« 10月8日 | トップページ | 静岡空港と金太郎 »

2008年10月18日 (土)

スコットのお行儀

Cap098  電車通勤をしていると、色々な人を目にします。以前記事にしたような、堂々と車内化粧をする人は殆ど見かけなくなりましたが、乗車待ちをしている列をすり抜けて、ドアが開くと同時に入ってしまう人や、荷物を席に置いて、他人様を立たせても平気な人、シャカシャカと大きな音を漏らしながら音楽を聴いている人など、さまざまです。
 そんな中で、微笑ましい光景も目にします。幼児を連れたお母さんが、子供が座席に膝立ちになって窓の外を眺めようとした時に、さっと靴を脱がせていました。
 あたりまえと言えばそれまでですが、携帯の画面に夢中になって、子供が座席の上で靴のままトランポリンをしていても、全く関心が無いお母さんを見たことがありますから、雲泥の差です。
 4人掛けのボックス席で、靴を履いたままの足を向かいの座席に載せて寛いでいる人や、映画館で前の座席の背もたれに足を載せている人をたまに見かけます。幼い頃に、バスや電車の中でお母さんやお父さんなどの身近な大人から、他人への配慮を教えられた経験が無いのでしょうか?

 さて第9話「ペネロープの危機」で、モニターに映し出された地図を指し示しながら、アンダーバッド急行の作戦をジェフが説明する場面です。説明を聞き終えたスコットは、立派な作戦ですねとベタ褒めですが、気になるのがその足の置き場です。トレーシーラウンジの場面ではお馴染みの、ミース・ファン・デル・ローエのモダンな椅子に、なぜ足を載せているのでしょうか。
 日本と違って、部屋の中でも靴を履くのが当たり前のアメリカでも、人様が座る椅子の座面に靴を載せるのは、褒められた行いでは無いと思うのですが.....。

|

« 10月8日 | トップページ | 静岡空港と金太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/42829634

この記事へのトラックバック一覧です: スコットのお行儀:

« 10月8日 | トップページ | 静岡空港と金太郎 »