« アルヴェン波 | トップページ | RoboCup 2008 »

2008年4月28日 (月)

世界最年少

Photo  韓国の建国大学が18歳のアメリカ人女性を、新技術融合学科の教授に採用したそうです。世界最年少の大学教授としてギネスブックにも認定されました。
 大学教授となったアリア・サバーさんはナノ材料技術の研究者で、10歳で大学に入学し14歳で卒業後、現在はアメリカの大学で講師を務めています。

 何とも凄い経歴の持ち主ですが、国籍、性別、年齢を問わず、優秀な人材を招いて自国の発展に繋げようという、韓国の大学の柔軟さにも驚かされます。

 さて第1話「SOS原子旅客機」で、ロンドン発の東京便を待つミンミンです。番組のいくつかのエピソードを通じて恋多き女性のイメージがありますが、アメリカの大学を主席で卒業した才女でもあります。
 殆どの関連本が、「ジェフの援助でアメリカ一の工科系大学を主席で卒業」としていますが、「公式ガイド サンダーバード大百科(宝島社)」では、「アメリカとヨーロッパで彼女が受けた教育の費用は、彼女の父の忠実な勤めへの感謝のしるしとして、ジェフ・トレーシーが負担した。彼女は高等数学、高等応用科学理論、工学の学位を取得後、国際救助隊に参加。ブレインズを補佐して、サンダーバード全号のメンテナンスを担当している。」となっています。
 アメリカの大学を卒業したばかりの彼女が、なぜロンドンから東京に向かうのかいささか疑問に思っていましたが、英国に留学していたのか卒業旅行の途中なのかもしれません。
 彼女の父親のキラノはマレーシア人という設定ですが、ミンミン(ティンティン)のパペットの生みの親であるクリスティン・グランヴィルさんは、「サンダーバードと国際救助隊(モデルアート8月号臨時増刊)」の中で、ミンミンが日本人をモデルにしていると述べています。番組製作当時の意図としては、国籍を特定せずに東洋人女性として設定しているのですが、日本のファンとしては嬉しいエピソードです。
 小生が妄想するに、ミンミンは日本に住む母親に会いに行くのか、あるいは墓前に卒業の報告に向かう途中なのではないでしょうか? そうでなければわざわざ日本に立ち寄らず、南太平洋に向かうと思います。

 さて、彼女はお気に入りのエア・テラニアン航空のフライトバッグを持っていますが、小脇に抱えている物は何でしょうか。小生が思うに、ファイヤーフラッシュ号の機内でワインを飲みながら同乗の男性と会話する場面に答えがありそうです。テーブルの上に置かれている衛兵の人形がその正体ではないでしょうか。このロンドン土産は、ボーイフレンドのアランの部屋に飾られているのかもしれませんね。

|

« アルヴェン波 | トップページ | RoboCup 2008 »

コメント

ミンミンがメンテナンス担当とは知りませんでした。
優秀な頭脳と学問を修めたのにもったいないと思っていました。納得です。それにしては地味な存在でした。
東京行きFF号の出発ロビーには公爵夫人の姿も見えますね。

投稿: スタンリーメタボリック | 2008年4月30日 (水) 09時03分

スタンリーメタボリックさん、コメントありがとうございます。
 第13話「火星人の来襲」に、ミンミンが1号のコクピット内で点検作業している場面がありますし、第16話「オーシャンパイオニア号の危機」でもブレインズの実験を手伝っています。ペネロープ嬢の華やかな活躍ぶりには及ばないかもしれませんが、東洋人女性としてなかなかの存在感はあったと思っています。
 第1話のロンドン空港ロビーの場面を観直しましたが、女性はミンミンと案内嬢のほかにスカーフを被った人が一人いただけでした。第22話「公爵夫人の危機」のロイストン公爵夫人はファイヤーフラッシュに乗ってニューヨークに行きましたね。

投稿: 雷おやじ | 2008年4月30日 (水) 22時04分

失礼しました。
ギャンブル好きのバアチャン、どこかのモブシーンに出演していたのが混同しました。
22話ではFF号に乗っているのですね。メインゲストですからね。

投稿: スタンリーメタボリック | 2008年4月30日 (水) 22時57分

ミンミン、知的でありながらユーモアもあって素敵ですね。
ワタシはミンミンのユーモアのあるところが好きですよ!
アランにワニをプレゼントしたスト-リーがあったと思うのですが。あれは彼女のいたずらぽっいところがでていいな~


投稿: ちゃむちゃむ | 2008年5月 3日 (土) 14時20分

スタンリーメタボリックさん、いつもコメントありがとうございます。
 ロイストン公爵夫人(と同じパペット)は、第28話「魅惑のメロディー」のパラダイスピークホテルの場面で壁際の席に座っていますし、ダンスの場面ではペネロープ嬢が扮する歌手ワンダラムールのすぐ後ろで踊っていました。
 この「ギャンブル好きのバアチャン」ですが、どうやらカスカーナビーにも入れ込んでいるようで、楽屋の壁にロイストン夫人の写真が飾ってあったりします。

投稿: 雷おやじ(宿直明け) | 2008年5月 3日 (土) 14時22分

ちゃむちゃむさん、コメントありがとうございます。
 番組の中ではミンミンが工学や数学の知識を発揮する場面が殆ど無かったように思います。どちらかと言えば、若い女性の自由で気ままな考えや行動ぶりが印象にあります。それをジェフにたしなめられるという構図が何回かありました。
 第15話「大ワニの襲撃」のラストで、ペットを欲しがっていたアランに小さなワニをプレゼントする場面は、このお話のオチになっていました。ミンミンは外出していたので、この救助内容を知らなかったようです。
 少し困惑気味のアランの表情が可笑しかったですね。
 

投稿: 雷おやじ | 2008年5月 3日 (土) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/41024179

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最年少:

« アルヴェン波 | トップページ | RoboCup 2008 »