« SFメカニックファンタジー | トップページ | ”ちきゅう”を見学しました »

2010年3月 1日 (月)

チリ地震

Photo
 2月27日におきたM8.8のチリ地震では、日本にも大津波・津波警報が出されるなど大きな影響がありました。1月12日にはハイチで地震が起き、11万人以上の方が亡くなったばかりですから、度重なる自然災害に驚きを覚えました。
 先日、ハイチ地震に関してユニセフからダイレクトメールが届きました。1円玉や5円玉を貯めておいた僅かな金額でも募金しようと準備していたところですが、今回の地震を踏まえて少し金額を増やそうと思います。

 さて、50年前の1960年5月に発生したチリ地震は、M9.5の世界最大規模の地震でした。津波の被害も大きく、日本やハワイでも亡くなった方がたくさんいたようです。チリ西方3600キロメートルのイースター島では、モアイ像が祭壇から60メートルも押し流されたと、新聞で紹介されていました。
 今回の地震ではイースター島で約0.4メートルの津波が観測されましたが、もし50年前の規模のチリ地震が再発した場合、チリ沖の南太平洋上に浮かぶトレーシー島にも大きな津波が襲う事でしょう。
 サンダーバード2号の滑走路先端が下がり、4号が発進する場面がありますので、滑走路や2号の格納庫のある場所はそれほど標高が高くないと思います。あのヤシの木が並ぶ滑走路も海水で水浸しになると思いますが、2号の格納庫は岩戸と開閉ゲートで守られていますので、内部への浸水は心配無さそうです。
 トレーシー・ヴィラや、1号が発進するプールは高台にありますし、3号が発進するラウンドハウスも滑走路よりは高い場所にありますので、津波の影響は無いでしょう。
 滑走路にヤシの木や岩石が散乱しても、レスキューメカを使って簡単に片付けられるのではないでしょうか。

|

« SFメカニックファンタジー | トップページ | ”ちきゅう”を見学しました »

コメント

こんにちは。

津波情報は過大だったようですが、国内に大きな被害が無かったのは幸いでしょうか。

津波ではありませんが、私の住む地域では台風などで大雨になると、上流のダムからの放水で川幅日本一を誇る?地元河川敷が氾濫します。

2.5kmの川幅内には米や野菜等の農作物が作られていますが、水が引けた後は泥で真っ白。
農家さんは精神的にも経済的にもダメージを受けますが、畑は肥沃になり良い作物がとれるのです。

投稿: 消防第6分団 | 2010年3月 3日 (水) 18時51分

消防第6分団さん、コメントありがとうございます。
 津波に備えて東名高速道路(海の近くを通る区間)が通行止めになったり、電車が運行見合わせになるなど、交通機関にも大きな影響がありました。
 警報を出す側は慎重に、最大値を想定して発令したと思いますが、結果的に数十センチ~1m程度の高さで済んで幸いでした。一日中TV画面に津波警報が映る大変な日曜日でしたが、海から離れるように言われているにも関わらず、見物に行く人が沢山いたそうです。危機感の欠如と言いますか、防災関係者に迷惑を掛けている自覚が無いといいますか。
 静岡県を流れる富士川や安倍川も、普段の川幅は少ししかないのに、大雨が降ると同じ川とは思えない変化を見せます。氾濫が肥沃な土地を生むとは、ナイル川みたいですね。

投稿: 雷おやじ | 2010年3月 3日 (水) 21時09分

チリ地震、まだ続いてますね。
日本への津波はどうでしょう?

今日消防署の前を通ったら、凄いメカがありましたよ。
サンダーバードメカみたいです。
当時の番組を観ていた人達の発想ではないかと?

投稿: ひげおやぢ | 2010年3月12日 (金) 02時52分

ひげおやぢさん、コメントありがとうございます。
 写真を基に検索したところ「大型ブロアー車」と思われます。大型の送風機で有害物質を排除したり、トンネル・地下街等の災害に対応するものだそうです。
 本当にサンダーバードのレスキューメカみたいですね。

投稿: 雷おやじ | 2010年3月12日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170903/47685013

この記事へのトラックバック一覧です: チリ地震:

« SFメカニックファンタジー | トップページ | ”ちきゅう”を見学しました »