« 久しぶりに | トップページ | ある青年の死 »

2008年8月28日 (木)

冷戦再来?

Photo  北京オリンピック期間中に始まったグルジアの問題は、ロシアのメドベージェフ大統領が、グルジアからの南オセチア自治州とアブハジア自治共和国の独立を承認したことで、混乱を深めています。欧米との関係悪化についても「冷戦再来の展望も含め、何もわれわれを恐れさせることはできない」と明言したそうです。

 これに対してアメリカのブッシュ大統領は、「国際法に反する無責任な決定」と非難しています。独立承認は「ロシアが賛成した多くの安保理決議や、メドベージェフ大統領が署名した停戦合意に反する決定」であり、「米政府はロシアが国際公約に沿って行動し、無責任な決定を見直すよう期待する。」と述べました。

 ロシアの肩を持つつもりは全くありませんが、ブッシュ大統領が述べた非難は、アフガニスタンやイラクに侵攻する際に、国際社会からアメリカ自身が受けたものと非常に似ていると思います。明確な証拠も無いままイラクに侵攻し実効支配したアメリカに、ロシアを非難できる権利があるのか疑問に思います。とはいえ、グルジアの軍事行動をきっかけに侵攻したロシアは、混乱の沈静化に責任があります。ましてや冷戦の再来も辞さないとは、大変危険な考え方です。

 人口の増加や資源の枯渇、地球環境の悪化と21世紀は混迷の時代ですが、COLD WARがHOTな戦争にならないよう強く願います。

 さて、第21話「にせ者にご注意」で、国際救助隊を世界各地で捜索するアメリカ軍です。戦車や軍用トラックをはじめ、レスキュー用の飛行機や船舶、軍事用偵察衛星まで動員して捜しますが、国際救助隊の基地を見つけることは出来ないのでした。

|

« 久しぶりに | トップページ | ある青年の死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/42304509

この記事へのトラックバック一覧です: 冷戦再来?:

« 久しぶりに | トップページ | ある青年の死 »