« ロメン・キャッチャーLY | トップページ | 7月17日 »

2009年7月16日 (木)

ビッグベン

Photo  ロンドンのテムズ河畔に建つ英国会議事堂の時計塔・ビッグベンが1859年に時を刻み始めてから5月31日で150年を迎えたそうです。

 人力で週3回巻くぜんまい式だが、21世紀の今も正確な時を知らせ、ロンドンのシンボルとして愛される。保守担当者はBBC放送に「あと数百年動くだろう」と語った。
 時計盤の直径は7メートル、振り子の錘は203キロ。30分に1回の時報の鐘は13.7トン。時計は第二次大戦でドイツ軍が議事堂を空爆した際にも動き続け、英国民の心の支えになった。時報と15分ごとのチャイムは、BBC短波ラジオの時報として世界中に生中継されている。(静岡新聞より引用)


 このビッグベン、サンダーバード第12話「死の大金庫」と、17話「スパイにねらわれた原爆」で、ロンドンの場面に実写映像で映ります。どちらも全く同じアングルで、時計の時刻も同じ4時ちょうどですから、フィルムをうまく流用したようです。

|

« ロメン・キャッチャーLY | トップページ | 7月17日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/45647712

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグベン:

« ロメン・キャッチャーLY | トップページ | 7月17日 »