« 引き家 | トップページ | サンダーバード・メカニックコレクション »

2009年6月25日 (木)

ろうがんず

Photo  模型ファンで俳優の石坂浩二さんが、中高年向けの愛好会「ろうがんず」を立ち上げたそうです。
 この会のことは、今年の静岡ホビーショーでも話題になっていました。残念ながら小生は、あまりの混雑ぶりにどれが石坂さんたちの展示なのかよく判らないまま通り過ぎてしまったようです。もっとも、サンダーバード関係の模型しか探していなかったこともありますが。
 さて、この「ろうがんず」ですが、老眼で細かい作業ができず二の足を踏む模型ファンでもできる楽しみ方を発信するのが狙いのようです。
 細かい部品の組立や塗装に老眼はハンデとなりますが、近年は模型の精密化が進み、さらに製作が難しくなっています。静岡新聞の記事によれば、石坂さんの話を聞いたハセガワの社長さんが、「精密さや正確さを求めてきたが、逆に手を出しにくくなった面はある。今後はより作りやすいキットも増やして、若い人や模型から遠ざかっていた人にも楽しんでもらいたい。」と語ったそうです。
 石坂さんといえば、先日ご紹介した「日本プラモデル50年史 1958-2008年(日本プラモデル工業共同組合 文藝春秋)」にも、「私とプラモデル」と題するコラムを寄稿しています。ドイツ軍機を手に微笑む写真の後ろには、ゼロ戦からガンダムまであらゆるジャンルのキットが積まれています。67歳にしては実に若々しい方です。
 小生も会社生活をリタイアメントした暁には、石坂さんのように趣味の時間を持てたらと思います。(今も十分趣味に打ち込んではおりますが...。)

 さて、「ろうがんず」の記事になぜ「2300年未来への旅(1976年 マイケル・アンダーソン監督)」のイラストなのかと言いますと、原題がLogan’s Run(ローガンの逃亡)でして...。

 この映画に出演していたファラ・フォーセットさんは末期ガンの闘病中ですが、30年近くパートナーだったライアン・オニールさんの求婚を受け、結婚することになったそうです。お二人の幸せと、フォーセットさんのご回復を祈ります。

|

« 引き家 | トップページ | サンダーバード・メカニックコレクション »

コメント

 朝のニュースでマイケル・ジャクソンさんが病院に搬送されたと報じられ、昼の報道で亡くなったことを知りました。
 夕方、同僚に「バイオニック・ジェミー」の女優さんがなくなったと聞きましたが、「チャーリーズエンジェル」のファラ・フォーセットさんでした。
 ライアン・オニールさんの求婚の話が伝えられたばかりでしたので、大変驚きました。
 マイケルさん、フォーセットさん両名のご冥福をお祈りします。

投稿: 雷おやじ | 2009年6月26日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/45451358

この記事へのトラックバック一覧です: ろうがんず:

« 引き家 | トップページ | サンダーバード・メカニックコレクション »