« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月28日 (火)

静岡空港と金太郎

Photo  来年三月に予定されている静岡空港の開港が、滑走路西側の立ち木により延期される可能性が出てきました。
 空港周辺には樹木や建築物の高さが超えてはならない「制限表面」が設定されているそうです。今回問題となっている立ち木や丘の一部がこの制限表面を越えているため、国土交通省への完成検査の申請も一ヶ月以上遅れています。
 原因は平成15年ごろに行なわれた航空測量の誤差やチェックミスのようで、空港建設のための土地収用の対象から外れたまま、昨年の十月まで問題視されていなかったそうです。
 滑走路の西端から千四百メートル先の私有地に立ち木や、制限表面を越える高さの土地があるため、二千五百メートルの滑走路をそのまま使用することが出来ません。除去できない場合は、滑走路を二千二百メートルに短縮して使用するそうです。また、航空機の着陸を電波で誘導するILS(計器着陸装置)使用時は、なだらかな角度で進入する必要があるため、立ち木の存在により二千メートルを下回る滑走路しか確保できなくなるそうです。このため県は当面、ILSを使用しないことと、離着陸の角度をやや急勾配に設定する方針です。
 県民の一人として、千九百億円の巨費を投じたビッグプロジェクトが、完成目前になるまでこのような問題をなぜ放置していたのかという疑問が湧きます。知事は、「空港の事業認定取り消しを求めた訴訟の被告である国の態度が鮮明になる前に、県が訴訟に影響する可能性のあることを明言するのを控えた」と釈明したそうです。
 今日の新聞に地権者の方が県に申し入れた内容が載っていました。「ずさんな収用の責任の明確化と謝罪」「県収用委員会が審理を一方的に打ち切って決済した事への謝罪」「県知事と県収用委員会長の謝罪会見」を求めています。県を相手に、巨大プロジェクトの成否に影響を及ぼす行動をとるのは相当な重圧があることでしょう。「県が今後、要求に応じれば、最終的に支障物を撤去する気持ちは持っている。」と述べたそうですから、今後の進展を見守りたいと思います。

 先日、テレビ朝日で「サラリーマン金太郎」を放送していました。本宮ひろ志さんの漫画の実写ドラマ化です。元暴走族の金太郎が建設会社で型破りの働きぶりを見せます。喧嘩の場面では「サラリーマンをなめんじゃねえ!」の叫びと共に強烈な頭突きが炸裂します。(テレビ朝日 金曜ナイトドラマ サラリーマン金太郎http://www.tv-asahi.co.jp/kintaro/original/index.html
 闇社会のフィクサーに目を付けられた金太郎が、無理な賭けをさせられます。新宿の浄水場跡地の再開発が、地権者に拒否されて何年も進展していません。この地権者から一週間でOKを取るのが条件で、出来なければ命をもらうという酷い話です。
 金太郎は持ち前の前向きさとガッツで果敢に挑戦し、職場の仲間の助けを得つつ取り組んでいきます。金太郎に近づいてきた頑固なおばあさんは、その一帯の大地主でした。地権者と知らないまま親切に接した金太郎は、おばあさんに認められて無事に賭けに勝つことが出来るのでした。誠意をもって取り組む事で相手に認めてもらえるというお話ですが、県の関係者の皆さんにも努力していただきたい点です。(くれぐれも頭突きはしないで下さーい!)

 さて、サンダーバードで空港と言えばロンドン空港が一番に思い浮かびます。タワーの前の「39」は滑走路の番号と思われますので、たいへん巨大な空港である事が想像できます。空港建設の際には、やはり反対運動があったのでしょうか?

(10月29日追記)
 スタンリーメタボリックさんのコメントから、「39」番は滑走路の番号ではなくエプロン(駐機場)の番号と判明しました。
詳しくは「滑走路 - Wikipedia」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BB%91%E8%B5%B0%E8%B7%AFをご覧下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

スコットのお行儀

Cap098  電車通勤をしていると、色々な人を目にします。以前記事にしたような、堂々と車内化粧をする人は殆ど見かけなくなりましたが、乗車待ちをしている列をすり抜けて、ドアが開くと同時に入ってしまう人や、荷物を席に置いて、他人様を立たせても平気な人、シャカシャカと大きな音を漏らしながら音楽を聴いている人など、さまざまです。
 そんな中で、微笑ましい光景も目にします。幼児を連れたお母さんが、子供が座席に膝立ちになって窓の外を眺めようとした時に、さっと靴を脱がせていました。
 あたりまえと言えばそれまでですが、携帯の画面に夢中になって、子供が座席の上で靴のままトランポリンをしていても、全く関心が無いお母さんを見たことがありますから、雲泥の差です。
 4人掛けのボックス席で、靴を履いたままの足を向かいの座席に載せて寛いでいる人や、映画館で前の座席の背もたれに足を載せている人をたまに見かけます。幼い頃に、バスや電車の中でお母さんやお父さんなどの身近な大人から、他人への配慮を教えられた経験が無いのでしょうか?

