« 大人のプラモランド | トップページ | 不毛地帯 »

2009年11月10日 (火)

JIN

Photo  日曜の夜9時は、TBSのドラマ「JIN-仁-」を家族で観ています。村上もとかさんの漫画を実写化したもので、現代の医師が幕末の江戸にタイムスリップし、奇跡の医術を施すロマン溢れる物語です。
 原作コミックは10年にわたり連載されており、現在16巻目だそうです。ドラマの放映に併せて発売された総集編上下巻を読みました。ドラマは大胆にカットされた部分や原作に無いキャラクターが登場するなどの変更はありますが、原作の雰囲気を壊すことなく映像化されているように思いました。
 この総集編は5巻までのダイジェストですから、6巻以降のドラマ化も期待したいところです。

 さて、サンダーバードにも何人か医師が登場します。第1話「SOS原子旅客機」で、キラノの診察をするためにジェフがトレーシー島に呼び寄せた医師が、一番に思い出されます。このお医者様、本人とは知らずに国際救助隊を称えながらジェフと握手を交わします。お話のラストに少しだけ登場するキャラクターなのですが、実は別の場面でも映っているのです。
 ロンドン空港の待合室でミンミンが初めて映る少し前のカットで、椅子に座り新聞を読んでいるサングラスの人物が、この医師なのでした。強烈にカールが入った前髪と、背広の色からも間違いありません。英国人でロンドンからどこかへ向かうところなのか、アメリカ人で英国から帰るところなのか判りません。もしかしたらファイアーフラッシュ号の初飛行に搭乗して東京に向かうのかもしれません。
 フッドのテロによりファイアーフラッシュ号は東京に飛べなかったはずですが、その夜にはミンミンは南太平洋のトレーシー島に着いています。2065年にはかなり短時間で長距離の移動が出来るようになっているのでしょう。

|

« 大人のプラモランド | トップページ | 不毛地帯 »

コメント

 先日の静岡新聞に、ドラマ「JIN-仁-」のロケが静岡県伊豆の国市にある江川邸で行なわれたとありました。江川邸は幕末の韮山代官江川沢庵の居宅で、江戸時代の質感が残る建物として選ばれたそうです。
 お屋敷の庭に敷かれたムシロの上に町民が座っている写真から、漫画で読んだあのエピソードではないかと想像を巡らせています。12月6日の放送が楽しみです。

投稿: 雷おやじ | 2009年11月23日 (月) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/46730508

この記事へのトラックバック一覧です: JIN:

« 大人のプラモランド | トップページ | 不毛地帯 »