« 差し迫った危険 | トップページ | パーカー »

2009年5月26日 (火)

富士ハーネス

Photo  先日、富士宮市の朝霧高原にドライブに行きました。「富士ミルクランド」で昼食後、園内で飼われている羊や牛を眺めたり、散歩をしてゆったりとした時間を過ごしました。
 帰るには少し早いので、来る途中に見かけた「盲導犬の里 富士ハーネス」を訪れてみました。以前から話には聞いていましたので、一度見学してみたかった場所です。
 ここは、盲導犬の訓練をするだけでなく、引退した盲導犬が余生を過ごす場所でもあり、構内には慰霊碑もありました。
 盲導犬デモンストレーションでは、盲導犬と白杖の違い、盲導犬の育成過程の概要、盲導犬に対するマナー(ハーネスを着けている時はお仕事中なので、触ったり、声を掛けたり、食べ物を与えない。盲導犬の気が散るので、じっと見つめない。)、目の不自由な方への接し方(困っていそうな時は声を掛ける。)などを教えていただきました。
 その後は、20分間だけ制限区域に入場できます。まず、引退犬が余生を過ごしている部屋を見学しました。尻尾を振りながら見学者に撫でてもらうレトリバーたち。TV番組でタレントのダイゴさんと”共演”した犬もいるそうです。
 次に生後1ヶ月ほどの子犬たちを見学しました。ワクチン接種前なので直接触れる事は出来ませんが、愛らしいワンちゃんたちの姿がたまりません。この子犬たちは、パピーウォーカーのお宅で1年間ほど育てられ、しつけや人間との触れ合いを学びます。その後、この盲導犬センターに戻って訓練を受けることになります。
 帰り際、デモンストレーションをしてくれた係員さんと2頭のレトリバーがロビーで待っていました。本当にお利口さんなワンちゃんたちで、(もちろん?)全然吼えませんし、指示に的確に反応するワンちゃんたちに感動しました。
 おしっこやウンチも、目の不自由な方の歩行中やお店でお買い物中にしないよう、お出かけ前や数時間毎に、決められた指示を出すとちゃんと済ませるように訓練されているそうです。その際には凝固剤を入れた袋を装着するそうで、後始末も簡単に出来るとか。普通のペット犬では考えられない事です。
 家族全員が、どちらかと言えば猫よりも犬の方が好きで、いずれ飼ってみたいと思っていますが、なかなか事情が許しません。パピーウォーカーのボランティアにも興味がありますが、将来の盲導犬となる子犬のお世話をする責任がありますので、単に犬を飼ってみたいだけでは動機が不純な気がします。室内で飼わなければならないなど幾つか条件がありますので簡単には応募できませんが、いつかやってみたいと思っています。

 ようこそ「盲導犬の里 富士ハーネス」へ!  日本盲導犬総合センター
http://www.fuji-harness.net/  

|

« 差し迫った危険 | トップページ | パーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/45138359

この記事へのトラックバック一覧です: 富士ハーネス:

« 差し迫った危険 | トップページ | パーカー »