 さて第9話「ペネロープの危機」で、モニターに映し出された地図を指し示しながら、アンダーバッド急行の作戦をジェフが説明する場面です。説明を聞き終えたスコットは、立派な作戦ですねとベタ褒めですが、気になるのがその足の置き場です。トレーシーラウンジの場面ではお馴染みの、ミース・ファン・デル・ローエのモダンな椅子に、なぜ足を載せているのでしょうか。
 日本と違って、部屋の中でも靴を履くのが当たり前のアメリカでも、人様が座る椅子の座面に靴を載せるのは、褒められた行いでは無いと思うのですが.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

10月8日

Photo  10月8日は、次男ジョンの誕生日だそうです。「イッツ・サンダーバード・センチュリー スーパーマリオネーション スペシャル(大日本絵画)」から、ジョンのプロフィールを抜粋させていただきます。

 「2040年10月8日生まれの25歳。スコットと1歳下のトレーシー家の次男。兄弟の中で一番物静かな知的タイプで、スリムな体型ながらも粘り強い性格をしている。米国ハーバード大学で父と同様に宇宙天文学を学び、レーザー通信の学位も取得した電気工学の専門家でもある。卒業後に航空宇宙局の宇宙飛行士を経験し、父親の計画に賛同して国際救助隊に参加。救助信号の授受、通信中継をするサンダーバード5号で常駐監視を担当している。任務時間以外は電子望遠鏡で天体観測、天文学の研究にふけっている。すでに天文学の自著を4冊出版し、恒星状天体系トレーシー・クエーサー・システムを発見している。1ヶ月交替でTB5号常駐をアランと交替しているが、もっと救助活動に参加したいとも願っている。日本語版声優:桜井英一」

 
担当任務の性質上、どうしても他の兄弟に比べて活躍の場面が少なくて、可哀想なジョンです。トレーシー島滞在中も、第20話「湖底の秘宝」のアナスタ湖探検隊出発場面では、僅かに台詞がありましたが、第5話「世界一のビルの大火災」のラストでは、ただ立っているだけで台詞は全くなしでした。現場救助に携わった第16話「オーシャンパイオニア号の危機」では、ちょっとした発言でジェフに怒られてしまう損な役回りでした。

 そんなジョンの誕生花は、「パセリ Parsley:勝利 」「タイム(立麝香草) Thyme:活溌力」「秋明菊(貴船菊) Japanese anemone:褪せていく愛 」だとか。(「10月8日 今日は何の日~毎日が記念日~」http://www.nnh.to/10/08.htmより。)
 スリムに見えても、内に秘めた活発力で多少の不遇など意にもかけない強い人物なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

ウォンテッド

Cap122  映画「ウォンテッド(ティムール・ベグマンベトフ監督)」を観ました。劇場予告編やTV・CMで目にしたアクションシーン観たさに、つい劇場に足を運んでしまいます。(以下、劇場予告編等の範囲内でご紹介します。)
 アンジー姐さんのセクシーで過激なアクションシーンも良いのですが、終盤に”組織”が迎える展開や、フォックスが下した選択に、観客の一人としては後味の悪さを感じてしまいました。自分が予想していたお話と違っていたからかもしれません。
 それよりも一番受け入れ難かったのが、組織の敵を追って東欧で繰り広げるアクションシーンです。敵が乗り込んだ列車内で銃撃戦を展開し、予告編にもある、列車の脱線と谷底への落下を引き起こします。
 よく覚えてはいませんが、10両以上の編成で、一両に100人は乗っていると思います。映画の中とはいえ、組織内の抗争が原因で1000人以上の乗客が乗った列車を脱線させるとは言語道断です。半数の車両が谷底に転落したとしても、500人以上の一般市民が死傷したことになります。観客は主人公の立場で映画を観ていると思いますが、この事故を正当化することは出来ないはずです。アンジー姐さん演ずるフォックスが、組織の存在理由を「1人を殺して1000人を救うため」と話しますが、仮にその目的が崇高だったとしても、この列車事故を全く省みていない組織に存在価値はありません。
 むかし「カサンドラ・クロス(1976年 ジョルジュ・パン・コスマトス監督)」という映画がありました。盗まれた細菌兵器に感染した列車の乗客を、証拠隠滅のため列車ごと谷底に落としてしまおうとする軍関係者と、乗客の戦いを描いた作品です。同じように列車事故で多くの人が死ぬことを扱っても、時代が変わるとこうもあっさりとしたものになってしまうのかと、あきれてしまいました。

 さて、サンダーバードで列車の転落といえば、第23話「恐怖のモノレール」です。この太平洋モノレールは、大富豪ジェフ・トレーシー氏に出資をしてもらうための運行でしたので、ジェフのほかにミンミンやブレインズ、それにワレン・グラフトン氏以外の乗客は乗っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

モンドリアン・ルック

Photo  グリコのガムPOs-Ca〔ポスカ〕のCMが気になります。大泉洋さんの軽快な動きも良いですが、柴崎コウさんのモンドリアン・ルック風の衣装が目を惹きます。
 サンダーバードでは、第22話「公爵夫人の危機」の美術館の場面で、ペネロープ嬢が着ている衣装がモンドリアン・ルック風のものです。帽子やバッグ、ブーツもコーディネートされて、なかなかおしゃれです。
 ファッションに疎い小生は、モンドリアン・ルックが、イブ・サンローラン氏のデザインであることを全く知りませんでした。「別冊宝島 僕たちの好きなサンダーバード 全エピソード完全ガイド(宝島社)」の「サンダーバード・ファッション対談 野宮真貴×浜井弘治」で、ようやくそのことを知りました。
 さらに、この斬新なデザインはサンローラン氏のオリジナルなアイデアと思っていましたが、オランダの画家ピエト・モンドリアン氏の作品がモチーフである事を、最近になって知りました。白地に黒い直線で仕切られた中に、青、赤、黄の三色を配するというものですが、ペネロープ嬢の衣装は赤のみを用いており、斬新なデザインながら華美になりすぎない配色になっています。
 サンローラン氏がモンドリアン・ルックを発表したのは1965年ですが、「公式ガイド サンダーバード大百科(宝島社)」によれば、「公爵夫人の危機」の英国初回放映が1966年2月17日であることからも、当時の最先端のファッションを巧みに取り入れていたことが判ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

トーキング・アクション・フィギュア

Photo  タカラのサンダーバード・トーキング・アクション・フィギュアです。
スコット、ヴァージル、アランのほか、ブレインズとフッドの5種類があります。胸の辺りを押すと、トレーシー兄弟は5つ、ブレインズとフッドは3つの台詞を話します。
 顔は人形の命と言いますが、概ね満足できる顔に仕上がっています。残念ながら普通のお人形の等身になっており、サンダーバード特有の”頭でっかち”になっていません。
 アクション・フィギュアと銘ずるほど動く訳ではありませんが、腕と足は動かせます。肘や膝を曲げたポーズをとらせることも出来ますが、あまりお勧めできません。
 それぞれのフィギュアに付属している小物も楽しいです。ブレインズには小さなブレイマンが付いています。ミクロマンのスコットやヴァージルとサイズが合えばよかったのですが、微妙に違います。ブレインズの胸ポケットに、工具が入っていると引き立ちますので、何か探してみようと思います。
 トレーシー兄弟は国際救助隊の制服を着ています。バンダイのソフビ人形の制服の色よりは、劇中のものに近いのですが、生地が少々安っぽく見えるのが残念です。サッシュもビニールのペラペラした感じがいま一歩です。ブーツは着脱可能で、着せ替えも出来ます。

 このトーキング・フィギュアを知ったのは、雑誌のサンダーバード特集でした。フィギュアの発売から少々時間が経過していたので、玩具屋さんでも見たことがありませんでした。
 そんなある日、ぶらりと入ったお店でスコットとヴァージルを見つけ、各2000円で購入しました。その後、例によってトイザらスの安売りで、アランやブレインズ、フッドを各1000円ほどで購入しました。今では、たまにホビーショップで見かけても、8000円などというプレミア価格が付いていたりして、びっくりさせられます。
 
 プロポーションの良さはソフビ人形、可動機能はミクロマン、人形のサイズや着せ替え可能な点、装備品関係はトーキング・フィギュアと、それぞれに優劣があります。これらの良いところを総合したフィギュアで、手頃なお値段のものが出ないかと、秘かに願う雷おやじです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »