« きぼうと希望 | トップページ | 船長は生きていた! »

2008年6月 7日 (土)

ライオン

Photo  映画「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛(アンドリュー・アダムソン監督)」を観たのをきっかけに、C・S・ルイスの「ナルニアものがたり(岩波少年文庫)」全7巻を読みました。
 映画「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」公開時に、本を子供に買い与えたのですが、カバーに「小学校4・5年以上」と書かれている事もあって自分では読みませんでした。
 今回は映画を観たあとに1作目のDVDを鑑賞する機会もあり、ペベンシーきょうだいの活躍や、カスピアン王子のその後がどうなるのか早く知りたくなった次第です。
 7冊を読み終えて大いに満足しました。子供だけに読ませるのは勿体無い話です。作者のキリスト教観が強く反映されていますが、あまり説教臭くならずに勇気や誠、真実などの大切さを読み手に語りかけてくれます。
 
 さてナルニア物語と言えば、ライオンの姿をした創造主”アスラン”を抜きにしては語れませんが、サンダーバードにもライオンが登場します。
 第2話「ジェット”モグラ号”の活躍」のオープニング、アメリカ陸軍が開発した大型4足歩行車両”ゴング”の出現に驚くアフリカの野生動物たちの中に、ライオンの群れが登場します。地球温暖化で野生生物の減少が指摘されていますが、2065年の未来はどうなっているのでしょうか? 兵器を開発するよりは、温暖化防止対策に真剣に取り組んで欲しいものです。

|

« きぼうと希望 | トップページ | 船長は生きていた! »

コメント

TBの中に出てきた、実写のライオンには驚きましたが、
雷おやじさんのイラストも、ついに写真を使ったかと思いましたが、拡大してみると、写真ではなかったですね^^)
写真に見えました。

投稿: ひげおやぢ | 2008年6月 8日 (日) 21時14分

ひげおやぢさん、コメントありがとうございました。
 ご指摘のとおり写真のようなものです。ペンタブレット付属のイラストソフトの、クローンカラー機能を使った、超お手軽・手抜きなので、載せるべき代物では無いのですが....。

投稿: 雷おやじ | 2008年6月 8日 (日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/41457845

この記事へのトラックバック一覧です: ライオン:

« きぼうと希望 | トップページ | 船長は生きていた! »