« 軌道変更 | トップページ | スコットの誕生日です »

2009年4月 3日 (金)

ちきゅう

Photo  夜、駿河湾を眺めるとオレンジ色の明かりが遠くの方に見えます。対岸の明かりにしては位置が変なので、不思議に思っていましたが、先日その正体がわかりました。
 答えは「地球深部探査船”ちきゅう”」でした。海底下7000メートルを掘りぬいてマントルへ到達したり、巨大地震の震源まで掘削して地震発生のメカニズムを解明するなどの研究をするものだそうです。現在は駿河湾で機器操作訓練を実施中で、5月上旬からは南海トラフ地震発生帯を掘削する予定です。
 ここ1ヶ月ほど、海上に大きな船が浮かんでいるのを見かけましたが、”ちきゅう”とは知りませんでした。リメイク版の映画「日本沈没(2006年 樋口真嗣監督)」にも登場していたと思いますが、本物を(遠くですが)見ることが出来るとは思ってもいませんでした。やぐらの高さが70メートルもあり、海面からは121メートルですから、随分と背高のっぽの船です。
 詳しくは「ちきゅう」情報発見サイトCHIKYU HAKKENhttp://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/index.htmlをご覧下さい。
 
”JAMSTEC、映画「日本沈没」の撮影に協力”
http://www.jamstec.go.jp/j/jamstec_news/20060714/index.html もお勧めです。
(”ちきゅう”と”しんかい6500”のペーパークラフトがダウンロードできます。)

 さて、サンダーバードで海底の掘削と言えば、第26話「海上ステーションの危機」に登場するSEASCAPEです。国連海軍の新型核魚雷試験の失敗で、海底からガスが噴出し崩壊してしまいます。核魚雷など言語道断ですが、なぜこのような海域を選んだのか理解に苦しみます。

|

« 軌道変更 | トップページ | スコットの誕生日です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/44554619

この記事へのトラックバック一覧です: ちきゅう:

« 軌道変更 | トップページ | スコットの誕生日です »