« 不時着水 | トップページ | 異母兄弟 »

2009年1月18日 (日)

ノー・モア・ブッシュ!

Photo  アメリカ次期大統領のオバマ氏が、フィラデルフィアから列車に乗り、首都ワシントンでの就任式に向かうそうです。
 あと数日でアメリカ初の黒人大統領が誕生するわけですが、何よりも喜ばしいのが現大統領のブッシュ氏とさよならできることです。
 先日のお別れ演説でも、「新たなテロ攻撃から国土を守りぬいた」と述べたそうですが、アフガンやイラクをめちゃめちゃにしたあげく、数多くのアメリカ兵を死に追いやった責任はどうするつもりでしょうか。
 そのブッシュ大統領の父親である元大統領の名前にちなんだ最新鋭原子力空母「ジョージ・H・W・ブッシュ」が、先ごろ就役したそうです。
 新聞の記事によれば、現大統領は「望むものほぼすべてを手に入れた男に何を贈ろうかと考えた末に空母を思いついた」と挨拶したそうです。国民の血税で建造された空母を私物化するかの如き発言に、「パパ、僕ってとっても親孝行でしょ!」とニコニコするブッシュ父子を連想しました。
 元大統領は「自由と平和は兵士の犠牲の上に築かれる」と声を震わせたそうですが、親子2代で中東の戦争を行い、多くの兵士の犠牲を”築いた”大統領が思っている「自由と平和」が、犠牲になる兵士の側の「自由と平和」と同じ意味なのか疑問を感じます。
 さらにパパ・ブッシュ元大統領は、息子のジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が将来3人目のブッシュ大統領になることに期待しているとFOXテレビの番組で述べたそうです。どうなることやら....。

 さてこちらの空母は第26話「海上ステーションの危機」に登場する国連海軍の空母アトランティック号です。新型核魚雷の試験を大西洋で実施しますが、魚雷の誘導に失敗して海上ステーションを危機に陥れてしまいます。
 2065年の未来も、兵器が必要な世界というのが情けないですね。しかも核魚雷とは環境破壊もお構いなし。これが国連のすることですか...。

|

« 不時着水 | トップページ | 異母兄弟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/43784667

この記事へのトラックバック一覧です: ノー・モア・ブッシュ!:

« 不時着水 | トップページ | 異母兄弟 »