« バレンタインデー | トップページ | BACK TO ROUTINE »

2009年2月16日 (月)

永久保存版?

Photo  静岡県沼津市~東京間の格安高速バス回数券の有効期限が切れそうだったので、またしてもお買い物旅行に行ってきました。
 一日3便ありますが、あまり早い時間に行ってもホビーのお店が開いていません。10時開店という店は少なくて、11時以降のお店が多いようです。
 今回は、行ったことが無いお店を訪ねようとしたのですが、年中無休のはずが臨時休業だったりして、結局はいつものお店を巡ることになりました。
 そんな状況でしたが、あれこれ購入できました。
・アオシマ/ハピネット 新世紀合金サンダーバード1号限定版
・アオシマ/ハピネット 新世紀合金2号コンテナ&メカセット
・イマイ 永久保存版スコット(B-1815-300)
・イマイ 永久保存版アラン(B-1817-300)
・イマイ 永久保存版ゴードン(B-1818-300)
・イマイ 永久保存版ジョン(B-1819-300)
・イマイ ジェットモグラタンク(B-061-500)
・イマイ TBパノラマセット(B-2123-3500)
 小生の地元では見かけることも無いような物や、値段が高くて手が出せない物ですが、小生の基準でも無理なく購入できる金額でした。
 移動レーダーや空中ソナーが付属している新世紀合金TB1号は、以前から手に入れたいと思っていましたが、今回思いがけなく購入できました。
 ”永久保存版”のヴァージルはありませんでした。子供の頃、このマスコットシリーズのヴァージルを作った記憶があります。当時のお小遣いが1日10円で、50円のプラモデルを買うために”使わずに我慢する事”を学んだように思います。それにしても、トレーシー兄弟のプラモデルに「永久保存版」と書かれているのはなぜでしょうか?  

|

« バレンタインデー | トップページ | BACK TO ROUTINE »

コメント

バージルは、当時の物があります。
無くなった部品もありますが…
当時は、2号の人気が凄かったと思います。
と言っても、サンダーバードファンは2人でした^^)
あとの方は、ウルトラマン派。

最近、お店にサンダーバードものを見なくなりました。

投稿: ひげおやぢ | 2009年2月17日 (火) 01時59分

ヴァージルと2号は人気ありましたものねぇ。雷おやじ様と私は同年代かと推察いたしますが小学館コミック?だか(私が小学校低学年時代です)にも漫画でサンダーバードが載ってたのをご存知ですか?日本人の漫画家の方(西さん?)でしたがトレーシー兄弟の顔を描き分けるのが大変だったのか、バージルの髪の襟足がバビル2世みたいにハネていたのをまだ覚えています(笑)。ところで雷おやじ様は沼津在でいらっしゃるのですか?私は東京なんですが縁あって何度か訪ねております。良い所ですよね。

投稿: ぽんた | 2009年2月17日 (火) 14時48分

ひげおやぢさん、コメントありがとうございます。
 やはり2号の人気が一番ですよね。マスコットシリーズのヴァージルを作った記憶がありますが、ヴァージルの人形目当てではなく、2号が欲しくて買った気がします。このプラモデルは当時50円ですが、ショーウィンドーで8000円の値札が付いているのを見たことがあります。(160倍!)
 プラモデル屋さんの店頭でTBものを見かけることは殆どありませんね。地元では中古ショップでたまに見かける程度です。TBファンにとっては冬の時代です....。

投稿: 雷おやじ | 2009年2月17日 (火) 22時05分

ぽんたさん、コメントありがとうございます。
 1961年、ガガーリンが宇宙を飛んだ年に静岡県東部に生まれた20世紀少年でございます。
 「サンダーバードプラモ&玩具博物館(伊藤秀明 編/著 ケイエスエス)」の17ページに「当時唯一のTVまんが特集雑誌 小学館ブック66年9月号~67年3月号TB漫画」として、西はじめ氏の漫画「サンダーバード」が紹介されています。スコットとアランがエベレストで雪男に遭遇する66年10月号の一部が載っていますが、TVとはかなり趣が違いますね。この漫画のことは全く知りませんでした。
 漫画雑誌の巻頭図解特集でTBメカや秘密基地の内部図解に胸躍らせたのが思い出されます。

投稿: 雷おやじ | 2009年2月17日 (火) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/44086921

この記事へのトラックバック一覧です: 永久保存版?:

« バレンタインデー | トップページ | BACK TO ROUTINE »