« 金塊 | トップページ | 前から欲しかったんです! »

2008年12月 2日 (火)

バンコク国際空港

Photo  タイのバンコク国際空港が反政府市民団体に一週間以上も占拠されています。政府支持者によるとみられる手榴弾で、死傷者が出る事件になってしまいました。
 出入国できない旅行者の問題だけでなく、タイ経済への影響も大きいようです。

 バンコク国際空港といえば、十数年前に南回りでエジプト旅行に行った際に立ち寄りました。トイレの水道で手を洗おうとしたら、日本の冬の時期でしたがぬるま湯のような水が出てきて、気温の高い国であるのを実感したことを思い出します。
 帰りの便で立ち寄った際に、免税店で”おしん”の小林綾子さんと少しだけお話したのも思い出のひとつです。エジプトのオペラハウスで日本に関する催し物が開催され、山城新伍さんと小林さんが招待されたそうです。小生のツアーと行きも帰りも同じ便で、行く先々でお二人を見かけました。
 今はどうか判りませんが、当時のエジプトでは”おしん”が大流行で、日本人女性を見るとエジプト人男性は”オシーン!”と声を掛けます。厳しいなかを懸命に生きる”おしん”に共感し、日本人女性と結婚したがるエジプト人男性が多いとガイドさんが言っていました。

 さてサンダーバードで空港の閉鎖といえば、第1話「SOS原子旅客機」です。フッドが仕掛けた爆弾により、原子力旅客機ファイヤーフラッシュ号は着陸出来なくなってしまいます。墜落すれば広い範囲に放射能汚染の危険があるため、管制主任の判断でロンドン空港は全面的に立ち入り禁止となってしまいます。
 駐機中の旅客機を炎上させたり、高速エレベーターカーの横転などのアクシデントはあったものの、ファイヤーフラッシュ号の救助は成功に終わります。ロンドン空港の閉鎖も速やかに解除されたことと思いますが、バンコク国際空港の占拠はどのように解決するのでしょうか。

|

« 金塊 | トップページ | 前から欲しかったんです! »

コメント

ファイヤーフラッシュといえば留学帰りのミンミンが乗っていたのではなかったでしょうか。
雷おやじ様はエジプトに行かれたのですか。ピラミッドやルクソール神殿はご覧になったのですか。私も一度は行ってみたい国です。気候は厳しそうですね。
空港といえば本当に空港に降り立った途端、その国独特の雰囲気(空気、温度、匂い、行き交う人々の服装、言葉等)に触れる事が出来て面白いですよね。設備も各国全然違いますし。
私は主にヨーロッパ旅行が多いんですが、設備が断トツにいいと思ったのはドイツでした。
タイは早く落ち着くと良いですね。

投稿: ぽんた | 2008年12月 3日 (水) 17時38分

ぽんたさん、コメントありがとうございます。
 記念すべき第1話で、ロンドン留学から帰国するミンミンが乗っていたファイヤーフラッシュ号が、フッドのテロに遭って大変な事になります。

 今から15年ほど前になりますが、ツアー旅行でエジプトに行きました。カイロ(三大ピラミッド&スフィンクス、カイロ博物館)→ルクソール(ルクソール神殿、カルナック神殿)→王家の谷(ツタンカーメン王墓、ハトシェプスト女王葬祭殿ほか)→エドフ、コムオンボ→アスワン(切りかけのオベリスク、アスワンハイダム)→アブシンベル(アブシンベル神殿)→ナイルエクスプレス(夜行寝台列車)でカイロへ→メンフィス、サッカラ(階段ピラミッド)→モハメッドアリ・モスク→クルーズ船ディナーと盛りだくさんの楽しい旅でした。また行きたいです。
 エジプト旅行には砂嵐が無くて、暑過ぎない今の時期が一番お勧めです。早稲田の発掘隊もこの時期に活動しているとか。
 海外旅行はもう何年も行っていません。ヨーロッパも一度は行ってみたいものです。

投稿: 雷おやじ | 2008年12月 3日 (水) 22時15分

エジプト旅行は本当に盛り沢山で素晴らしい内容でしたね。この前ヒストリーチャンネルだか何だかで、Monsters moveと題して、アブシンベル神殿の移動の検証をやってました。1960年代初め(ちょうどサンダーバード始まる頃?!)ですよね。あの時代の技術で、あれだけの物を移動させるのがいかに大変な大事業だったか。その凄さがわかりました。水没させて水中透明エレベーターを作り、エレベーターから神殿を見ると言う案まであったそうでビックリしました。

投稿: ぼんた | 2008年12月 5日 (金) 16時13分

ぼんたさん、コメントありがとうございます。
 あの巨大なアブシンベル神殿を60mも上に移築するとは、ユネスコも凄い事をしますね。ブロックのように切断した遺跡を納められるように、山をくり抜いてドーム状にしてありました。(内部を支えている鉄骨を見学できます。)
 同じように水没から救われたフィラエ島のイシス神殿は、夜のオプショナルツアーで「音と光のショー」を観に行きました。少し肌寒かったのと、日本語の説明が無かったのですが、日中の遺跡見学とは変わった雰囲気で良かったです。
 また訪れる事が出来ると良いのですが。「ナイルの水を飲んだ者は、必ずまた戻ってくる」と言われているそうです。生水を飲まないように注意していたのですが、少しは口に入ったかもしれません?

投稿: 雷おやじ | 2008年12月 5日 (金) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/43303147

この記事へのトラックバック一覧です: バンコク国際空港:

« 金塊 | トップページ | 前から欲しかったんです! »