« パレスチナ | トップページ | ノー・モア・ブッシュ! »

2009年1月17日 (土)

不時着水

Photo  ニューヨークのハドソン川で、乗員乗客155人が乗った旅客機が不時着する事故がありました。
 ガチョウとみられる大型の鳥の群れに突っ込み、2基のエンジンに鳥が入り込んで推進力を失ったことが原因とみられています。
 ベテラン機長らの的確な操縦で、ハドソン川上空をグライダーのように滑空しながら着水したそうです。一歩間違えれば、周辺の高層ビルへ激突する大惨事の恐れがありましたし、冷たい川に機体が沈んで乗客の生命に危険が及ぶところでした。
 幸いにも機体がすぐに水没せず、沿岸警備隊やフェリーによる救出が速やかにおこなわれたそうで、数人が軽傷を負う程度で済みました。
 さらに驚かされたのが、空軍出身のサレンバーガー機長が、沈みつつある機体の通路を2回行き来して乗客の脱出を確認したことです。まさに「プロの仕事ぶり」ですね。

 さてサンダーバードで不時着水と言えば、第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」です。3号機の事故をうけて徹底的に検査された4号機でしたが、テスト飛行の際に操縦不能に陥って海上に不時着します。
 原因はバードストライクではなく、国際的なスパイ団による破壊工作でした。第1話「SOS原子旅客機」でフッドの爆弾テロを仕掛けられたファイアーフラッシュ号ですから、警備は厳重なはずですが、何度もスパイ団の侵入を許してしまうのは少々お粗末ですね。

|

« パレスチナ | トップページ | ノー・モア・ブッシュ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/43767033

この記事へのトラックバック一覧です: 不時着水:

« パレスチナ | トップページ | ノー・モア・ブッシュ! »