« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月13日 (火)

ガス人間第1号

Photo
 3月の中旬に、東宝特撮映画DVDコレクション No.14「ガス人間第1号(昭和35年 本多猪四郎監督)」を買いました。怪獣物ではない作品を観たいと思っていましたので、書店で手にしましたが、正直なところ買おうか迷いました。決め手になったのが、八千草薫さんが出演している事でした。最近はサプリメントのCMで見かける綺麗なおばあさん女優ですが、昭和35年当時29歳の八千草さんの演技を観てみたいと思いました。
 荒唐無稽な怪奇物と高をくくっていたのですが、ガス人間・水野と八千草さん演じる藤千代のドラマが作品を奥深いものにしています。日舞の演技も見応えがあり、ガス人間の特撮場面が見劣りしてしまうほどです。藤千代に最後まで仕える老人役の左卜全さんが、良い味出してます。
 パイロットになる夢が潰れ将来を悲観した主人公水野が、肩書は立派ながらいかにも怪しげな佐野博士に騙されてガス人間になってしまいますが、人体実験を簡単に了承するのは、設定として安易過ぎると思います。
 ガス人間を追う警部補役を三橋達也さんが演じています。プロフィールに「43年、劇団新制舞台に入団するも同年応召、シベリア抑留生活を経て47年復員。」とありました。ガス人間を演じた土屋嘉男さんの経歴にも「俳優座養成所時代の52年『私はシベリアの捕虜だった』の端役で映画デビュー」とあり、シベリア抑留の文字が気になります。
 いま、山崎豊子さんの「不毛地帯」を読んでおり、1巻目のシベリア抑留の場面の悲惨さが想い起こされるからでした。主人公の壱岐正は11年もの長きに亘りシベリアでの強制労働を強いられるのですが、その悲惨さは過酷な環境や労働だけではありません。元日本軍将兵を統率するために、ロシア側が仕組んだ共産主義教育と日本人同士の狂気に満ちた闘争は、目を逸らしたくなります。

 さて、この話題になぜ第23話「恐怖のモノレール」のライターなのかと言いますと、全てを終わりにしようと意を決した藤千代が、ライターの火を点ける場面が印象に残ったからでした。
 イラストのライターはいかにも安っぽい感じで、大物悪党とは言い難いワレン・グラフトンにお似合いの持ち物ですが、ペネロープ邸の金庫のありかを探す機能がある優れものでした。それにしてもグラフトン社長、爪のお手入れをサボっていませんか?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

イマイ 1/350 TB-2 PERFECT 奮闘記(3)

Photo
 段々と形になってきました。今回は後部エンジンの取り付けと、機首周りの取り付けをしました。操縦室や居住ブロックの下にも、部屋のパーツ(30番)があり、先端にはレーダーまで再現されています。これらのパーツが、クリアーモデルではない通常のモデルにも用意されているのですから、イマイのこだわりがファンには堪りません。
 30番のパーツの後ろには伊達巻の切れ端のような部品(44番)を接着するようになっていますが、小生はこの44番のパーツに何か違和感があります。これ以外の部品はいかにもメカらしい造りなのに、これだけは何の目的でこの形になったのか意味が判りません。
 下部の部品を取り付け中に、コクピットのデカールが剥がれかけてしまったので、慌ててマークソフターを塗って落ち着かせました。機首のパーツは、嵌めるだけでも脱落の恐れが無さそうなので、接着はしませんでした。風防は取り付けず、別のTB2模型に流用しようと思います。
 それにしてもこのプラモデルは、素人の小生には糊代(のりしろ)が判りにくいです。説明図の糊代部分を網掛けするなど、作り手に優しい配慮が欲しいものです。
 次のステップは噴射口の取り付けですが、14番のパーツを指定色の「H92」で塗るべきか、クリアーのままにするか迷っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

イマイ 1/350 TB-2 PERFECT 奮闘記(2)

Photo
 組み立ての準備ができたので、いざ接着と思ったのですが、普通のプラセメントではクリアーパーツが曇ってしまうのではと気づきました。そこで、以前古本屋さんで買った「NOMOKEN 模型作りのためのテクニックガイド(ホビージャパン)」を読んだところ、透明パーツの接着にはクリアータイプのエポキシ系接着剤を使用する事が書かれていました。
 エポキシ系接着剤は2液を混合するのが面倒ですし、接着面に塗るのも手間が掛かりそうです。何かもっと良いものはないかと模型屋さんに行ったところ、アクリアンカーというボンドを見つけました。透明であることは勿論ですが、ノズルが細いので接着面に塗り易く、ズボラな小生にピッタリの接着剤でした。
 胴体にエンジンの部品を挟んで上下を接着し、剥がれないようにテープで固定しました。翌日、次の部品を取り付けようとして、大変な事に気づきました。後部の小型原子炉を上下逆にセットしたのに気づかないまま、胴体のパーツを接着していたのでした....。
 いまさら、接着したパーツを剥がして付け替える訳にも行かないと思い、このままで行く事にしました。原子炉の上下の形が似ているのがせめてもの救いです。(そのせいで間違えたとも言えますが。) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

イマイ 1/350 TB-2 PERFECT 奮闘記(1)

Photo_2 
 プラモデルを作る楽しさを味わいたくて始めたのが 、先日のモデラーズフリマで購入した「イマイ 1/350 TB-2 PERFECT」です。全体がクリアーパーツで、エンジンや居住ブロック、MOLEなどがメッキパーツになっています。
 久々のプラモ作りなので造り易いものをと考えたのですが、クリアーモデルなので塗装が少なくて済むことや、パーツの継ぎ目を消すのも困難(?)なので、あまり手を掛けずに完成できそうだと思って選びました。
 不器用なのは勿論ですが、一番の問題点は老眼です。細かいパーツを面相筆で塗るのは困難を極めます。スタンドルーペを使ってみましたが、距離感が掴みにくい感じがします。
 一番使い易かったのが、度の強い老眼鏡でした。以前、模型屋さんで「細かい作業をする時は強い老眼鏡を使っている」と、店主とお客さんが話していました。(長時間作業すると、翌日は目がぼやけるなどの影響があるそうです。) 100円ショップで一番度の強い老眼鏡を買って試してみたところ、普段使っている老眼鏡よりも細かい所がくっきり見えて、塗装作業がし易くなりました。なるべく短い時間だけ掛けるようにして、目の負担にならないようにしています。
 デカール貼りも久々で、位置が合わなくていじっていると切れたり丸まったりと、自分の不器用さを改めて感じました....。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »