« 地球寒冷化?(その3) | トップページ | トレーシー島発見? »

2008年9月23日 (火)

地球寒冷化?(その4)

Photo  またしても地球温暖化のお話です。
「地球温暖化は本当か? 宇宙から眺めたちょっと先の地球予測(矢沢 潔著 技術評論社 平成19年1月初版)」から。
 冒頭、「筆者は本書で、地球温暖化についての人々の見方が、社会的コンセンサスと地球環境の科学的理解という異質な両極端の間で揺れ動いている状況に注目しようと思う。これは、地球がいま危機的な温暖化に向かいつつあるという社会通念化した見方が科学的にどこまで妥当なのかを、温暖化一辺倒ではない科学者・研究者たちの多様な視点をも交えながらジャーナリスティックな目で見直し、俯瞰する試みである。」と述べています。
 この本に書かれている事が正しければ、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が用いている気候シミュレーションは、いかにも不十分な代物です。雲や海流などの”よくわかっていない事象”に関しては、省略や研究者の推定値であり、条件設定次第で結果はどのようにもなりそうです。また、IPCCの報告書の気温変動グラフが「地球温暖化寄り」に改ざんされたともあります。

 新聞やTVで地球温暖化が叫ばれ、ゴア元副大統領とIPCCはノーベル賞を受賞するほどですから、「地球温暖化」は間違い無い事と思っていました。それが、不十分なシミュレーションとデータの改ざんに基づくものだったとしたら、世界の損失は計り知れません。

 それにしても、北極の氷が溶けたり、氷河の後退や高山に危険な氷河湖が出来るほどの気温上昇、海抜の低い島国が沈む危機、驚異的な規模のハリケーンの発生などなど、近年の報道でよく目にするのは、やはり「地球温暖化」のせいなのでしょうか。これらの事象から受ける”皮膚感覚”と、「地球温暖化懐疑論」には大きな隔たりを感じます。

 いずれにせよ、世界で叫ばれているほど二酸化炭素の削減は十分に実施できず、逆に増加する傾向にあります。このまま数年が過ぎ、太陽活動が沈静化した際に、二酸化炭素の排出量が増えたにも関わらず気温が低下すれば、地球温暖化が人為的な二酸化炭素の排出によるものなのか、太陽活動の影響だったのかが明らかになるのでしょう。もしも、その逆に気温が上昇したら...。

|

« 地球寒冷化?(その3) | トップページ | トレーシー島発見? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/42537989

この記事へのトラックバック一覧です: 地球寒冷化?(その4):

« 地球寒冷化?(その3) | トップページ | トレーシー島発見? »