« サンダーバードパノラマ秘密基地セット | トップページ | ファイルズ夫人 »

2009年1月25日 (日)

レベッカ

Photo  書店で「第三の男/レベッカ」の2枚組みDVD(宝島社)を購入しました。以前から「レベッカ(アルフレッド・ヒッチコック監督 1940年)」を観直したかったからです。
 と言いますのもサンダーバード第15話「大ワニの襲撃」の、このちょっと不気味な場面を観るたびに、レベッカのダンパース夫人を連想するからです。
 英国の大金持ちマキシム(ローレンス・オリビエ)の後妻となったヒロイン(ジョーン・フォンテイン)をいびりまくる、家政婦のダンパース夫人には背筋が寒くなります。
 DVDを観たところ、このように階段で不気味な姿を見せる場面は無かったのですが、自分の中では同様の場面があると思い込んでいました。
 それにしてもこのDVDは、2枚組みで500円という驚きの安さです。裏面の説明に「日本では著作権保護期間の終了した名作映画です。」とありますが、映画ファンには嬉しい価格でも、映画会社にとってはどうなのでしょうか?

|

« サンダーバードパノラマ秘密基地セット | トップページ | ファイルズ夫人 »

コメント

家政婦頭の夫人が亡き女主人を思い出すシーンが怖いですね。家が燃えるところが不気味だった記憶があります。
500円DVDはよく買いますよ。
昔の映画を楽しむのに、いいですね。
だだ、カットされているところや画像が汚いのが残念です。
ちゃんとした値段だと(何千円)とやっぱりいいですね。
ローマの休日を見て、そう思いました。

投稿: ちゃむ | 2009年2月 6日 (金) 23時11分

ちゃむさん、コメントありがとうございます。
 ジュディス・アンダーソンさんが演じたダンヴァース夫人は本当に不気味でしたね。レベッカの部屋にこっそり入り込んだヒロインに「櫛を動かしましたね」とか、枕カバーの「R」の刺繍を見せる時の遠くを見るような目つきは「あぶなーい」人です。
 安売りDVDはカットされていることがあるのですか。古い映画なので画像が綺麗でないのはわかりますが、カットは残念ですね。

投稿: 雷おやじ | 2009年2月 7日 (土) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/43855974

この記事へのトラックバック一覧です: レベッカ:

« サンダーバードパノラマ秘密基地セット | トップページ | ファイルズ夫人 »