成したジェフ・トレーシー氏が一番に挙げられます。最先端の技術と設備を駆使して、世界中の人命救助に貢献するという、並みの大富豪とは一味違う感覚をもっています。確かに国際救助隊のような貢献は尊いものですが、極端な格差社会の改革を進めるのも、富を得た者の為すべき事のように思います。2065年は、今よりも少しはまともな世界になっているのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

完璧なプロの技術

Photo  3月1日、ドイツのハンブルグ空港でミュンヘン発のルフトハンザ機が、着陸の際に突風にあおられてバランスを崩しましたが、再上昇に成功しました。
 突風により後部が左に流されたあと、左翼端が滑走路に接触、その後、機体は大きく右に傾きましたが、バランスを取り戻して再上昇に成功、2度目の挑戦で無事着陸出来ました。ルフトハンザは「完璧なプロの技術」と広報したそうですが、エアバスA320の乗客131名は生きた心地がしなかった事でしょう。

 さて、サンダーバードに登場する旅客機のパイロットで、一番に思い浮かぶのが、エアテラニアン航空のハンソン機長でしょう。第1話「SOS原子旅客機」に初登場後も、第7話「原子力機ファイヤーフラッシュ号の危機」、第21話「にせ者にご注意」、第22話「公爵夫人の危機」と、サブキャラクターの中でも最多の登場回数ではないでしょうか。
(ファイヤーフラッシュの飛行場面には必ず登場する訳ですが、第25話「情報員MI.5」には操縦室の場面がありません。)
 ハンソン機長は四角いがっちりとした顔立ちの、頼りに出来そうなタイプです。第1話の危機に際しても、最後まで諦めずに国際救助隊と協力して難局を乗り切ります。この顔を見ているとルトガー・ハウアーを連想する雷おやじなのですが、1960年代の俳優で言えばリチャード・バートンあたりが似ているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

こんなの欲しいです!

Photo  第11話「超音ジェット機レッドアロー」に登場する最新鋭戦闘機レッドアローです。
 某国のブロン将軍の依頼を受けたフッドによりテスト飛行が妨害され、1号機と2号機が墜落してしまいます。
 ロンドン空港の一角にあると思われるGB7格納庫から発進することから、英国空軍の戦闘機と思っていましたが、「サンダーバードアルバム2(伊藤秀明/池田憲章 朝日ソノラマ)」では”世界宇宙局航空技術研究所”、「完全版サンダーバード全記録集3(集英社)」でも”世界宇宙協会・ジェット研究所”となっていました。
 撮影モデルの基になったのがスウェーデンのサーヴ・ドラケン戦闘機の機体とB58ハスラー爆撃機のエンジンであることは、「サンダーバードアルバム2」に明記されています。
 さて、サンダーバードのゲストメカのプラモデルといえば、最近では復刻版のゼロエックス号がありますが、アオシマのファイヤーフラッシュ以降、新作は絶えて久しい状況です。というわけで、こんなプラモデルが出ると嬉しいですね。デカールは1~3号機の選択可能、2号機から脱出したパラシュート降下中のパイロットフィギュア付き、キャノピーは射出状態を選択可能で....。やはり、アオシマさんに頑張ってもらいましょうか!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »