« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

マイティ・アトム

Nezumi  今年も一年間、「サンダーバード妄想日記」をご覧いただき、ありがとうございました。
 子年の大晦日ですから、第6話「原子炉の危機」に登場した”マイティ・アトム”君のイラストで終わりたいと思います。
 サンダーバード・ファンの皆様にとりまして、来年が良い年でありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

Photo  今年も残り僅かとなりました。食品の偽装問題や自然災害、黒人初のアメリカ大統領の誕生、100年に一度の大不況と、色々な事があった一年です。
 先日、イラク駐留多国籍軍の任務を12月31日で終了する決議が国連安全保障理事会で採択されました。
 2003年のイラク戦争開始から5年も過ぎてしまいました。その間に亡くなったイラク国民の数は計り知れませんし、国中がめちゃめちゃになってしまいました。
 14日にはイラクを訪問したブッシュ大統領に向かって、イラク人記者が靴を投げるという事件がおきました。根強い反米感情を象徴する事件ですが、アメリカ大統領の威信も地に墜ちたものです。なかなかの反射神経の良さを見せたブッシュ大統領ですが、テロとの戦いを自画自賛する無神経ぶりは相変わらずです。
 アメリカのシンクタンクの報告によれば、2001年の同時多発テロ以降にアメリカがテロとの戦いで費やした戦費が、約九千四十億ドル(八十一兆六千億円)に上ったそうです。イラク戦争単独の戦費でも、ベトナム戦争を抜き、第二次世界大戦に次ぐ第二位となるそうです。さらに10年後の2018年には最大一兆七千二百億ドルに達するとの試算も示されたとか。アメリカの多くの国民が「間違っている」と感じている戦争に、このような莫大な金額を投入する愚かさを、ブッシュ氏は感じることが出来ないのでしょうか。

 さて「サンダーバード」には靴を投げつけるシーンは無いと思いますので、靴がアップになる場面を考えてみました。第5話「世界一のビルの大火災」で、暴走運転をする女性がアクセルを踏む場面にハイヒールが映りますが、やはり第21話「にせ者にご注意」のこの場面が一番に思い浮かびます。
 にせ国際救助隊の隠れ場所を調べるために田舎道を進むペネロープ嬢ですが、白いハイヒールが泥だらけになってしまいます。この直後には転んでしまい、散々な目に遭うお嬢様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

12月24日

Photo  第31話「すばらしいクリスマスプレゼント」で、トレーシー・ファミリーと一緒にクリスマス・パーティーを楽しむペネロープ嬢です。
 「公式ガイド サンダーバード大百科(宝島社)」によれば、ペネロープ嬢は2039年12月24日生まれの26歳となっており、誕生パーティーを兼ねているのかもしれません。

 キリスト教徒でない小生は、この歳になるまでクリスマス(降誕祭)が何の日なのか知らぬまま過ごしていました。12月25日はキリストの誕生日ではなく、2月14日の聖バレンタインデーのようにサンタクロースという聖人に関係する祝祭日だと思い込んでいました。
 キリストの生誕日については諸説あるようですが、何のためにお祝いをしているのか知らぬまま、ツリーを飾ったり、ケーキやらフライドチキンを食べたり、プレゼントを交換していた自分がいささか恥ずかしくなりました。

 キリスト教徒でなくとも、家族や親しい人に1年間の感謝の気持ちを込めて、プレゼントをするのは悪いことでは無いでしょう。何はともあれ、メリークリスマス。そしてペネロープ嬢、お誕生日おめでとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

新型インフルエンザ

Photo  静岡県東部の学校でも、インフルエンザによる学級閉鎖が何件か発生しています。
 電車の中で咳やくしゃみをする人が多くなってきた事もあって、今年はインフルエンザの予防接種をしました。

 このところ、もっと凄いインフルエンザの話題をよく耳にします。20世紀にはスペインかぜや香港かぜと呼ばれているインフルエンザが世界中で蔓延し、数百万人から数千万人の死者が発生しました。
 近年、強毒性の鳥インフルエンザから人に感染する新型のインフルエンザの発生が確実視されています。WHOは「発生するかどうかの問題でなく、いつ発生するかの問題」としている程です。
 厚生労働省の「健康:結核・感染症に関する情報」を見ますと、新型インフルエンザについて詳しく知る事が出来ます。http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/
 現在は流行危険期の警戒レベル(フェーズ)3で、「新しい亜型のウィルスの人への感染が確認されているが、基本的には人から人への感染はない。」となっています。次のフェーズ4で封じ込めがうまくいかなければ、一週間程度で世界中に拡大し、パンデミック(世界的大流行)になることも考えられるそうです。
 厚生労働省の試算では、日本でも17~64万人の死者が予想されているという深刻な状態です。この流行を食い止めるためにも上記サイトをお読みいただき、個人や家庭で出来る対策を進めて欲しいと思います。

 さて、第5話「世界一のビルの大火災」で、両親と共にトンプソンタワー・ビルの地下室に閉じ込められてしまったトミー・カーター少年です。煙が苦しくてハンカチを当てていますが、実はこのハンカチが新型インフルエンザの流行抑制に役立ちます。
 電車や人ごみで、豪快に咳やくしゃみをする人をよく見かけますが、「咳エチケット」を守ってマスクをしたり、ハンカチやティッシュで口と鼻を覆ったり、腕の中に顔をうずめて鼻や口を覆うなどの配慮をすることで、他の人にウィルスを撒き散らす事がなくなります。

 100年に一度の大恐慌と言われていますが、新型インフルエンザのパンデミックでダブルパンチにならないよう願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

寄付金

Photo  先月の末頃、駅を出たところで「海外たすけあい 義援金募集」のチラシをもらいました。藤原紀香さんが赤十字広報特使として活動している写真が載っています。
 消費税が導入されて以来、財布が1円玉や5円玉で膨らんでしまうので、家に帰ると貯金箱に入れるようにしています。
 小銭を1年間貯めても大した金額にはなりませんが、それに少し足してユニセフに募金するようになってから何年もたちます。
 自分が趣味やお酒に使う金額に比べれば本当に微々たるものですが、ワクチンや栄養剤、被災者への毛布、井戸掘りの費用などに活用され、命を救う手助けが僅かでも出来ると思っています。
 
 さて、サンダーバードで寄付金と言えば第31話「すばらしいクリスマスプレゼント」です。コラルビル子供病院の新病棟を建てるために寄付金を募ります。その話題づくりに、ニューヨークのハーマン商会ビルからロケットで子供病院にプレゼントを運ぶ事になります。
 この提案をしたハーマン氏は、なかなか計算高い人物ですが、宣伝効果を狙うのは社長とすれば当然の判断でしょう。おもちゃと1万ドルを寄付したハーマン氏よりも、テストと本番で2回もロケットを提供したサウンダース氏のほうが、金額的には多く掛かったのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

少林少女

Photo  映画「少林少女」のDVDを観ました。ストーリーも映像もなかなかのもので、予想以上に楽しめました。
 日本に戻った主人公が降りる電車を見て驚きました。静岡県東部の三島駅から伊豆の修善寺駅を繋ぐ伊豆箱根鉄道の見慣れた車両です。「原木(ばらき)」という小さな駅で撮影された事を全く知りませんでした。
 背景に富士山が何度も映りますし、静岡県立大学や県立美術館などがロケ地となっていて、静岡県民として嬉しくなってしまいました。

 サンダーバードと全く関係ありませんが、主人公と友達になる中国の女の子の役名がMINMIN(ミンミン)でした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年12月13日 (土)

前から欲しかったんです!(その2)

Photo  先日、秋葉原や中野であれこれ買い物してきたばかりですが、またサンダーバード関連グッズを手に入れました。
 静岡県東部にはホビー系のリサイクルショップが何店かあるのですが、サンダーバード関係の目新しい商品は殆どありません。そんなわけで数ヶ月間ご無沙汰していたのですが、久々に足を運んだところ予想外の収穫がありました。
 最初に目に付いたのはタカラのサウンドテック・ヴィークル6点セットでした。それにつられて売り場を確認したところ、藤商事のサンダーバード5号、そしてこの「ネスカフェ シングルビーン サンダーバード セレクション 指令コース」の携帯ストラップセットがありました。
 タイトーや藤商事のサンダーバードメカは、大きさも十分ですし形もしっかり再現されていて気に入っています。1号や3号はたまにありますが、5号は殆ど見かけないのでゲットしました。
 ネスカフェのストラップセットは懸賞品なので高値が付いていたりするのですが、今回は納得できる安さだったので買ってしまいました。
 帰りがけに、ショーケースに入っていて以前から気になっていたイマイの「ZERO-X FLYING TYPE」の値段を聞いてみました。値札は4000円でしたが、「前の担当者があまり考えずに高い値段を付けていた。」との判断で、定価で売ってくれました。パッケージが劇場版サンダーバードの場面写真で、なかなか迫力があります。

 洗剤を買いに立ち寄ったホームセンターで、「劇場版サンダーバード」と「サンダーバード6号」のDVDセット(もちろん新品です)が1480円で売られていました。ワゴンセールの安売りに並んでいるのを見ると、ちょっと寂しい気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

前から欲しかったんです!

Photo  格安高速バスで、東京に行ってきました。お目当ては秋葉原と中野ブロードウェイです。
 今回の収穫は、秋葉原でイマイのコンテナNo.2やミニブルドーザー、ミニジェットモグラ、中野でミニTB4号、ミニ磁力牽引車、ペネロープ号(青い車体の箱絵)、それに特大サンダーバード2号などです。
 超特大2号は持っているのですが、今まで特大2号はなかなかお目にかかれなかったので、これを見つけた時はいささか驚きました。電動走行でもなくゼンマイでもないコロ走行ですが、小生としては十分満足です。
 もう一つ、前から欲しかった「サンダーバード プラモ パーフェクト カタログ(伊藤秀明編・著 ラポート)」も手に入れる事が出来ました。付録や頁の破損も無く、良好な状態で大満足です。これで、手に入れたプラモデルがいつ頃のものか確認できるようになりました。

 秋葉原では前回訪れた時と同様に、サンダーバード・キャラクター11体セットのポリストーン製フィギュア(10万円超)や、22万円もするイマイ初版秘密基地(組済み)がありました。なかなか買い手がつかないのでしょう。

 東京駅に11時頃着いたのですが、あちこち歩き回って疲れてしまい、16時には帰りのバスに乗っていました。若い頃だったら夜になるまでお店巡りをしていたと思うのですが、段々無理ができなくなってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

バンコク国際空港

Photo  タイのバンコク国際空港が反政府市民団体に一週間以上も占拠されています。政府支持者によるとみられる手榴弾で、死傷者が出る事件になってしまいました。
 出入国できない旅行者の問題だけでなく、タイ経済への影響も大きいようです。

 バンコク国際空港といえば、十数年前に南回りでエジプト旅行に行った際に立ち寄りました。トイレの水道で手を洗おうとしたら、日本の冬の時期でしたがぬるま湯のような水が出てきて、気温の高い国であるのを実感したことを思い出します。
 帰りの便で立ち寄った際に、免税店で”おしん”の小林綾子さんと少しだけお話したのも思い出のひとつです。エジプトのオペラハウスで日本に関する催し物が開催され、山城新伍さんと小林さんが招待されたそうです。小生のツアーと行きも帰りも同じ便で、行く先々でお二人を見かけました。
 今はどうか判りませんが、当時のエジプトでは”おしん”が大流行で、日本人女性を見るとエジプト人男性は”オシーン!”と声を掛けます。厳しいなかを懸命に生きる”おしん”に共感し、日本人女性と結婚したがるエジプト人男性が多いとガイドさんが言っていました。

 さてサンダーバードで空港の閉鎖といえば、第1話「SOS原子旅客機」です。フッドが仕掛けた爆弾により、原子力旅客機ファイヤーフラッシュ号は着陸出来なくなってしまいます。墜落すれば広い範囲に放射能汚染の危険があるため、管制主任の判断でロンドン空港は全面的に立ち入り禁止となってしまいます。
 駐機中の旅客機を炎上させたり、高速エレベーターカーの横転などのアクシデントはあったものの、ファイヤーフラッシュ号の救助は成功に終わります。ロンドン空港の閉鎖も速やかに解除されたことと思いますが、バンコク国際空港の占拠はどのように解決するのでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »