« 遭難救助 | トップページ | 摩天楼の象徴 »

2009年4月29日 (水)

愛犬

Photo  イギリスでは景気の低迷による収入減で、餌代や医療費の負担に耐え切れなくなった飼い主がペットを放置するケースが急増しています。
 2008年にイングランドとサウスウェールズで捨てられた動物の数は前年比57%増の一万一千五百八十六匹に達したとか。

 
 北京市郊外のペット市場では、体毛を染色したり、塩水注射で口元を整形した”改造犬”が販売されているそうです。白色のプードルを褐色に染めると「テディベア」のように見えて倍以上の値段になったり、チャウチャウの雑種の口元に塩水注射で唇を腫らすと純血種のように見えるそうです。また、活発な犬に見せるために鎮痛剤を飲ませることもあるそうです。整形された犬は短期間で死亡するケースもあるようです。

 そんな不幸な犬生(?)を送るペットたちもいれば、オバマ家の飼い犬としてホワイトハウスの住人になったボー君のような犬もいます。ポルトガル・ウォーター・ドッグという犬種を初めて知りました。「スターになる素質がある」と大統領もお気に入りの様子だったそうです。

 フロリダ州の夫婦が韓国の研究機関に、ガンで亡くした愛犬のDNAをもとにしたクローン再生を依頼し、子犬を受け取ったそうです。費用は驚きの15万ドル(約1350万円)以上だとか。ペットの命を粗末にする飼い主とは大きな違いがありますが、15万ドルとは....。

 麻布大と自治医大の研究グループが、愛犬に見つめられると相手への信頼感やきずなを強める働きのあるホルモン「オキシトシン」が飼い主の体内で増加することを確認したそうです。小生は犬好きなので、ワンちゃんに優しく見つめられると嬉しくなってしまうのですが、そんなホルモンが働いていたとは驚きです。

 さて、サンダーバードで犬と言えば第16話「オーシャンパイオニア号の危機」に登場するALLPETS社です。ドッグフードの原料O.D.60を養殖目的で地中海に撒いたことと、液体燃料アルステリンの接近が大惨事を引き起こしてしまいます。

 小さな動物でも命は命。飼い主は最後まで放棄せずに面倒をみて欲しいものです。

|

« 遭難救助 | トップページ | 摩天楼の象徴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/44837732

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬:

« 遭難救助 | トップページ | 摩天楼の象徴 »