« 過信 | トップページ | のらくろ »

2010年1月29日 (金)

2001年宇宙の旅

Photo

 最近、旧作映画を映画館で上映するのをよく目にします。先日も静岡県東部にあるシネプラザ・サントムーンで、「柿田川シネマクラッシック・フェスティバル」と題して「スタンド・バイ・ミー」や「ゴッドファーザー」、「ニュー・シネマ・パラダイス」などが上映されましたし、2月26日から静岡市でもシネマパークフェスティバルと銘打って名作映画が上映されるそうです。サントムーンの上映作品の中には「2001年宇宙の旅」がありましたので、都合が付けばぜひ観に行きたかったのですが、残念ながら叶いませんでした。
 そんな想いを抱きつつ新聞に目を通していたところ、2月6日から来年の1月までTOHOシネマズで「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」が開催される事を知りました。上映作品の中に「2001年宇宙の旅」を見つけた時は本当に嬉しく思いました。
 作品リストの中には、「大脱走」、「ライトスタッフ」、「ベン・ハー」など、スクリーンで観たい映画が幾つもあります。しかも全作品がオリジナルニュープリントですから、フィルムの切断や傷などのトラブルも無さそうです。
 各地のTOHOシネマズで上映されるのですが、小生の住む静岡県東部からは少し距離がある場所ばかりです。それでも、1000円の映画を観るのに高速道路を飛ばして浜松まで行くか、横浜まで電車で行こうかと、いささかクレージーな事を考えています。映画を観た後に散策も楽しめますし。

 さて、「2001年宇宙の旅」で小生が思い出すのが、宇宙船の制御パネルの数字表示器です。制御パネルのモニター類の造りは今見ても全く違和感がありませんが、どの宇宙船か忘れてしまいましたが、数字表示に昔のデジタルメーターに使用されていたニキシー管(?)を使用しているものがあり、ちょっと”古さ”を感じた覚えがあります。このあたりも、TOHOシネマズの上映時に確認してみたいと思っています。

 サンダーバードで、”2001年”に勝るとも劣らないと小生が勝手に思っている”表示器”が、第7話「原子力機ファイアーフラッシュ号の危機」で、ロンドン空港への通交が一時的に閉鎖される場面です。トンネルの手前でシャッターが降りるのと同時に、上部の表示が「STOP」と赤く点滅します。このSTOPの表示を見るたびに、良い仕事してるなーと秘かに思うのでした。

|

« 過信 | トップページ | のらくろ »

コメント

仰るとおり、ニキシー管は「2001」のコクピットに使ってありましたね。これは昭和40年代前半の数十万円もする卓上計算機などに使ってありました。ガイガーカウンターもそうでした。今のような7セグメントの表示は1970年ころからだと記憶しています。アポロ11号の機器もそうだったと思います。
「2001」をスクリーンで観られるそうでいいですね。あの映画は冷たいブルーの色が美しいのですが、テクニカラーではないので、再プリントでもフィルムが色褪せしていないか心配です。

投稿: アラン・墨 | 2010年1月30日 (土) 09時48分

 アラン・墨さん、コメントありがとうございます。今の目から見ると、あのニキシー管は少し古風な感じですが、もしかしたらスペースシャトルや国際宇宙ステーションにも使われているかもしれませんね。
 フィルムの色の事は小生には全く判りませんが、「午前十時の映画祭」のサイト(http://asa10.eiga.com/)によれば、「版権元に保管されたマスターネガから、本映画祭に特別にプリントされた新しいフィルムです」とありましたので、状態は良好のようですね。
 アラン・墨さんがご覧になるとすれば、TOHOシネマズ名古屋ベイシティが一番近いでしょうか。(10月16日から22日までの一週間の上映です。)

投稿: 雷おやじ | 2010年1月30日 (土) 17時40分

ニキシー管の電卓が少し前まであるました。
片付けをしてる時に、もう今更と、捨ててしまいましたが、
無くなると、とても懐かしくなります。

新しい技術が、どんどん出来てゆく中で、
車のアクセルペダルが戻らない、とか…
素人が見ても、難しい技術ではないように思うのですが
古い技術より劣る、新しい技術は考えものです。

投稿: ひげおやぢ | 2010年1月30日 (土) 18時46分

ひげおやぢさん、コメントありがとうございます。
 使わないものをどんどん捨てて身軽に生きる方法が話題になりましたが、小生はなかなか捨てられない派です。
 トヨタのリコールですが、拡大路線を進める一方で品質管理が疎かになってしまったようです。米国産の部品を使うように圧力もあったそうで、問題のアクセルペダルはアメリカの部品会社の製造だったとか。
 日航の倒産など、まさかと思うような事が起きる世の中ですが、トヨタの巨大リコールが大きな影響を及ぼさない事を願っています。

投稿: 雷おやじ | 2010年1月31日 (日) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/47421176

この記事へのトラックバック一覧です: 2001年宇宙の旅:

« 過信 | トップページ | のらくろ »